エアツリーマットレスの口コミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

良く眠れた朝は、スッキリ起きられて一日中元気でいられます。寝不足はお肌の大敵っていうのは、男女とも世界の共通認識。睡眠は時間は大切ですが、熟睡したかという内容はもっと大事です。

私自身が、長いこと腰痛で苦しんでいるいる人間なので痛みや疲労には敏感です。ふしぎなことに、痛みや疲労というのは弱いところを攻撃してくるようです。疲れがたまると即座に腰にきます。そんなことから、疲れの取り方について運動や睡眠には身長に対処しますし、新しい方法があれば、なるべくお金がかからない順番であれこれためしてみるほうです。

以前、低反発のマットレスと枕を試しました。ですが、低反発は柔らかすぎでダメでしたね。マットが沈みこみすぎて、支えるというより身体に触れる部分が増加して血行を阻害、足腰が痺れてきたんです。沈みが大きいから寝返りもしにくく、いちいち目が覚めて寝返りするので、眠りが浅くなりました。熟睡どころが、疲れるしまつです。

へたにマットレスで悩むくらいなら、布団を2枚重ねしたほうがよっぽど眠れますし難さもぴったりです。
眠りについてはやや神経質なそんな私が、気になったのがこのエアツリーマットレスでした。

【寝る画像】
ぐっすり眠る美女
エアツリーマットレス

エアツリーマットレスとは メリットデメリット

どんなモノにもメリットとデメリットがあります。速い車は燃費や維持費が高いのと同じで、良いところがあれば、それと引き換えにした悪い部分があるわけです。見込んだ商品が存在しないなら、目的や使い方にどれだけ沿った製品であるかが、重要です。

絶対に譲れない点があるのから、逆に、どの点なら目をつぶれるかを、確かめておきましょう。まずは、エアツリーマットレスのデメリットです。

・ マットレス本体の水洗いができない
使われているウレタンは、吸水性が尋常じゃないほど高い素材です。どのくらい高いかといえば、水洗いしてしまうと普通の方法では乾かすことができないくらいの吸水性です。よって、水洗いはできません。

・ 専用マットレスカバーが寝汗を吸いにくい
専用マットレスカバーの素材はポリエステル100%。肌触りが良く乾きやすいのですが、吸湿性が非常に低いという特性を持ちます。別のカバーに取り替えてもいいですが、本体のウレタン素材を水分から守る苦肉の策と思われます。

・ いつかはへたる
ウレタン素材を使い続けると少しずつへたり、反発力が弱くなっていきます。とはいえ、8万回の耐久試験(8年間分の寝返りに相当)で復元率98.9%以上を実証したととなっており、1年の間にへたったら交換する保証付きです。

・ 値段が高い
シングルサイズで1枚約6万円というのはマットレスでは高い買い物。自動車ではありませんが、高品質製品の宿命です。ただし今は期間限定で50%オフの29800円(税込み)です。

ではメリットをお話します。こちらは2点です。

ギザギザで体重を分散し、身体の部位にあわせて硬さが異なってます。腰回りや背中などに体圧が一点集中するのを防いだことで、身体のどこかに負担かかるということがなく、寝る姿勢が理想的です。

通気性が非常識なくらい高く、湿気のこもりを防ぎます。まず、ウレタンの繊維内で気泡が繋がっているので空気の通り道がいつでも確保されてます。次に、カッティングの凹み部分はそれ自体が空気の通り道になってます。最後に、専用カバーのサイドにはメッシュがついていて、中の空気を吐き出すようにできてます。こうした3つの構造を用意したことで、内部に湿気がたまりにくく溜まっても外に出るので、すっきりと眠れることになるのです。

エアツリーマットレス 口コミ

エアツリーマットレスを確かめる一番いい方法は、一度使ってみることです。でも、こういった商品は購入後のキャンセルは受け付けていないものです。一晩寝て「やっぱ合わない」って返された商品は売り物になりませんからね。そうした行き違いや製品についての思い違いをなくすために、お問い合せフォームがあるわけです。じっくりと相談したりして、気に入らなければ買わなければいいんのです。

↓【問い合せフォーム】このページの一番下↓
エアツリーマットレス

問いあわせるのがが面倒だという人もいます。私も、人に聞くのは時間がかかるし質問しながら要点がぶれていってしまうことがよくあります。知らない人と電話やメールで対話するのは、けっこうしんどいし、いつもの冷静さがなくなることもあります。そうとき役にたつのがすでに購入して体験した人の意見や口コミをみること。

口コミ抜粋しました(AMAZONほか)

・思ったよりやわらか過ぎて以前のマットレスと変化ない。腰が痛くなり寝返りも自分からどっこらしょと向きを変えないとならない。失敗です。
・いろいろ試してみましたが、私にはこのマットレスが一番腰に負担が少なかったです。あとは耐久性がどうかですね。
・今までのようなマットレスとは違い、沈み込まないので寝返りがし易く久しぶりにぐっすりと眠ることが出来ました。又、朝起きてからは腰の痛さに悩まされていましたがこのマットレスを使用してからは全く痛みが感じられなくなりました。これほど高反発が自分に合っている事に驚いています。これは絶対にお勧めです。
・早速寝てみると腰の当たりがよく伸びてとても気持ちが良くて大満足です。また、横向きで寝ても柔らかすぎず硬すぎず何のストレスもないマットレスでした!
やっと自分に合ったものを見つけられた気がします。
・使用してみて、不愉快な所とかなく 気持ち良いフィット感で 前の敷き布団から交換後、疲れがとれていき、快適な朝を感じます。コスパよく 消費者として 嬉しく思います。

口込みは、「良かった」というのが7割で、「合わなかった」というのが3割でした。合わない人は、沈みこみが大きかったという意見です。沈みこみが大きい原因は品質の問題もあるでしょうが、失礼ながら体重が重いと可能性もあります。いくら反発が強いとはいえ、支えられる重さの限界はあると考えます。私も重いほうなので気持ちはわかります。「全ての睡眠難民に」というのなら、たとえば150キロの人でも大丈夫なのか、何キロまでOKなのかってデータも示してもらいたいですね。

その点には物足りなさを感じますが、ほかのどのマットレスメーカーも体重には触れません w

「エアツリーマットレスは高反発なので、低反発のテンピュールと組み合わせるのばベスト」という意見も。

よく眠れる安眠なマットレス

マットレスの選び方はそれぞれですが、硬さ軟さが合ってる必用がありますし、幅や長さがベッドや布団と同じか近いサイズの必用があります。身体全体の負担が少ないほど、腰痛や首や肩こり対策になりますし、通気性が高くないと湿気がこもってカビが生え易くなり、長持ちするほずだったマットレスの寿命を縮める原因となります。

マットレスには体の負担を軽減する効果があります。睡眠時の体重によってかかる圧力を吸収分散してくれるのです。

あおむけで眠る体勢は肩から腰に体重が集中します。あおむけ体重がかかると、腰の血行も悪くなるので、無意識で寝返りを打っています。朝起きたときに肩こりや腰痛が生じることがありますが、腰にかかる負担は体重の44%にも達するともいわれるくらい、痛むのはとうぜんなんです。

睡眠中の寝返りの回数が増えすぎると深い睡眠の妨げになります。起きたときに寝足りなさを思えて、疲労感を感じてしまいます。

新しいマットレス選びは楽しいですが、体に合ったマットレスを選ばないと体に生じる負担を軽減できません。サイズだけで気楽に選ぶ人が多いですが、とても重要な役割を担っているのです。とはいえ、最後はその人自身の好みになるでしょう。

世には、エアツリーマットレス以外にも快適な睡眠をうたったマットレスが、いっぱいあります。共通していることは、沈み方が身体に合っているかということ。主に5つの種類があります。

ボンネルコイルマットレス
体を面で支える。畳の上に布団を敷いた感覚に近い適度な硬さの寝心地
高密度スプリング(ハイカウント)」
ボンネルコイルマットレスを高密度に配置した
低反発マットレス
アメリカNASAがロケットの打ち上げの宇宙飛行士へかかる重力負担を軽くするために開発した
高反発マットレス
低反発タイプを強化。人間にとって理想の睡眠姿勢を保つことが出来る。

参考サイト:浮圧敷布団【雲のやすらぎ】

エアツリーマットレスで腰痛は改善できるか

マットレスに求められることは質の高い睡眠、つまり「熟睡」なんですが、仮にも高額な寝具なので、それくらいできて当たり前でしょう。熟睡だけでは足りないと、私は思います。

ならば、なにが必要なのか。それは腰痛の改善です。

何かの番組で見たのですが、人間は本来なら4本で歩くという動物の常識を覆し、2足歩行の進化を遂げました。その代償として失ったのは腰痛になりやすいことだそうです。4点でバランスをとるべき生物が、直立不動の2本で立つのは、相当な負担を強いられます。

日本人の10人に1人は腰痛です。整形外科的にはその85%は原因不明とされてますが、鍼灸や柔道施術からみれば原因は明白で血行不良や圧迫だといいます。

腰の圧迫は眠っているときにもおこっているわけで、それを解消できるかどうかは、マットレスにかかっているのです。腰痛経験25年の私に言わせれば、軟らかいマットはダメ。かといって硬すぎると疲れが取れない。適度な硬さをもった軟らかいマットレスがベストだという、矛盾を要求されるのです。

エアツリーマットレの場合はどうでしょうか。

断面構造をみると面白いことがわかります




エアツリーマットレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。