キャンピングカーレンタルのロードクルーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

キャンぷといえば、ゆるキャン?

ゆるキャン というマンガ・アニメがあります。
(一期が好評で、二期の製作が決まりました!)

女子高生がキャンプするってだけの、なんてことない「ゆるい」お話し。

主人公は、静岡から山梨に引っ越してきた女子高生・各務原なでしこ。「千円札に描かれた富士山」を見るために自転車を走らせて本栖湖へいきます。もう秋が深まった時期。日帰りのつもりが日没まで居眠りしてしまい、遭難しかけていたところ、1人キャンプをしていた女子高生・志摩リンに助けられる。
この、リンとの出会いをきっかけに、なでしこはキャンプの魅力にのめり込んでいく。
【公式サイトより https://www.yamanashi-kankou.jp/special/sp_yurucamp/ 】

……こんなんですが、登場するキャンプ道具や使い方が楽しい。雄大な景色の寒空の下、コールマンの折りたたみ椅子に座て、ひざ掛けで読書すリンの姿は、あらゆる喧騒から解放された一枚の景色となり、妙にうらやましくなります。

りんたちがキャンプするときは、姉が車で送ってくれるか電車やバス、または後の買った50ccバイクで行動します。移動手段の限られる女子高生らしくて、これもほほえましいです。


ロードクルーズ キャンピングかーレンタル

大人のキャンプといえば、車は必須。カップルで友人で、または子供を連れて家族で。
キャンピングカーなんぞで乗り居つけたりすれば完璧です。

もちろん。購入はなかなか難しいでしょう。購入できる資金力があると、普段乗りに不向き。自宅に駐車スペースがなければ、駐車場を確保することになりますし、そのための出費というのは贅沢どころの話はないでしょう。

キャンピングカーをレンタルするのは、スマートな流れです。
そこでここでは、レンタルキャンピングカーの料金や、レンタルできるサービスなどを、ロードクルーズを中心に説明したいきたいと思います。



キャンピングカーレンタルのロードクルーズ

キャンピングカーレンタル 料金はどれくらい?

キャンピングカーを新車で購入しようとすれば、比較的シンプルなバンコン(ハイエースやキャラバンなどバンベース、ワンボックス、ミニバンなど、ベース車の外装そのまま、もしくは主要な骨格を切らないでルーフなど載せキャンピングカーに架装したタイプ)であっても500万円台以上はかかります。

毎週のように乗り回すのでもなければ、レンタルするのが一般的でしょう。
では、キャンピングカーをレンタルするには、いくらほどかかるのでしょうか?

レンタルキャンピングカーの利用料金

利用料金は地域やショップによって異なります。また、平日料金と休みの日(土・日・祝日)とでは、料金が違うというのが普通です。さらsに、シーズンごとに料金を変動させている場合もありますし、5月のゴールデンウィーク前後から8月中をハイシーズとして料金設定しているショップもあります。

あるレンタル店のキャブコン(トラックなどをベースに、キャビン部分を架装するタイプのキャンピングカーで、誰もがイメージする「キャンピングカー」らしい外観)は、レギュラーシーズンの平日借りると1日15,000円位。2日間かりても30,000円位となってます。これが、ハイシーズンの土日に同じ車を借りた場合、1日25,000円位で、2日間借りると50,000円位となります。

バンコンは、居住スペースや装備でキャブコンに劣ることが多いですが、キャブコンよりも価格設定が安いケースが多いので少人数での利用には向いてるキャンピングカーといえます。

キャブコンの場合でも平日料金なら1日15,000円位(2日借りても30,000円位)のところもあります。

キャンプするのは週末がほとんどでしょうが、金曜の夜から出発することもあるでしょう。こうした土日に使う場合では、数千円のプラスで前日の金曜の夜から貸出しを行っているショップもあります。借り受けるときには手続きや使用説明で結構時間がかかる場合もあります。そうした場合も、前日から借りておくと時間に余裕が作れます。

ほかにも、キャンプには屋外用の椅子、テーブル、BBQセットの利用などはつきものです。一度きりのキャンプは、自前で持ってない人も多いはず。こうしたキャンプも、用意してある店が多いので、事前に調べておくこと便利でしょう。

キャンピングカーレンタル ロードクルーズならいくら?

レンタル料金は安いほどうれしい。これはもちろん当たり前なんですが、同じくらい重要なのが内装仕様。
いくら安いといったって、中身が使い古されたボロだったり、キャンピングカーの体をなしてないしょぼさでは、話になりません。

ロードクルーズのキャンピングカーは、関東から近畿、関西にまたがります。貸出しできる車は、そのショップによって異なるので、料金は一概にいえません。ですが、一例をあげますと

バスコン ベース:いすゞ ジャーニー

乗車定員10人(車いす2人含む)、座席は8人分 就寝 4人
車いす昇降装置あり。車いす2台乗車可能
DVD、カーナビ、バックカメラ、ETC車載器
冷蔵庫、IHコンロ、電子レンジ付、IH用のやかん付属
家庭用エアコンあり

24時間以上からの貸出(1時間ごとの課金)
平日 1,100円 土日祝 1,375円 ハイシーズン1,650円

平日に2日(48時間)レンタルなら 1100×48= 52800円

ほかに……

会員カード代 1,500円(初回のみ)
ペット乗車可能 乗車料金 5000円

ちょっとお高い感じはありますが、ベースがマイクロバスですから高くなるのは仕方ないところです。では、もっと一般的なところで、「アトラス」をベースにした車両の場合はどうでしょうか?

キャブコン ベース:ニッサンアトラス

エンジン:2000CC ガソリン オートマチック
乗車定員10人(適正人数~7人まで) 7人就寝可能

発電機搭載 自転車2台積載可 サイドオーニングあり
テレビ、DVD、カーナビ、バックカメラ、ETC車載器
冷蔵庫、IHクッキングヒーター、電子レンジ付

24時間以上からの貸出(1時間ごとの課金)
平日 660円 土日祝 1,000円 ハイシーズン 1,240円

平日に2日(48時間)レンタルなら 66×48= 31680円

会員カード代 1,500円(初回のみ)
ペット乗車可能 乗車料金 3000円

いかがでしょうか?
かなり手ごろな料金設定だと思います。ちなにみロードクルーズにはお得な割引制度があります。そのひとつが、時間前終了割引。予定時間よりも渋滞がなかったなど、早くにキャンプから帰ってくることがあります。そのときは、なんと、余った時間の料金が、半額になるのです。

48時間の予定が、45時間で終わったなら、余った3時間分の料金は半額でOK.最低24時間以上(24時間に達しない分の料金は戻らない)という規定はあるものの、すこしでも支払い分が節約できるのはうれしいですね。

ロードクルーズ キャンピングカーの貸出場所

残念ながら、ロードクルーズは全国展開してません。48都道府県全ては網羅してないのです。ではどこかというと、前述にちらりと触れたとおり、ざっくりいうと、関東・中部・近畿・関西あたりです。

埼玉県
東松山店
千葉県
大網白里店
東京都
足立 加平インター店
練馬 江古田店
八王子 秋川街道店
品川 高輪店
世田谷 用賀店
日野 高幡不動店
神奈川県
横浜 都筑インター店
横浜 新・都筑インター店
藤沢 湘南台店
藤沢 長後店
石川県
金沢 南新保店
福井県
福井 光陽店
愛知県
名古屋 西店
三重県
三重 津店
京都府
京都 木津川店
兵庫県
篠山今田DONO店
神戸学園都市店
和歌山県
和歌山 岩出店
福岡県
北九州 八幡西店

↓ 詳しくは ↓
ロードクルーズ キャンピングかーレンタル
キャンピングカーレンタルのロードクルーズ

おしまいに キャンプしないレンタカーは?

ちなみに、九州(福岡)と沖縄には、ハコレンタカーがあります。ワンボックス専門のレンタカーです。空港のすぐ側にあるのですが、キャンプというよりは、大人数で旅行する場合の足として使う感じですね。

キャンピングカーにこだわりがなく、家族旅行でレンタカーを借りたいなら、荷物もたっぷり載せられる大きな車のほうが絶対楽しいです。




7~8人乗ワンボックス!地域最安値【ハコレンタカー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。