登山する

スコーロン 虫を遠ざけるジャケット

■ ゆるキャンにみられる、キャンプ事情

スコーロン

「ゆるキャン・部屋キャン」という漫画とアニメがあります。タイトルが示してる通り、JKのゆるーいキャンプと、室内でのキャンプうんちくのストーリーです。行楽シーズンの終わったキャンプ場に、一人泊まる「ソロキャン」が、なんともさびしげですが、澄んだ空気に透明感ある景色。なんとも癒される作品です。

キャンプも登山も、山にはいるとなれば、虫との曹禺は覚悟しなければいけません。

防虫スプレーや、クリーム。時にはテントに吊る蚊帳や、頭からかぶる防虫ネットの準備を覚悟しなければならないくらいの場所もよくあります。整備されたキャンプ場意外は、たいてい虫の聖域地帯ですから。

そんなとき、ジャケットなど、虫を遠ざける衣服を扱う「スコーロン」なるブランドをみつけました。

スコーロンの防虫効果

『スコーロンR』という言葉をご存知でしょうか。これは、繊維に虫を寄せつけない特殊加工を施した素材のことで、と帝人フロンティアが共同開発した画期的な製品です。スコーロンを始めて聞いた人も多いでしょうが、じつは10年以上昔の開発された素材で、一部ではすでに定着しつつあるものなのです。

開発した「アース製薬」で思い当たるのは、蚊取り線香でしょう。だからスコーロンというのは、虫の嫌いな臭いを発生させて、寄せ付けないようにしてるのだろうと、誰もがそう思うはずですね。着てるだけで虫が寄ってこないというわけですが、これは間違いです。

多くの人が勘違いしてる部分だろうからここでその防虫の原理を説明しておきます。

着てるだけで虫が寄ってこないのではなく、実際はその考えは間違っていて、「寄ってくるけど触れると逃げていく」というのが正解なんです。

生地表面にとまった不快な虫は、触覚と足の先にある感覚器でスコーロンRを感知し、逃げてゆきます。つまり、スコーロンは「一回触れさせないと効果がない」ってこと。匂いなどで虫を追っ払うんじゃなくて、虫の感知機能に本能的に嫌な感じを流し込んで追い払うって仕組みなのです。

つけ加えておくと、すべての虫に効果があるわけではありません。スコーロン素材を嫌うのは、主に蚊やマダニ。アブや蜂などには効果はないので、過信して、蜂の巣を狙おうとしないことです。

スコーロンとフォックスファイヤー

このスコーロンを積極的に取り入れたのがFoxfire(フォックスファイヤー)です。UVカットをはじめとする様々な機能を併せ持つこの素材を大きく採用し、不快な虫が生息するフィールドでの活動に適したウェアを展開してます。

フォックスファイヤーは、日本のティムコが立ち上げたアウトドアとフィッシングのブランドです。メンズ、ウィメンズともに幅広い製品を提供してます。

ジャケット ベスト カットソー シャツ スカート・パンツ・タイツ
レインギア ハット・キャップ アクセサリー

フォックスファイヤーの商品開発は、フィッシングベストが最初。日本初のゴアテック製品を考案するなど、いち早く新素材を取り込む柔軟性には定評があります。当初の生産拠点は、雪深い東北の寒村に設立されてまもない茅葺屋根の農家の納屋を改造した小さな縫製工場でした。出稼ぎに行かずとも通年働ける場所を作りたいという思いを形にしたそうです。

スコーロン フォックスファイヤー

スコーロン防虫成分はいつまで

思いのほか虫に効くスコーロンですが、その防虫はいつまで保つのでしょうか。

スプレーなどど違って、数時間で効果なしってことにはならないいにしても、形あるものはいつか壊れます。2、3回着たくらいで防虫性能が薄れるようなものは、どんなに着心地がよいシャツやジャケットでも、購入をためらいたくなりますよね。

公式HPに掲載さsれるアース製薬社内測定値によれば、スコーロンは初期性能で90%以上、洗濯20回後でも80%以上の防虫効果を維持するそう。肌着のように毎回洗濯するのもではないので、20回という洗濯回数は、かなりのアドバンテージ。数年は普通に着れそうですし、80%キープなら十分ではないでしょうか。

UVカットも備えるスコーロンは、毒性試験も実施してます。ラットに食べさせて致死の可能性を確かめたり、モニターに着てもらって、肌荒れの危険性もチェックしてます。試験はどちらも陰性(つまり安全)でした。しかし、ヒトパッチテストでは一部、肌に赤みを指した人がいたので、幼時や赤ちゃんに着せるのはよしたほうが無なんでしょうね。

洗濯耐久はあるといいましたが、紫外線や空気による劣化は免れないそうです。なので、着ないときの保管は、日の当たらなく冷い暗所にしまうことをおすすめします。

スコーロン 虫を遠ざけるジャケット

実際にジャケットを着た方々の口コミです。

薄くて軽くて、これを羽織っていたら暑い日差しも気になりません。虫がたくさん居そうなところでも安心です。公園で遊ぶとき日差しが強いとついつい木陰に入りたくなりますが、そこでは虫刺されが気になります。これを羽織って孫と遊んだり、趣味の登山にどんどん行けますね。虫が寄ってこないので効果がわかりませんが、まだ刺されてませんので効果があるのではないでしょうか

軽るい、薄い、通過性にすぐれています。夏場に長時間屋外で過ごす方には日焼け対策として長袖MUSTですよね。わたしはもっぱら釣と山登り用ですがこれは買ってよかった。身長172cm 体重73kgのわたしはTシャツの上にMを、着てちょうど良い感じ。

我が家の子供は美味しいらしく,やたら蚊に刺されます.お出かけ用に購入しましたが,軽量,通気性抜群,日光遮蔽にもなるため,暑い日に着てもかえって涼しいくらいです.被覆部は今のところ刺されていませんし,なぜか手の甲まであるところが家族に好評でした.

MかLで悩みましたが、Lにして正解でした。体に沿う感じのデザインです。胸回りに多少余裕が欲しかったので。キャンプの2泊3日着用。いつもより気温が低いこともあり蚊は少なめのようでしたが、刺される人もいた中、いつも早くに刺される私ですが刺されませんでした。UV加工されているのもいい。日が差す中でもサラッと着れる。汗をかいてもすぐ乾き、サラッとした着心地。速乾。軽くてコンパクト。冷房冷感対策にもなったので、すごく活躍しました。

子供のために購入した方もいました。デリケートな肌でも問題なく着れたようでなによりです。




着る防虫+UVカット・スコーロン

マウンテンシティの評判を調べてみた

マウンテンシティ 画像

私の行動の元になってるのはエンタメです。小説や映画、なによりもマンガ・アニメから影響をうけてとりあえず試してみる。気に入れば趣味に組み入れることもありますが、たいていは、何度かためして終わりです。情報だけ集めて終わることもしばしば。胸を張って言えますが座右の銘は「ひろく浅く」「三日坊主」などなどです。

さて、キャンプといえば2018年放映のアニメゆるキャン△が思いあたります。

ゆるキャン△とキャンプ道具

ゆるキャン△は、女子高生が、人の少ない冬の閑散期に静かなキャンプライフを楽しむ趣向の作品で、メインの一人は独りキャンプの「ソロキャン」を好む読書女子。寒空の下、富士山を見上げながら、コールマン(かな?)の折りたたみ椅子にひざ掛けをかけて、読書にふけるのを無常の楽しみにしてます。

数々のキャンプ道具が使い方と一緒に紹介されえうノウハウ作品なんですが、テント、マットレス、シュラフなどを買うため、少女たちはバイトを始めるシーンが挿入されます。とかくお金のかかる贅沢な趣味なのがイヤというほどわかります。初心者がいきなり全部をそろえるには、それなりの資金が必要なようです。

安いモノをみつけたり、程度のよい中古を買ったり。
または、新しい道具を買う資金の足しに、これまで使っていたいた道具を手放したり。

経済感覚は研ぎ澄まされ、リサイクルショップめぐりが常態化するという、一風変わった方向のスキルアップが望めるのも、キャンプの醍醐味です。

マウンテンシティは、アウトドアリサイクルショップです

マウンテンシティは、楽天にも出店しているアウトドアショップ。ただし、好日山荘や秀岳荘と違い、取り扱っている商品はリサイクル品です。キャンプや登山、つり道具などを買い取って、痛んでいれば若干の補修をほどこして販売する。それがマウンテンシティなのです。

リサイクルなので、使用感はもちろんあります。ですが、新品では絶対にありえない安い価格で製品を購入できる点で、人気の高いショップになってます。

・リアル店舗
東京 新宿西口
福岡 筑紫野
埼玉 南浦和
埼玉 川越
ECサイト

また、リサイクルとはいえ、中には新品が紛れ込んでます。冒頭にも話したように、アウトドアはお金のかかる趣味。ある程度お金にゆとりがないと、続けられないことになります。

自然とアウトドアをたしなむ人は、比較的高額所得者の割合が高くなるのは自然の流れで、彼らは常に新しいものを身につけ、古いものを処分します。中には買ったまま、ほとんど着たり使ったりしないで、売り払うこともあり、それはめずらしくないのです。

アウトドアのリサイクル品は、種類・メーカーが多岐に渡るので、なかなか目当ての商品がないことも多いです。ですが、それだけに、掘り出し物に出会うチャンスもあります。

「これを使ったた楽しいね。」
「このテントで寝たら会的だね。」

サイトを眺めているだけで、楽しくなる、宝探しのわくわく感が味わえる。
マウンテンシティの楽しさは、そんなところにあるようです。

マウンテンシティで買取り

ネットショップといえば、何かを購入するイメージが強いのですが、それだけでなく、レンタルや買取査定のサービスも増えてきてます。もっとも知られているのはデジカメなどの家電ですが、キャンプ道具などアウトドアの買取も盛んになってきてます。

良いものを長く愛用するのもスタイルですが、最新の高機能を身につけ使用するチャレンジ精神も捨てがたいものです。新着のアイテムやツールを使いこなすことで、居並ぶほかのキャンパーや、登山者、つり仲間たちより一歩先んじる優越感にひたるのは、決して悪くない気分です。

で。

新しいものを買ってしまえば、古いものはいらなくなります。
クローゼットや物置の奥に放置して、よけいな場所を取るくらいなら、売り払って、新規製品の元手にしてしまいましょう。


画像

マウンテンシティでも、買取りに応じてくれます。
手順は簡単です。

1 Webでお申し込む
2 ダンボールを準備
3 無料集荷
4 査定・振込

商品が届きましたら、通常3営業日以内に査定をしてメールで査定金額をお知らせいたします。
届いた金額に満足したら契約完了で、振込みされます。

どんなに古くてもお買取可能ですし、全国5店舗で持込査定ご対応しています。通常は配送ですが、荷物が大量なら出張査定にきてくれます。一般に査定は、ネット買取は通常リサイクル店より高額になるのですが、マウンテンシティは、さらに買取が高いです。

また、タイミングによって、20%高めに買い取ることもあります。
いまだと、 ゴアテックス、ザック(バックパック)、テント、登山ウェア などですね。

一度、ためしてみてもいいかもしれません。
このリンクから買取依頼すれば、なんと500円上乗せしてくれます



マウンテンシティ

マウンテンシティの評判

購入も買い取りもできる、アウトドアショップのマウンテンシティですが、実際に購入したり買取りをしてもらって人は、どのような評判を残しているのでしょうか。気になる口コミを集めてみました。

○ 購入者の評判

・特段何か問題があるとか、気に入らないとかはありませんが、欲を言えば、ヤマト便が嬉しいだけです。

・注文時、発送時と2度もセンター留めでお願いしたにも関わらず、返事なし、そのまま雑に自宅に送りつけてきました。ふつーに腹立ちます。商品はまだ見てません。

・麻100パーセントのVネックT-シャツはやはり涼しかったです。(とても暖房が効いた施設で仕事をしてます)デザインもブランド物で安っぽさがなくてよかったで…

・ZXU サポートタイツ アウトドア 登山 M mc004514 ブラック系 を買いました。トレラン、ロードバイク用に使います。。。。

・AKGY55黒をもっており、そのケーブルとして購入。新品を購入しようとしたら、意外と黒がなく、たまたま中古のこの商品を見つけたので即購入。 まだ使ってません…

・製品の状態もよく、サイズが合えば大変お買い得です。
また機会があれば利用させていただきます。

○ 買取りの評判

・最近使わなくなってきていたので手放す事にしました。マウンテンシティさんでは登山やキャンプ用品を専門的に扱われているとの事だったので、しっかりと買い取りしてもらえると思ったためです。実際買い取り価格には満足していて、お願いさせてもらって良かったと思っています。宅配買い取りでテントで少し大きなものだったせいか、査定期間がちょっと長かったかなという気も少ししましたが、そこまで気になるというものではなかったので、良かったかなと思います。

・アウトドア用品の買い取りを行っているリサイクルショップに持っていこうと思っていたんですが、ネットでたまたま見つけたマウンテンシティさんは登山用品の知識が豊富という事で、更に自宅から郵送で買い取りができるという事で手軽にお願いできそうだったのでお願いさせて頂きました。確かに簡単にできて、発送などの料金も自分負担ではなかったのも良かったです。てっきり自分の負担かと最初は思っていました。


画像

クリック>> ショップをみてみる
クリック>> 買取り情報をみてみる

イギリスのアウトドアブランド カリマーダサいと評判

山登りを始めました……という話を書きました。
札幌市内のしか登っていないとはいえ山は山。登るたび「しんどいなぁ」「なんで登ってんだろ」と弱音を吐いてはいても、家に帰れば「次も行こう」と考えてます。不思議ですね。

山登りを始めたことが知れると、山の先輩達はたちまち話題を切り替えます。登ったのなら道具にもこだわれと。
登山靴、リュック、ウェアなどなど、いろんなブランドを並べたてて、これがいいぞを進めてきます。

これって、なんなんでしょう。こっちは、近所の山登りで十分だと思ってます。登りに1時間、往復2時間もかからない登山に、リュックも装備もないでしょう。冬に登るつもりはありません。札幌は雪の深い都会です。ゲレンデでさえ遭難事故がおこってるのに、雪山登山なんかした日には帰ってこれない自信があります。

それでも、幾度となくブランド名は繰り返されます。いくつかは覚えてしまいました。
運動靴の山登りは、日によって滑ることもあり「危ない」と感じることもあります。
まぁ、靴くらいは買ってもいいかなと迷っているこのごろです。

メレル とか キーン とか ダナー とか コロンビア とか……
靴のオススメ、初心者には、「モンベル」か「キャラバン」だそうな。

自分でも調べたところ、メーカーには米国・北欧・西欧系が多いですが、イギリスのメーカーってのもあるんですね(そりゃあるか)。カリマーというブランドをみつけたので、チェックしてみます。


カリマー

カリマーの評判とブランドイメージ

イギリスのブランドカリマーはリュックとウェアが有名なメーカーです。リュックだけを製造してるわけではなく、トレッキングポール、グローブ、靴、帽子、財布、ポーチ、カバー、ネックウォーマーなど、山登りに関するさまざまな製品を販売してます。

いろいろあるとはいえ、やはり人気の中心はリュックです。

カリマーというブランド名の由来が「carry more(もっと運べる)」ですからね。カリマーのリュックを使うともっと荷物が運べるというコンセプトで、使いやすくいっぱい運べることが特徴です。

さらに、もともと自転車用バックから出発しただけあって、自転車用バックの評判も高いです。それが、登山家からの要望にこたえ登山用リュックの製造を開始したのが1957年。現在では、リュックにも定評があるのです。1970年代のハストンアルピニステは、今までで最も有名なアルペンリュックサックですし、いまも多くのプロ登山家のフィードバックを生かした開発を進めています。

「ださい」と語る日本人もいるようですが、質実剛健なデザインと高い機能性を備えているのはたしか。

SF(Special Force(特殊能力))という種類があります。SFは「Special Force(特殊能力)の略で、イギリスの軍隊や警察の特殊部隊のために開発された特別仕様モデルのこと。タフネスを最大限まで高めたミリタリーデザインは、その道の方の人気を奪ってます。

セクター25の口コミ、ださい?

セクター25とは、カリマーのリュックでもコンパクトタイプに属します。

ならがも2気室構造を採用して、利便性を高めたライトトレッキング向けリュックサックですね。安定性の良いフォルム通気性の高いメッシュを使用したバックパネル、ショルダーハーネスは、トレッキングからタウンまで幅広く対応します。

評判(口コミ)に多いのが「作りが良くて軽くて身体にもよくフィットする」というもの。
シンプルな二層構造は、トレッキングだけでなく普段使いにちょうどいい。女性にも人気で、子供の世話グッズを入れたマザーズリュック的な使い方をしている人も多いようです。

細かな欠点が気になるのは国内産に慣れてしまってるせいでしょう。好評ないっぽうで「少しジッパーが開け辛い」「バッグ内の間仕切りがあればなおよい」という意見もあります。

カリマーのリッジ40と使い方

リッジ(ridge)はカリマーの代表作。背負いやすくて疲れづらいことで登山者やトレッキングユーザーの人気の高いリュックです。そのリッジ30とリッジ40が、2016年にリニューアルされてます。新らしいタイプは旧タイプと比べ、下の点が新しくなってます。

1 重心

重心より高くすることで、背中のフィット感が向上。同じものでも、重心が高いほうが持ちやすいことが知られてます。ボディ形状の進化で、荷が重い場合でも背中側に引っ張られずに快適に歩くことができます。

2 リッドのデザイン

リッドとは「天蓋」のこと。ヘルメットを収納しやすいようリッド空間を広く取ってます。またヘルメット用ループも新設されてます。

3 ヒップベルト(ウエストベルト)

ヒップベルトのフィット感が向上してます。しっかり腰で支えられるぶん肩の負担が軽くなります。

4 バックパネルとパッド

さらなる背面のフィット感を求めてコンフォートインナーパネルを新設計してます。快適に装備するための内部パネルなので型崩れしません。立体的なので通気性も確保されありがちな蒸し蒸し感が減ってます。

5 コンプレッションシステム

荷物が少ないときは中身が動くものですが、無駄な空間が生まれないよう、サイドとトップにコンプレッションベルトを装備してます。本体を絞ればリュック重心を背中側に引き寄せると共に、ボトム部を上に向かって引き上げることにもなり、しっかりと安定します。

ほかにも、ショルダーハーネスの角度を見直したり、本体素材をより軽く強度の高いタスランナイロンにしたり、細かいところでも、使いやすさを見直してます。

カリマーのリュックでは、リッジシリーズ以外にも前述したSF(Special Force)やイクリプスが人気です。SFなどは、実際に軍に提供している本物ですからね。ミリタリー好きはみれば欲しくなります。

カリマーのマウンテンパーカー、ウェア、ジャケットなど

カリマーの強みはタフな作りです。マウンテンパーカー、ウェア、ジャケットも裏いらないようです。万人受けを狙ってないおかげで”ダサい”とのマイナス評判もありますが、タウンユース化しすぎていないところが味です。旅行や、ちょっとした遠出、フェスといった、野外でオシャレしたい人にこそ向いてるといえそうです。シンプルなコーデは、いろいろ合わせるより大人らしくきまります。

クリック↓
英国アウトドアブランド カリマー

札幌で、近所の人が山登りできる高さの山

登山という言葉をきくと大変だっていうイメージがわきます。テント、毛布、食糧などの重い荷物をうんこら背負って、標高うん千メートルの道無き山を、命がけで登る……そんなイメージです。

宮城の小学校の遠足で泉ヶ岳にのぼったときですら辛かったことはいまだ記憶に新しく、絶対に二度と山登りなんはするものかを、子供心に誓ったものです。しかしそんな幼い誓いは長く続かず、つきあいで何度か登る羽目になってます。その都度、今度こそはと新たな思いを胸に燃やしていたのですが。

今年になってから、なぜか、山登りを始めてしまいました。

隣に住むおじさんと、会社の友人らは、山登りが大好きです。

彼らが登る最高峰は旭岳。大雪山連峰の主峰で標高2,291m。北海道最高峰です。
札幌から2泊の行程でGWなどの連休を使います。連休のない普段は近郊の山、日帰りできる距離で足腰をきたえるトレーニングがてら景色を楽しんでるようです。

何度となく登山の魅力を語られたおかげで、ならばと、試しに登ってみることにしたのです。

札幌で近所の山登り

休みの朝、普段ならぐっすり寝ている時間に一人おきます。家族を起こさないようにパジャマを脱ぎ、山登りに合った軽装にがえ、帽子をかぶり、リュックを背負って出発です。

人間、他人の意見に左右されるものではありません。
朝の5時、この時点で、すでに腰がひけてます。薄暗い部屋でごそごそ準備をする自分。目が覚めていたとしても、布団のなかでスマホアニメを楽しんでる時間に、なにをやってるんだって思いでいっぱいです。

それでも、せっかく起きてしまったんだから。布団に戻るのももったいない。
車のエンジンをかけ、しぶしぶ山に向かうことにしました。

素人も素人、なにせ人生初めての一人山登り。先輩たちのような、高い山には登ったりしません。
向かう先は、車で三十分ほどの距離にある標高531mの藻岩山(もいわやま)です。
スキー場と展望台のある定番の観光地で、頂上までいくだけならロープウェイをつかえば早いのですが、しっかりした5つの登山道が整備されていて、体力に合わせて難易度を選べます。

藻岩山 慈啓会病院前コース地図

慈啓会病院前コース
カツラ・ミズナラなどの巨木や33箇所の観音像が見られるコース。
なだらかで初心者むけの楽なコース。

旭山記念公園コース
起伏にとんでおり、途中から慈啓会病院前コースに合流する。

スキー場コース
藻岩山スキー場の山麓からスタート、スキーゲレンデの側をとおる明るい樹林コース。

小林峠コース
スミレやブドウなどの植物が多く見られ、紅葉の美しい場所として人気の高いコース。

北の沢コース
5コース中で最も距離が短く、1時間程度で登れる。

家から近い登山口は「慈啓会病院前」と「旭山記念公園」です。どれみ難易度は低いとのですが、山をどっちから登ればいいのか。そして楽なのはどっちか、あらゆる情報を集めて(うんざりするくらい先輩たちを質問責め)吟味(コイントス)したと結果、”楽”という文字が光る「慈啓会病院前」を選びました。

そして思い知ったのです。
どこが”楽”なものか、と。

山男や山ガールたちの「なだらか」とか「平坦」という甘い言葉にダマされはいけません。
山はなのです。平地の道路を歩くのとはワケが違います。

彼ら彼女らのいう「なだらか」とは、安易なロードコースではありません。
1000メートルの登山を普通だと語り、3000メートル級をちょっとたいへんだと、公言する人間の言い分を真に受けた自分がバカだった。

「なだらか」とは ↓こういう意味↓ にすぎないのです

急斜面じゃないよ(テヘベロ♪)

最初からほとんど最後までえんえん続く登り道。
ほんのちょっとの下りに、ほっとするのもつかの間、安寧を処罰するがごとく登坂が待ち構える。
インストールした散歩アプリが「62分、距離3.22キロ」と時間と距離を告げてくるが、
一向に頂上が見える気配が無く、汗と涙と鼻水の絶望感が押し寄せる。

札幌近郊の藻岩山「慈啓会病院前」コース

「 1時間でつくっていったじゃかいか~!! 」

何度思ったものか。いっそここで降りてしまおうかと。
それでも、登る。登る。登る。足が痛い腰も痛い。
遊びでは、何度かきたことのある山だ。頂上は必ずある。

これも遊びに過ぎないのですが、思い返せる心のゆとりはとっくに消し飛んでます。
最後の力をふりしぼって斜面を登りきると、突然、人工的な建造物が目に飛び込んできました。

やっと着いたか…………。

藻岩山 展望台

札幌近郊の藻岩山、登山靴はあったほうがいい

何度か来ていて、見慣れた景色。朝日はとっくに昇っていて新たな感銘はありません。
展望台に登ってくるりと景色を楽しんでから、数枚だけiphoneに写真を納めます。

「帰るか……」

下山を開始しました。滞在時間は5分ほどでした。
頂上から車を停めた駐車場までのくだりはおよそ50分。のぼりよりも時間はかかりませんが、膝にぐっと体重がかかります。

これを書いているのは11月ですが、登ったのは7月。
服装は汗をかかない程度、首にはタオルを頭には帽子をかぶってます。虫除け蜂よけで、肌は出さないのが山の基本。仕事では何度も山に入っているので、そういう怠りはありません。

思ったのは、靴ですね。
散歩とジョギング用にしているスポーツシューズを履いてきました。
標高300メートルクラスの山を、天気の良い朝に登るのですから、わざわざ立派な登山靴はいりません。

……と、参考にしたブログにはそうあったし、先輩方も同じ意見です。
しかし実際登ってみると、思いのほか足元が滑る。
滑る理由は、朝露と落ち葉です。

その時間に雨が降っていないからといって、前日や前々日も晴れている保障はありません。山の天気は変わりやすく、とくに「慈啓会病院前」コースは、日のあたらない森林コースです。足元は湿ってますし、場所によってぬめりの箇所も多いし、葉っぱがのところはとくに滑りやすくなってます。秋の時期ともなれば、もみじの絨毯できれいでしょうが、それだけ滑りやすくなるはずです。

スポースシューズは、アスファルトの歩行走行に適した靴です。靴底は柔らかくのっぺりしてます。
乾いた登りはよかったのですが、岩だらけの滑りやすい道や下りは、足や膝への負担がハンパ無かったですね。
藻岩山程度ならなんとか登れても、急斜面の八剣山は難しいでしょう。
家に帰るとすぐに寝転び、しばらく足を休ませてあげました。

「 登山靴はあったほうがいいな モンベルとかキャラバンがいいって言ってたっけ? 」

キャラバン(AMAZON)

モンベル(AMAZON)

札幌近郊の登山、次はどこへ。

山のぼりはしんどいと、登りながら後悔していた自分ですが、なぜか”次のこと”を無意識に考えてます。
その後、藻岩山に登ってますし、三角山にも登りました。いってることとやってることが違うんです。

これっていったい、なんなんでしょうね?

今年はもう雪が降りました。
札幌近郊とはいっても、冬山は危ぶない。ゲレンデですらコースを外れれば遭難する危険があります。
雪かきしてても、急激に体温を奪われれば死にますからね。その辺は甘くみてません。

来シーズン、雪が解けたらまずは三角山でしょうか。
新しい靴に足を慣らしがてら、藻岩山や八剣山へ登りいます。

遠くの山や、高い山に登るつもりはありませんが、樽前山には言ってみたいですね。
しんどいですが、アウトドアな趣味がひとつ増えたことはよかったかなと思ってます。