結婚

グリーンゼリー 男女の産み分け

男の子がほしい

一姫二太郎。

「生まれる子供は、一番目が女の子が良くて二番目が男子がいい」   という意味。
「女の子が一人で男の子が二人がいいのだ」 と、とらえる説もあります。

これは標語というか諺というか、まぁ親の希望です。
どちらにしても昔の武士社会が産んだ言葉(明治から昭和かも)であり、男の子が複数うまれた場合、跡取りは長男、次男は予備の部屋住み。3男以下は部屋住みにもなれず、よくて養子にだされるかどこかの奉公。わるければわずかな生活費を握らされての放逐です。

これはきょくたんな話でしたが、現代では3人はおろか子供二人を育てるのはなかなか大変です。
子どもが欲しくなったとき、夫なり妻なり、はたまた夫婦なりに、思い描く家族像があるものです。

男の子が欲しい。いや女の子だ。一人でいいよ、最低二人は……

子どもの性別や、産まれる順番に希望があるのはごく普通のことです。
ちょっと試してみたくなるのが「男女産み分けゼリー」ではないでしょうか?

「 男女産み分け? 遺伝子操作でもないゼリーで、成功するはずがない 」

そう思うかもしれませんが、グリーンゼリーを正しく使うと、男の子の産み分け成功率はアップします。
100%とは言い切れませんが、アップするのです。

とはいえグリーンゼリーは女性が、自分の身体に入れるものです。避妊具以上に、安全性とか、生まれてくる胎児に影響があるのではないか、と、心配する気持ちはあるでしょう。

そこでここでは、グリーンゼリーについて分かったことを書いていきます。

安全性や、すこしでも産み分け確率を上昇されるための正しい使いかた。
そうした情報などについて、いろいろ解説していこうとおもいます。

グリーンゼリー

グリーンゼリー 遺伝子の話をしよう!

人の遺伝子には、男女の性別があります。いうまでもないですね?

これ、卵子に精子が合体して受精卵になったときに決まるのですが、このとき女性側から提供された遺伝情報は、無効かされている……って知ってました?

※ ちょっと話はそれますので、興味のないかたは読み飛ばしてかまいません。

X染色体、Y染色体。精子には生まれる赤ちゃんが男か女かを決める情報を運んでます。
このうち、Y染色体をもつ精子が卵子に合体することで、男の子が生まれてくることになります。

では、精子が運んでいるのはY染色体のみか?
そうだとすれば、生まれた子がお父さんの母親に似ている……なんてことはおこらなくなります。
同じように、子供が女性の父親に似た子供ということも往々にしておこります。

つまり精子も卵子も、祖先の遺伝情報をすべて引き連れていて、そこから選ばれた物を集め合わせて、新たな命が誕生する仕組みになっているのです。

男女が確定するのは、合体した一瞬といわれます。遺伝子はDNAがもつものですが、実施にはコピーされたRNAをもとにアミノ酸が、そしてたんぱく質が合成されて、体をつくる細胞が形作られていきます。

そして、肝心なのは最初の分裂のとき。すべての遺伝情報が精査され、いらなかったり、ダブったりするRNAには印がつけられ、アミノ酸形成の枠から除外される仕組みなってます。紙の色・顔かたち・病気への耐性・骨格や筋肉のつきかた、もちろん男女も決定されるのはこのときです。

これを、メチル化とかヒストン修飾とかいうのですが、DNAの発現を制御するのをエピジェネティクスといいます。

以上、脱線でした。

遺伝子・DNA・先祖の情報を引き継ぐ仕組み・遺伝病。赤ちゃんが誕生するには生物的に、いろいろ複雑な仕組みが入り組んでおこります。

その最初の関門。男女産み分けの入口で役立ってくれるのが、グリーンゼリーということです。

ちなみに、女の子が欲しい人にはピンクゼリーがあります。

グリーンゼリー 男女を産み分ける方法

男の子がほしいなら、グリーンゼリーです。

グリーンゼリーを膣内に注入した状態で性交渉することによって、膣内のpH環境をととのえ、産まれてくる赤ちゃんが男の子になる確率をアップすることができます。

男の子を妊娠するには、グリーンゼリーが有効ですが、グリーンゼリーを使うこと以外にも、いつでも体の状態を知ることはは大切です。月にいちどの排卵日をしっかり把握することも重要です。

排卵日を知るには、産婦人科でエコー検査(超音波検査)してもらったり、自宅で排卵検査薬を使ったり、排卵痛やオリモノなどをもとに特定します。昔ながらのオギノ式もいいでしょう。

ではなぜ、グリーンゼリーは有効なのでしょうか?

「遺伝子の話をしよう!」でも触れましたが、精子には、Y染色体精子とX染色体精子があります。性別は、どちらかの精子が卵子と受精するか、それで決まります。

男女を産み分ける第一歩は、両の精子の 特徴をよく理解しておくのがいいでしょう。

Y精子 : 男の子になる
酸性と熱に弱い。寿命短い(平均24時間)
X精子 : 女の子になる
酸性と熱に強い。寿命が長い(平均2~3日)

膣内は通常、細菌等の侵入を防ぐために酸性に保たれてます。そして奥の子宮頚管へと近づくほどに、アルカリ性が強くなっていきます。

そこでグリーンゼリーです。

グリーンゼリーには、女性の膣内を、Y精子が活発に生き延びやくなるアルカリ性に整えるはたらきがあります。Y精子との受精確率をあげてくれるのです。


もっと詳しく

 

産み分けゼリーの安全性は

自分の身体に直接入れるものです。それだけに、安全性についてはプレママもプレパパも、気になるのではないでしょうか。

グリーンゼリーの原料は、基本的には水溶性コラーゲンやクエン酸など。万が一、間違って口に入ったとしても、まったく問題のない成分となってます。まず安全と考えてよいでしょう。

これまで、産み分けゼリーの使用によって、障害児が産まれるリスクが高まったりとか、胎児への副作用があったという報告も、いっさいないようです。

そうはいっても、女性の膣にはいるものです。完全に不安をぬぐうのは難しいでしょうね。ひとくちに産み分けゼリーといっても、さまざまな製品がありますしね。そうした恐れを払しょくするためにも、使用にあたっては、なるべく品質のよい製品を選び抜いて使いたいところです。




グリーンゼリー

なお、女の赤ちゃんを産み分けるのに使われるのは、ピンクゼリーです。産婦人科医と共同開発した話題のゼリーはこちらです

ネオフラッグの結婚式 1.5次会とは

ネオフラッグの結婚式 1.5次会とは

大切な結婚式。
誰を呼びたいですか。
どんな演出を凝らしたいですか。
いくらくらいの予算を考えてますか。

感動できる、参加者みんなの想い出に残る。誰もが、そんな結婚式を望んでます。
ですが、現実の結婚式はどうでしょうか。どこの誰の式もわりとありきたりで、工夫のひとつもみられないのではないでしょうか。

自分たちの結婚式は、もっと楽しくしたい。
そう思っていても、制約が多いのは事実。プランニングしてみると、結局は似たような式に落ち着いてしまいがちです。

様式美は大切です。ですが、様式にこだわるあまり、想い出の墨に残らない式になるのは問題外。

これから結婚する方。
大切な記念日を格別な日にしたいあなた。

そんな願いが叶うという、ネオフラッグについて、調べてみました。

ネオフラッグだけじゃない 1.5次会ってなにモノ?

最近よく耳にする結婚式が、1.5次会スタイル。
1.5次会とは「披露宴」から「2次会」の中間にあるパーティースタイルのこと。披露宴を1次会とするなら、2次会が仲間内の集まり。まさにその中間にあるから、1.5次会というわけです。

結婚披露宴ほどの格式はとらず、かといって、2次会ほどくだけすぎないのが特徴。形式ばったことはないとはいえ、ゲスト(招待客)はある程度固定しているようで、主に海外挙式や親族のみの挙式後に行われるお披露目パーティーやお披露目会として新郎新婦の友人や知人、お世話になった人を招待して開催されます。

決まったタイムテーブルは特にはありません。食事をしたり、得意技の披露会にしたりと全くの自由。フルコース形式のフォーマルなパーティー形式の「披露宴」と変わらないようなスタイルから、 ビュッフェ形式の「2次会」のようなカジュアルなパーティーまで、希望に合わせて様々なスタイルで演出することができます。どんな形でやるかは新郎新婦の構成次第なので、センスを奮えるのも、1.5次会の醍醐味です。

「オリジナルウエディングを自分流に楽しみたいカップルにぴったりの結婚式スタイル」

……といえるでしょう。

これまでの披露宴では招待客はある意味、固定されてました。1.5次会では、どんな人を招待するかも新郎新婦の裁量。友人・知人、お世話になった人を招待して、気軽にウエディングを楽しむことができます。

身内の方は慣れないスタイルに戸惑うかもしれません。ご両親や兄弟姉妹、親戚の方を招待する場合は、事前にパーティーのイメージを説明しておくほうがいいでしょう。

ネオフラッグ 披露宴と二次会どう違う

新しいウェディングスタイルの1.5次会ですが、新しいだけに主催者側にも混乱がおきてるようです。自分たちがやりたい方向性が漠然としてわからなかったり、依頼したプランニング会社の提案が、ありきたりでつまらないプランだったり。

高い料金を取られて企画を受け入れてみたものの、普通の披露宴と同様な式になってしまったという、残念な話も聞きます。

結婚式の披露宴は、花嫁と花婿のお披露目と、親族の顔合わせがメイン。
昔でいうなら家と家のつながりを開始する儀式のひとつ。むしろ花婿側の「今度うちに嫁いできた嫁はこんな娘です」というニュアンスの名残です。いっぽう。二次会は反対で、仲のいい友人の集めてのお楽しみ会。

1.5次会は、この披露宴とも二次会の間にあります。堅すぎず軟すぎず「結婚承認式」的なパーティを意識したプランが望ましいようです。

ただし、1.5次会は会費制という点でも招待型の式とは違います。全員が同じ固定金額を支払う分、お客(ゲスト)の点数はシビアです。「あの程度の会に、こんなにかかるの?」「安い会費と軽く考えてたら、料理も内容もずごいパーティで逆にたじろいだ」などの不満・不評の出ないような1.5次会が要求されます。

個人ですべてをまかなうのは不可能なので、そういう会を得意とするサービスに依頼するのが定番です。

ですが、そうした企業の企画もそれぞれで、イベント会社によっては「開催者はゼロ負担で、むしろ黒字にします」という触れ込みの企業もあります。そういうのが悪いとはいいませんが、参加者が不満を漏らす式だけになならないようにしたいところ。

来場者全員からの心からの祝福があってこその門出です。ゲストにも主催者にも、後味の悪いパーティでは、幸先が良いとはいえませんので。

そこで参考にしてみたいのがネオフラッグ。
この分野で2歩も3歩も抜きんでていると評判で、披露宴でもなく、二次会でもない、オリジナルで満足できる1.5次会をプランニングしてくれるそうです。




NEO FLAG.Wedding

ネオフラッグ結婚式 口コミと評判

実際にネオフラッグを使って結婚式を挙げた方の口コミと評判です。

全てよかったです!担当の方をはじめ、ペーパーアイテム、ブーケ&会場装飾、司会、映像記録など、いろいろなこだわりをお願いしましたが、どの担当の方をとても親身になって話を聞いてくださり、逆にこちらもとてもいい刺激をもらうことが出来ました。入念な打ち合わせをして揺るぎない信頼関係が構築出来ていたからこそパーティ当日もゲストと一緒に思いっきり楽しむことが出来ました。

ただの結婚式にはしたくない、もっとフランクだけどしっかり司会や進行がしているものがいいなぁ、という思いが、ネオフラッグさんのコンセプトと合致。会場探しから、私たちのためにあるような場所を見つけてくださりました!またパーティーのプログラム、装飾も私たちっぽいとあとからいわれるような素敵なものを一緒に考えてくださいました!また、持ち込み料等がかからなかったのもとてもよかったです。

「こんな感じがいいなぁ」という曖昧なイメージしかなかったが、進行全体のアイデアを一つではなくいくつか出していただいたので、「そうそう、こんな感じ!」と打ち合わせのたびにイメージが具体的に固まっていったことは本当に良かったと思う。

ネットで、調べている時に1.5次会の存在を知りました!そして、NEO FLAG.さんのホームページを見て、オリジナルのパーティが出来る事に魅力を感じて実際に会ってお話しを聞かせてもらいました。本当に、一生忘れられない最高な披露宴を行うことが出来ました。ゲストに楽しんでもらいたいというのが、1番の思いだったのですが、みんなから「楽しかった!」「2人らしい披露宴ですごく良かった!」と言ってもらえたのがとても嬉しかったです。披露宴が近づくに連れて、やりたい事や取り入れたい事が増えてしまい、お願いをたくさんしてしまったのですが、快く受け入れて下さり、本当にありがたかったです。金額面でも、予算の中で収まる様に工夫して頂き、負担なくパーティを行うことが出来ました。