クローバーズリグレット ネタバレ

クローバーズリグレット ネタバレ

アニメ化されるかどうかは、ッごく微妙だけど、これもSAOオルタナティブの一作です。

川原礫氏の本編ソードアートオンラインは、剣(SAO)、妖精ファンタジー(ALO)、未来の銃世界(GGO)。そして、時雨沢氏のガンゲイルオンラインSJが、未来の銃世界(GGO)というゲーム設定なのに対し、クローバーズリグレットは、アスカ・エンパイアという和風ゲームが舞台というユニークなことになってます。飲食店のNPCが怪異とかいうのが、楽しいです。


ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット

引用WIKI

ーーーーーーーーーーーーーーー

【ピクシブ百貨】より

著者:渡瀬草一郎
原案・監修:川原礫
挿絵:ぎん太

SAO事件当時にサービスを開始した古参のVRMMOアスカ・エンパイアを舞台にした小説。
ソードアート・オンライン・オルタナティブシリーズの一つ。
また、DVDの特典小説「Sister’s Prayer」でVRMMOアスカ・エンパイアが登場したのが舞台設定の元になっている。

《アスカ・エンパイア》。茅場晶彦によるVR制作プログラム《ザ・シード》から開発された和風VRMMOである。

【AMAZON】より

戦巫女のナユタと忍者のコヨミ。《アスカ・エンパイア》で出会い仲良くなった二人の少女は、ゲーム内で不思議な法師ヤナギと出会う。
その老僧侶は、とあるクエストの《謎解き》を《探偵》に依頼したいという。しかもその報酬は一〇〇万円。
法外すぎる値段に驚く少女二人だが、その奇妙な依頼を受ける《探偵》も負けず劣らず奇妙な青年だった。ステータスボーナスは《運》に《全振り》――つまりバトルは最弱、しかしレアアイテムドロップ率最強のトリッキーなプレイヤーで……。
最先端VRMMOの世界で、少女二人を引き連れた《胡散臭い探偵》による《謎解き》が始まる。

ーーーーーーーーーーーーーー

じつはこれ、「ソードアート・オンライン」の外伝マザーズ・ロザリオ編のスピンオフ作品でもあります。アニメSAOⅡのブルーレイ特典小説「Sister’s Prayer」に登場した、ユウキが最初にプレイしたVRMMOというのが《アスカ・エンパイア》。話題に中にもちょこっとだけユウキの名前がでたりします。

主人公は、”戦巫女”ナユタ。リアルは大人しがしっかり者の女子高生で、わりと初期の段階で事故で兄を亡くしていることがわかります。”忍者”のコヨミは社会人。なのですが、身体は小さくどうみても小学生体形。2巻では、「合法ロリ」といわれる場面もあり、行動も言動も子供そのもの。二人でいると、年下のナユタのほうが姉にみえます。豪快に敵をほふるナユタと、素早く動き回るコヨミが、バトルの見せ所。

探偵として登場するのが、クレーヴェルという狐目の男。異常なまでにゲームに精通しており、開発側の要請でモニターやバグ発見などの依頼を受けたりします。頭はいいのですが、スキルは「運」に前フリで、身体を使う点にはからしき役にたちません。中盤で、クレーヴェルの正体はSAOサバイバーで、ナユタの兄の元同僚であることがわかってきます。

こんな三人のかみ合わない会話、VRゲームなのに妖怪テイストな謎解きを軸に、話しは進みます。

クローバーズリグレット アニメ化は?

で、アニメ化って話しですが。
2018年現在。いまのところ、うわさにも登ってません。秋には3巻の発売が予定されており、それが5巻くらいまで続けば、可能性はなくもないかもしれません……です。GGOのアニメ化浮上も、それくらいだったし。

ただ、展開が主人公の存在も含めてミステリー(謎解き)中心なので、動く絵にするには地味に。SAOのファントムバレット編にあっても、キリト・シノンの会話回の評価は低かった。それを踏まえると、クローバーズリグレットは、背景描写と謎解き説明が緻密で、会話シーンに多くのページを割いてるだけに、よほど人気が高まらない限りアニメ化まではいかないかもしれません。

ナユさんの動く姿、ぜひみてみたいのですが。

クローバーズリグレット以外の、渡瀬草一郎氏の作品

アマチュア時代を経て、『陰陽ノ京』(おんみょうのみやこ)で第7回電撃ゲーム小説大賞で金賞を受賞し、2001年にデビューしました。 ともすれば地味ともいえる堅実な作風は、安心して読め、目立たないけど固定ファンの心を掴んでます。

陰陽ノ京
パラサイトムーン
空ノ鐘の響く惑星で

SAOクローバーズリグレットの感想

クローバーズリグレットとうなぞめいたタイトルですが、その意味を考えます。

クローバーの花言葉
・アメリカでは
Fame(名声)
Wealth(富)
Faithful Lover(満ち足りた愛)
Glorious Health(素晴らしい健康)
四枚の葉を集めてTrue Love(真実の愛)

・日本では
希望
信仰
愛情
幸福

自然界に存在する四葉のクローバーの確率は、10万分の1といわれます。その希少性から、みつけると幸せになれるというのです。

リグレットの意味は?

残念 遺憾(いかん) 後悔 悔恨
(不幸などに対する)悲嘆、落胆、哀悼、哀惜、遺憾の意、後悔の言葉

決して良い言葉ではありません。むしろ後ろ向きな、希望のない言葉ですね。悲嘆・落胆をかかえる主人公が、希望をみつけることができるのか。そういうテーマの作品になってます。かといって悲しい展開一辺倒で無いのが、この作家の腕の高いところです。

感想ですが。とにかく渡瀬草一郎氏の文章がいいです。

VRMMOという土壌を余すとこなく使い切って、それが不自然じゃなく読み手を誘導してくれます。「死んだ兄」を、多少くどいくらい書いてるなぁ、思っていたらそれが思わぬ伏線となっていて、、、してやられました。

テンポよく読めて、笑えて、爽快感があり、しかも最後に泣かされます。

SAO自体、ビッグタイトル(いつか、ワンピースやポケモンに並ぶほどの国民的作品になれるといいのですが)。なので、コミックやゲーム、映画など、ひとつのジャンルといっていいくらい作品が派生してます。本編を読み尽くしたら、こういうスピンオフにも手を伸ばしてください。


クローバーズリグレット 2巻まで発売されてます

小説家になろう?

■ 小説家になろう?

病気した、というほどのことではないのですが、40代に、ひどい貧血にみまわれまして、2つの病院で検査入院したことがあります。

みつかったのは、会社の健康診断。診断結果が郵送されるに先立って、健康センターから電話がかかってきたのです。

「ヘモグロビン数値が異常に低くなってます。どこでもいいので直ちに再検査してください。」

連絡をうけたわたしは、めんどくさいなぁ、と思ったのですが、「仕事はいいから行け」という社長厳命です。思い当たるところがあったので再検査に応じました。通勤途中にあるうち、一番大きな総合病院へ向かったのです。そして血液検査をうけたところ。

「成人男性の3分の一ほどです。帰すのは危険なので、このまま入院していただきます」

冗談ですよね???

「本気です。だいたい、検査用のわずかな採血でさえ、あなた、ふらつきましたよね? 大きな病気をわずらっている可能性が高いです。原因をつきとめて治療しないと命の保証はできません」

入院と検査

ここの総合病院で受けた検査は、レントゲン、胃カメラ、大腸検査、MRI。ほかに血液検査に尿検査ででしょうか。心電図もとったかもしれません。ですが、なにも見つかりませんでした。

見つかりませんでしたが、わたしは元気になりました。
入院初日、輸血をうけたからです。
たくさんの誓約書(肝炎にかかっても何かの菌に感染したとしても登院のせいではありませんよ。あなたがOKって言ったから輸血したんですからね!)にサインをして、2パック。4時間あまりだったか、吸血鬼気分を味わいました。

ヘモグロビン(Hb)は、血液をかけめぐって細胞に酸素を送り届ける赤血球の中のタンパク質。男性で14~18g/dl、女性でも12~16g/dlが正常値です。これが、わたし、健康診断時で10ちょっと、病院の検査時には、7をきってました。3分の一は大げさですが、人の機能を維持するにはまったく足りていない状態だったようです。

この貧血、というか、ヘモグロビン不足には覚えがありました。

数ヶ月まえから、体調が思わしくなかったのです。歩けばすぐに息切れ、走るなんてとんでもなく、階段を上るときにも足が重くなって、途中で休まないと、動けなくなることが多かったのです。

最初の病院では、原因が突き止められず、べつの検査のできる病院を紹介してもらってそちらに移りました。
新しい病院では、最初のものと同じ検査が続きます。データを融通すればいいと感じましたが、検査機や医師が違えば違った答えが導き出される可能性がなきにしもあらず……導きだされませんでした。

不安です。どんな病気になってしまったのか。
世界のどんな医者でもみつけられない、正体不明の重い病気にかかってしまったのかもしれない。

「正体不明ですか? わっはっは。そんなことはありません」

え?

「腫瘍が原因で同様の数値になることもあるんですが、そういった兆候はありません」

じゃなぜ?

「便の中に鉄分が多いのがみつかってます。そういうケースでは、胃腸からの出血という場合が多いんです。ですが胃壁に傷はみつかりませんし、そこが不思議ですねぇ。はっはっは」

笑いごとじゃねー!!

「カプセルカメラ飲みましょうか。なにかみつかるかもしれませんよ。もともと、そのための転院ですし」

最初から、それだけをやれよ!

そういうことがあって、カプセルカメラを飲みました。
大腸検査や胃カメラと同じく、食事は抜いて胃腸の中をすっからかんにします。量の少ない入院食に加えて何度目かの絶食にもすっかり慣れました。食べ過ぎで膨張気味だった胃腸も、このとろには正常に縮小していたはずです。

ウンチと一緒にでてきた、カメラ回収劇には涙がでたものです。
便器の底に落ちた(と思われる)直径2センチほどのカプセルを掬い探す作業。二度と体験したくないリストに加わておきます。結果としては、カプセルカメラでも原因はつかめませんでした。

それでも、とりあえず元気になったということで、鉄剤の薬と、3ヶ月ごとの定期診断を条件に退院できました。あれから、10年以上。死ぬこともなくこうしてぴんぴんしてますが、ヘモグロビン騒動は私の生活に思わぬ影を落としたのです。

物忘れがはげしくなった

成人基準値の半分以下の状態が、おそらく3ヶ月以上続いた生活。健康状態はまぁ、それなり戻りましたが、ちょっとした記憶障害が発生しました。

物覚えが悪くなったのです。

もともと、人より頭が良いというわけではありません。むしろ弱いほうに自信があったくらいです。ですが、かつてはプログラマーをやっていた、コンピュータ言語を駆使して組めるくらいには、新しいことの吸収はよかったようです。エクセル関数もBVも、HTMLやCSS、こうした言語(?)は誰に習うことなく、独学で身につけ、手書きでホームページを作成しています。すくなくとも短期記憶は人並み程度によかったのです。

ところが。

思えていたはずの、簡単なタグがでてこなくなります。
サイト作成も、本を横においていちいちページを開いたり、ネット検索するありさまです。5時間あれば、サイトの基本部分を作れていたのが、1週間でも不可能に。ひとつページを一から構築できていたのができなくなって、作ったものをコピーで使いまわすしかなくなりました。

想像するしかないのですが、きっと脳細胞が死んだのです。脳細胞は25歳くらいをピークに減少するといますが、一定期間、酸素供給が減少したことで、わたしの多くの細胞の減少に拍車がかかった。年齢的なものもあるでしょうが、そういうことなのでしょう。

いまは、だいぶ落ち着いてきてます。メモ代わりにスマホを使ったり、あらゆる方法で、物覚えの悪さを補うよう考えて行動してます。

小説家になろう!

備忘録というか、脳トレの一環としてはじめたのが、小説です。
忘れてしまうのなら、忘れにくいように、何かに残しておこう。そのトレーニングとして、新しいことを。これまでやったことのない「小説」というものを書いてみよう。

素人投稿から作家になれるのが、ネット社会のいいところ。
かの「川原礫」さんがウェブ上に公開した小説「ソードアートオンライン」は、いまや世界中に知られるビッグタイトルです。そこまでは恐れ多くて望んでませんが、小説を投稿てきるサイトはないかと探しました。
それが「小説家になろう」です。

へぇ。素人の投稿サイトか。
どれどれ…………ん?
んん? なんだこれ、面白いじゃないか!
すでに、書籍化されてる?
コミカライズも? アニメ化も?
なんだこのサイトは!!

頭のトレーニングと物を作る楽しさ兼ねて、わたしも小説を書くことにしました。

「なろう」は一日にしてならず

ランキングトップの文章を読んで感じたのは「たいしたことない。これならすぐにトップになれるぜ」でした。

それがいざ自分で書いてみると簡単にいかない。
すぐ、難しさに気がつかされます。
すぐにでも投稿できると信じていたのですが、書き溜めて、書き直して、なかなか前に進みません。

しかも「小説家になろう」は数万人がひしめく人気激戦サイト。レベルが高い。すごく高かった。
素人小説をあなどるなかれです。書籍化にいたってないものの、作家の卵がわんさか集まってる、そんなサイトです。

思ったことを的確に文章にまとめるのは大変な能力がいります。
意味不明なメールを受け取ったことは、誰にでもあるでしょう。
言いたいことがあれもこれもあって、理路整然と要点をまとめるのは、けっこう骨が折れるものです。
実務的な、400文字以内の文章でもたいへんなのに、小説の文字数はそれどころじゃない。
キャラクター、時代設定、描写背景、ストーリー。
どんなに短い短編でも、おそらく10000文字はあるでしょう。

短ければ楽かといえばそうではありません。極限まで言葉を切り取った俳句や川柳がいい例です。文章を削りに削ったショートショートというのは、センスが問われます。ある意味では普通の一冊分、100000万文字を書くよりも難しいかもしれません。

わたしの場合は、物覚えの悪さというおまけがついてました。
自分で決めたキャラの名前すらすぐに忘れ、設定もあいまいになりがちです。
いちいち、バックストーリーを見直しながら、書いていくので、進まないことこの上ありません。

見切り発車で投稿を始めたはいいのですが、連載は長期。初期設定の甘さからさっそくストーリーがぶれだしました。さらに素人の悲しさや文章スタイルも不安定で、その時々によって、タイトになったりスカスカになったり、無駄に濃厚になったりです。

初めての投稿するまでは、1年もの月日がかかりました。そこから連載終了まで一年。あわせて2年かけてどうにか、投稿を完了させたときは、ほっと胸をなでおろしたものです。
終わったときのボリュームは、149話で499,952文字。紙の小説なら4冊分に匹敵する分量になってます。当初50話で終わらせるつもりが、暴走に暴走を重ねた結果、こうなったわけですね。

異世界のイージス~少女の中でコックピット生活~

文章を考えるという、最高の脳トレ

アニメになった小説「ソードアートオンライン」に憧れて書きはじめた部分があります。
わたしの作品は文芸ものとは程遠い、異世界活劇です。主人公を10代と20代の女性に設定していて、いい大人の鑑賞には耐えられないものでしょう。読み返すと誤字脱字が多く反省点だらけ。実際アクセスもたいしてありませんでした。

ですが、書いた甲斐だけはあります。

最初は、キャラの言葉を言わせるのですら、恥ずかしい思いがありました。
いい年したおっさんが、10代の女の子のせりふを考えるのです。
そりゃ、心の葛藤の高いこと。精神が抵抗しまくりです。

ある程度、話数ができて、いざ投稿の段階でも躊躇はとまりません。

わたしが小説なんか書いていいのだろうか。
いい年したわたしの作品なんて、誰も読んでくれないんじゃないか。
不安ばかり先立って、投稿きでません。

それでもどうにか意を決して投稿。

おもいがけずアクセスカウントが、少しですがあったのです。
しかも、いきなりブックマーク登録が5件も。

ブックマークの登録は「今後もこの作品を読むからね」ということ。読者ができた証です。
うれしかったですね。とってもうれしかった。何度もやめようかと思ってましたから。
一円にもならない素人作品。感動や苦労を共有してくれる仲間もいません。こんなの書いても意味がない時間の無駄だなんて、毎週のように思ってましたから。

報われた瞬間は、やってってよかったと心から喜びました。
このうれしさに引きづられるように、書き続けたのです。
自分なりにいい物を書く。下手でも書いて、とにかく作品を完成させる。
そうやって、完了を迎えたのです。

肝心の脳トレですが、すこし、物覚えが回復してきてます。
一話あたり、およそ3000から4000文字ベースで投稿してますが、少なくとも、一話の中での迷走はなくなった──と思ってる──ようです。

小説を書いてみませんか

小説は個人の娯楽。
パソコン一台、ネット環境があれば、誰でも作家になれます。
だから、お金はかかりません。
多少の出費があるとすれば読む本にお金がかくるくらい。やはりインプットがないとアウトプットはできませんから。でもそれだって、ネット小説ですますつもりがあれば、無料で済ませます。

Re:ゼロから始める異世界生活 1

↓累計トップレベルの小説↓
小説ランキング[累計] – 小説家になろう

テキスト投稿ですから、文字が上手い必要はありません。
下手でもいいんです。何度でも何度でも、書き直せます。

現在連載中がこれ↓
「碧」14歳。さきほど65歳の老婆に転生しました!

異世界転生ものが人気の中心ですが、SFでも、現代物でも、設定はなんでもいいんです。
あなたが書いた作品の評判が高まれば、人気の流れを、潮流を変えてしまうことだってありうるのです。

小説は、最高の脳トレであると、思ってます。
そして、たいていの人はわたしより上手な文章がかけると信じてます。

ひとつ、あなたも書いてみませんか?

SAOオルタナティブ「ガンゲイルオンライン」とは

正しくは、『ソードアート・オンライン オルタナティブ「ガンゲイル・オンライン」』といいます。ただでも長いタイトルなのに、さらに副題がついてます。1巻は「―スクワッド・ジャム―」、2巻なら「―セカンド・スクワッド・ジャム (上)―」という具合。というわけで、ここでは「ガンゲイルオンライン」と略して進めることにします。

『ガンゲイルオンライン』は、電撃文庫から発売された時雨沢恵一氏の作品です。主人公の花蓮が、人間の5感をネットに繋ぐことができるフルダイブマシン「アミュスフィア」でプレイできる、オンラインゲーム「ガンゲイルオンライン」で活躍するというストーリーです。元は、川原礫氏の「ソードアート・オンライン」に登場したゲームなのですが、ガンマニアを自称する時雨沢氏がこの設定にめっちゃ感激し、オルタナティブ作品を書くことを了承したもらった次第です。


楽天> ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 1巻 ースクワッド・ジャムー

言っておきますが、「ソードアート・オンライン」も「アミュスフィア」も「ガンゲイルオンライン」もすべて作品の中の話です。実在しませんのでネット検索しても購入はできません。

この作品を知らない初見の人は、この次点でかなり混乱してる思います。同じ言葉が繰り返されるところに、ぼくの説明下手が拍車をかけてすいません。カンタンな説明を箇条書きします。

「ソードアート・オンライン」
川原礫氏の作品名であるとともに、作中の舞台となるゲームの名称。
1層からスタート剣で魔物を倒して、レベルアップしながら100層を目指す。
SAOと略される。

「ガンゲイルオンライン」
SAOの中に登場する別のゲームタイトル。
ファンタジーなSAOとは大きく変わって「銃の世界」。荒廃した未来が舞台。
アニメ化に際して時雨沢氏が銃器監修を担当。

『SAOオルタナティブ「ガンゲイルオンライン」』
時雨沢恵一のオルタナティブ作品。SAOの「ガンゲイルオンライン」設定を拝借。

時雨沢氏は、「キノの旅」の作者です。すでに何度かアニメ化されてます。2回のテレビシリーズ版と劇場版ですね。この『ガンゲイルオンライン』は個人的に大好きな作品です。小柄な主人公が、スクワットジャムという大会で活躍する場面が見もの。とにかく動きまわる動き回る。「これを映像化しなくてどうする」と何度も読み返しました。アニメ化が決まって一番喜んでいるのはぼくかもしれません!

 『ガンゲイルオンライン』あらすじは

主人公は、180センチを超える長身にコンプレックスを抱えてきた女子大生・小比類巻香蓮。なにごとにも消極的に成長した彼女には友達が少ない。数少ない友人・篠原美優はネトゲ廃人といっていいゲームマニア。流行のVRゲーム(フルダイブマシン)は楽しいよとのすすめで「アミュスフィア」を始めた。

最初に挑んだゲームは「アルブヘイム・オンライン(ALOという)」。妖精となって空を飛べる屈指のオンラインゲームだ。だが、登録して出来上がったアバターが長身だったことにショックを受け。ALOが嫌いになった。

謝る篠原美優はほかにも薦めてきたが、どれもこれもしっくりこない。やがてであったのが、荒廃した世界を舞台に銃器で戦うMMOFPS『ガンゲイル・オンライン』だった。念願の低身長アバターに「レン」に行き着いたことで、今まで縁のなかった銃器の世界へ足を踏み入れる。ほかのプレイヤーから「小さいね」「うわ、かわいい」と言われるだけで楽しかった。根が真面目な香蓮。独り淡々とゲームをプレイする内に、正体不明の凄腕のプレイヤーとなっていた。

レンに声をかけてきのが、ピトフーイ。かっこよくも危険な大人の女性アバターだ。金にモノを言わせゲーム課金、欲しい銃器をかたっぱしから購入する銃マニア。いつか二人でプレイすることが増えてきた。

あるとき、『ガンゲイルオンライン』からお知らせが届く。「スクワットジャム」というチーム戦を開催するのだという。ピトフーイは強引にレンを誘って参加を決めるが、メンバーはピトフーイではなく「エム」という大男だった……。

そのSAO(ソードアートオンライン)って?

昨今の流行にバーチャルリアリティ(VR)があります。まるでその場にいるかのような臨場感が楽しめるものですが、現在はまだ情報の主流は視角と聴覚(目と耳)。動いたり走ったりするには手てコントローラーを操作の段階です。

近未来、ナーヴギアという五感全部でゲームができるマシンが開発され、その初のフルダイブゲームがリリースされたという設定です。そのゲームの名前というのが「ソードアートオンライン(SAO)」。アインクラッドという浮遊城の中プレイし、100層のボスを倒せばクリアとなります。

ベータテストを経て本サービスが開始されたSAOですが、なぜだかログアウトボタンが消えてしまい、プレイ中の1万人がゲームから出られなくなります。全プレイヤーの真上に、ナーヴギアとSAOの開発者である茅場晶彦の魔法使い姿のアバターが現れてこういいます。

「SAOから出るには100層のボスを倒すこと。諸君らは、頑張ってゲームクリアを目指したまえ」

ヘルメッド形状のナーヴギアは脳の信号を読み取るため高密度の電子機器が埋め込まれている。ゲームオーバーになった時や外部から強制的に脱出させようとした場合、強電磁パルスを発生させ脳を破壊する設計にされていた。

ゲーム開始から一月が過ぎました。でもいまだ一層目のボスを発見すらできてません。いっぽうで、プレイヤーの消滅は千人。彼らは無事、100層に到達しゲームクリアできるのでしょうか。

……という作品です。

この初期のSAOが「アインクラッド編」。主人公はキリトという少年でヒロインはアスナ。二人はゲーム内で結婚までします。二作目は「フェアリーダンス編」。アルヴヘイムオンライン(ALO)という妖精ゲームが舞台で、ヒロインはアスナもいますが、メインはキリトの妹である桐ヶ谷直葉(ゲームアバター リーファ)。そして3作目が「ガンゲイルオンライン」で、メインヒロイン朝田詩乃(ゲームアバター シノン)です。

SAO作品の実力はすごいです。
ラノベ1900万部。アニメ化2回で2018年には3回目。映画1作。OVA1作。
そして、ハリウッドドラマ制作中。
ナーヴギアをIBMが開発。フルダイブではなくて、”いまのところ最新”のVRですが。

アニメやラノベを知る人間で、知らない人はいないビッグネームなのですが、一般には今ひとつ浸透してません。その密閉感というかオタク感がまた味わい深くてよいのですが。

作者は「川原礫」。昔別のペンネームでマンガを描いていたそうです。

SAOオルタナティブGGOの評価

SAOのオルタナティブを、あの「キノの旅の人」が書いた。ということで、当初は疑問視する声があがりました。有名作品のオルタナティブやスピンオフというのは、新人や無名作家がやること。すでに著名な作家の、しかも川原礫氏より先輩作家の時雨沢恵一氏のするのはオカシイ。そんな意見もありました。硬派で悲壮感漂うな文章のSAOとちがって、少しばかりライトなうえ、読み慣れない「ですます調」の作品です。

「キノの旅」を呼んだことのない、SAOから流れた読者には、違和感を感じたはずです。実際に本作を読見終えると、その評価が間違いであることがわかってきます。以下口コミです。

予想以上に面白い。
ですます調もSAOには無いが、キャラにあってる。
主人公のゲーム内での設定を生かした戦闘シーン等、ストーリー自体も非常に読み応えがあります。
単体の作品として見ると、SAO本編よりも面白い
主人公のレンちゃんがすごくカワイイ
そういえばSAOのスピンオフだったねくらいの認識で、本編と別物として読める
思いのほか痛快です!SAO本編(1巻)と比べても凄い痛快
ガン好きがつまった作品。…書いてる本人が一番楽しいんだろうなぁ…

一番最後のが、言いえて妙。銃器の説明が詳細にすぎ、ガンマニア作家の熱い魂が、読者を置いてけぼりにすることシバシバです。

『ガンゲイルオンライン』レンとフカ次郎

・レン(LLENN)は、GGO内の小比類巻 香蓮のアバター。

身長約145cmと現実の彼女とは正反対に小柄。ステータスはAGI(敏捷性)に振ってるバランス型。メインアームはかわいいP90(通称:Pちゃん)ですが、Mに借りたコンバットナイフの使い安さが気に入り、つや消しブラックのコンバットナイフ(通称:ナーちゃん)をサブアームに。
銃や迷彩服は全身ピンク色(デザートピンクの砂漠迷彩)に染めてますが、状況で他の迷彩も着用することも。

小柄な体格とAGIを活かした近~中距離が得意ですが、待ち伏せや奇襲を仕掛けて相手を反撃態勢が整う前に壊滅させることもけっこうあります。ピトフーイと出会う以前は、砂漠地帯で待ち伏せでPK(プレイヤーキル)を行っていた時期があり、正体不明の凄腕のPKとして噂になったことでやめた。この段階ですでに中堅クラスまで腕を上がってます。スクワットジャム1(SJ1)直前、エムの指導を受けたことで戦術面に磨きがかかってます。

・フカ次郎(Fukaziroh) は、香蓮の友人「篠原美優(しのはら みゆ)」のアバター。

香蓮の地元、北海道の親友で、実家から道内の大学に通っている。性格は緩く香蓮を何度も振り回す。ALOなど複数のゲームをやり込んでいるヘビーゲーマー(ネトゲ廃人)で、VRMMOを始めようとしていた香蓮にALOを勧めてる。SJ2(2巻)でピトフーイを倒すことになった香蓮に助力を頼まれたことで、一時的にGGOにコンバート。必要に応じてALOとGGOを行き来してます。

アバターはストレートの金髪と赤みがかった茶色の目を持つ小柄な少女。レンに匹敵するチビで、150cmあるかという体格。ですが雰囲気は“見ると警戒感の湧く悪魔の使い”または“魔女見習い”とレンが評する。髪は簪でお団子状に結い上げ、服にはマルチカムの迷彩に緑のベストを合わせてます。ALOで鍛え上げたステータスがそのまま引き継がれるため、敏捷性と器用さ以外はレンを上回ります。

見た目小さいのですが、大男なみのパワーで左右にハンドタイプの重量グレネードランチャーを構えます。サブアームにスミス&ウェッソン・M&Pを携帯、簪は細身の仕込みナイフも兼ねてます。ストレージに余裕があるので、予備弾薬たっぷり持ち運びます。砲撃やスモークグレネードによる支援でレンをサポートします。

SAO本編にはもちろん登場することはありませんが、劇場版『オーディナル・スケール』にてGGOトッププレイヤーの一角であるダインが「フカ次郎ちゃーん」と叫ぶシーンがありました。

ネタばれになるので

作中開催されるスクワットジャムは、チーム戦です。1チーム6名まで可能ですが、レンのチームは2人、または4人で参加します。参戦する他チームもユニークです。

女性ばかりのSHINCは、アマゾネスとも呼称される筋肉隆々の大女たち。
マシンガンを愛するマシンガン馬鹿の集うZEMAL(全日本マシンガンラバーズ)。北海道と沖縄在住のメンバーがいるから「全日本」としている、弾をむやみにばら撒くのが好きな連中。
ナイフを咥えたドクロをエンブレムとするGGOを極めたヘビーゲーマー集団MMTM(メメント・モリ)。
チーム全員がお揃いの迷彩服とヘルメットと目出し帽姿のプロチーム(正式名称不明)。
全身を覆うプロテクターが特徴のT-S。メンバーの体には分かりやすく1~6までの番号がふってある。

ピトフーイが誰か。というのが、とりあえずのナゾです。解きあかされるのは3巻の最後。あちこちにヒントがあるので、おそらく1巻で気付いてしまう読者も多いかと。WIKIなどで登場人物を調べると、これがカンタンに書かれていたりするので、注意してください。これ以上は書きません。


AMAZON 1~6巻セット