DearMob iphoneマネージャー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

DearMob iphoneマネージャー

アンドロイドかiphoneか。
機種の多様さじゃアンドロイドの圧勝。
ですが、故障や破損対する信頼・使いやすさ・アプリの安心なら、iphoneに軍配があがるでしょう。

自分がiphoneユーザーなので、勝手にそう決めてます。w

4から使い続けて、そろそろxかな~と思っている今日この頃ですが、
iphoneにも、当然弱点があります。それはバックアップ。

基本情報やアプリや音楽、画像、写真。
これらすべては、パソコン上位にバックアップするというのが、iphoneです。
iCloudの登場でかなり様相は変わってきていて、必ずしもPCへのバックアップは必要なくなっているようです。しかし基本的には、ituneを介してパソコンに記録。

ituneを活用することで、CDから音楽を取り込んだりできますし、PCを保管庫にして流動的なやりとりも可能です。

ですがこのituneが、なかなか問題なのです

DearMob iphoneマネージャーというのは、iphoneバックアップを、楽で快適にしてくれるプログラムソフト。
口コミで人気があるというDearMobには、どういう性能があり、どこまで頼りになるのか。調べてみました。

【DearMob】

ディアモブがituneから解放してくれる

DearMobは、ディアモブと呼びます。
どういうソフトかを、一言でいうと、iOS端末のデータをPC上の指定したフォルダへバックアップできるソフトとなります。

iPhoneといちいちインターネットに接続しなくても、かんたんで安かつ快速に、バックアップ・復元・転送・管理できるという優れもの。 iTunesが不要で、Windowsと、もちろんMacにも対応するアイフォンマネージャということです。

私は10年来のiPhoneユーザーですが、ituneはいまだに慣れません。たまにしか使わないせいもありますが、直感的には程遠い使いにくさがあります。慣れたと思えば、仕様がかわり、musicとデバイスを切り替えたり、保存したりするのは、正直かなりしんどい。高性能は認めますが、使い買っては最悪です。

自分だけかと思ってましたが、iPad、iPodなどiOS端末を使っている人は「iTunesを使った管理が意外と面倒くさい」と口をそろえます。iTunesは直感的に使うUIが整っているとは言い難く、写真やアドレス帳を整理したくても「どこからデータをコピーすればいいのか」や「PCのどこにデータが保存されているのか」などの内容が把握しにくいようです。

「もういいや」と諦めてしまった人も多いのではないでしょうか。

そんな問題を解消して、わかりやすいアイコン表示と操作で誰にでもわかりやすくiOS端末のデータを管理して活用できるソフトこそが、「DearMob iPhoneマネージャー」というこのようです。

DearMob iphoneマネージャーはituneの苦手なアイフォンを救ってくれる!

DearMob 音楽マネージャー

具体的にいきましょうか。

DearMob iPhoneマネージャー。ディアモブは、iPhoneなどのiOS端末のバックアップ用ソフトです。iPhoneを丸ごとバックアップするのはもちろんのこと、音楽データや動画データ、音声ファイルにアドレス帳のデータなど個別のデータを選んでバックアップしたり、編集したりできるソフトです。

「写真転送」「音楽管理」「ビデオ」「バックアップ」など合計15種類の機能を備えているので、端末内のほぼ全てのデータにアクセスして操作や編集を行うことができます。

・転送できるデータとバックアップ機能
写真 音楽 ビデオ バックアップ ファイル

・対応している主なデータ
ファイル暗号化 連絡先 Podcast 電子書籍 音声 着信音
アプリ メッセージ カレンダー USBメモリー

ituneで、自分がよく活用してるのは、音楽とバックアップ。

CDなどで購入した音楽をiphoneで聴けるようにするには、パソコンでitunesで読み込んで、プレイリスト化。デバイスのiphoneでMUSICをチェックして更新……という手順を踏みます。プレイリスト化しなくてもいいのですが、フォルダ分けなどで管理するには欠かせない機能です。iphoneやitunesから購入した曲については楽に管理できますが、直感的でない点では一緒です。

こう書くとかんたんなようですが、itunesがバージョンアップされると、使い勝手はがらりと変わります。やっと慣れてきたところだったのに、それはもう、わざとしか思えない方向に、仕様が変わる感じです。

バックアップの対象になっているのは、連絡先 Podcast 電子書籍 音声 着信音 アプリ などです。
ディアモブでは、これがとてもカンタンなんです。

DearMobのダウンロード方法

DearMobは、Windows版とMac版があります。
それぞれ、リンクからインストーラーをダウンロードすることができますし、公式サイトの「無料ダウンロード」からゲットすることも可能です。

無料も悪くはないのですが制限があります。一度使ってしまうとitunesに戻れなくなりスグに有料版に移行したくなります。最初から有料ライセンスをダウンロードしてしまうほうが、安心です。

1年間ライセンス(PC 1台)
通常価格: 7200円(税抜)

永久ライセンス(PC 2台まで)
通常価格: 8200円(税抜)

家庭ライセンス永久(PC 3台まで)
動画変換ソフト付き
通常価格: 12280円(税抜)

この価格を覚えておいてください。
期間限定で、お安くなるかもしれませんので


もっと詳しく

DearMobの使い方

細かな使い方は、じっさいに触ってもらうとして、ざっくり評価をまとめました。

DearMob iPhoneマネージャーというソフトは、iTunesでは少し面倒な端末のデータ管理を直感的な操作で行うことを可能にしてます。

iphoneを始めとしたiOS端末では、PCからアクセスできるデータが制限されてます。事実、Lightningケーブルで接続しても抜き出せるのは写真のデータぐらいですよね?

それが、DearMob iPhoneマネージャーを経由すると、ほぼ全てのデータに自由自在にアクセスして操作することができる。これこそが最大のメリットということです。

とくに大きいのは、音楽やムービーのデータを直接読み書きできる件。手持ちの端末をふだんから、音楽・ムービープレーヤーとして利用しているなら、どれだけ便利な機能であるか、わかるかとおもいます。

上はスルーしましたが、その最たる機能が「USBメモリー」。iphoneを、まるでUSBメモリのように、PCのファイルやデータを自由に読み書き可能とできるんです!

以下の公式サイトからも、無料の体験版をダウンロードして使ってみることができます。

無料でもいいかもしれませんが、体験版には機能制限がかかってます。たとえば、バックアップと復元機能が利用できなかったり、インポートやエクスポートの転送回数に限りがあったり。

いくつかの肝心な部分に、制限が加えられているので、かえってがっかりするかもしれません。
機能をフルに利用するためにはやはりフルバージョン。正規版ソフトを購入しましょう。

使い方をみてみる

【DearMob】

SNSでもご購読できます。