ファクタリングプロセスの手数料について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

■ ファクタリングとは?

ファクタリングプロセス画像

あなたが会社を経営している、これから立ち上げる予定がある。または経理や資金繰りの担当ほか、経営サイドに近い役職にあるなら、ファクタリングという言葉を知っているはずです。

ファクタリング。英語では「factoring」と書きますが、元になってる「factor(ファクター)」のほうになじみがあるかと思います。因数分解 要因 要素 代理人などの意味を持ちます。

話しを戻し、ファクタリングとは「売掛債権の買取サービス」のこと。
売掛債権とは、商取引で商品やサービスを顧客に提供したものの、まだ代金を受け取っていない状態のことで、「受け取っていない代金の請求ができる権利」をいいます。

逆に、代金を払う予定者は「買掛金」を計上し、期日までに支払う義務を負ってます。
この、宙ぶらりんの権利を買い取ってもらい即ちに現金化できるのが、ファクタリングということです。

このサイトでは、35歳からの健康・ビジネス・生活を扱うと謳ってますが、どうにも「ビジネス」の部分が薄い気がしてます。こういうサービスもあるんだよ。ということで、ファクタリングを取り上げました。

ここでは、ファクタリングプロセスという会社を、紹介していきます。

ファクタリングの仕組み

売掛金の債権である「売掛債権」には、入金の期限があります。

「掛け取引」では、企業によって違いはありますが、おおむね「月末締め翌月末支払い」か「月末締め翌々月末支払い」でしょう。下請法(第2条の2)の「下請け代金の支払い期日は、給付受領日から起算して60日以内のできる限り短い期間内で定めなくてはならない」で決められてます。

ただし、納品~締日~支払には、相応の月日がかかります。商品は仕入れであれ製造であれ、納品の準備にはさらにさかのぼってお金が出ています。つまり実際、入金の3~4ヶ月前には支払いが発生しているということです。

先方が支払いしてくれるのが確実としても、その日が来るのを待てないこともあります。ときには取引相手の都合によって、先延ばしされることも多々あるでしょう。計画していた資金繰りがうまくいかず、すぐにも現金が必要になるのは経営につきものです。

こうしたとき「売掛債権」をただちに現金化するのが、ファクタリングです。

会社がもってる売掛金や受取手形などを業者へ売却することで、期日よりもずっと早く売掛金を資金化する仕組みです。手に入る売上金を、予定日の前に回収する便利な方法と考えていいでしょう。

手数料はかかります。期日まで待てば100%の代金がはいるところを、ファクタリング利用によって数パーセントの手数料が差し引かれます。仮に5%だとすれば、本来入金額の95%しか手元にきません。これを損とみるか得とみるかは、経営判断ですが、経済の一環として多くの企業が利用している仕組みです。

若干の手数料はデメリットですが、引き換えに、手早く現金化できるのは大きなメリット。

そうしたファクタリングを手がける企業のひとつが、ファクタリングプロセスです。

ファクタリングプロセス 画像
ファクタリングのメリット

ファクタリングプロセス

ファクタリングプロセスは、Aフィールディング株式会社が運営するサービスです。本社事務所は「東京都中央区日本橋小網町8-2BIZMARKS日本茅場町」のレンタルオフィス。 この東京本社のほか福岡にも支社があり、さらには北海道から九州までの7つのエリアにも営業所をおいてます。

ファクタリング会社のなかには、ある程度の規模を持つ法人企業のみしか利用できないという会社が少なくないのですが、ファクタリングプロセスでは、法人企業だけでなく、個人事業主/自営業者も利用可能なファクタリングサービスをおこなってます。資金調達に頭を抱える小規模な事業主にも、おすすめできるファクタリング会社といえます。

ファクタリングプロセスでは「債権譲渡登記」を、原則不要としてます。

ファクタリングに必要な債権譲渡登記は、3社間では必須ですが、2社間の場合に限っては業者の都合に任されてます。ファクタリングは「売掛金の売却」です。登記すれば公的な記録に残りますが、わざわざ調べる企業は多くありません。とはいえ、取引先にばれれば不都合なことも多いので、登記しなければ知られる懸念は低いということです。

しかも債権譲渡登記は無料ではなく司法書士への手数料や税金によって、5~10万円程度の手数料が必要になります。せっかく、手数料の低いファクタリング会社を利用しても、高額な諸費用がかかるのはデメリット。お徳感が減ってメリットが薄くなります。「ファクタリングプロセス」では、原則、債権譲渡登記が不要です。ムダな諸費用を掛けずにファクタリングを利用できます。

これだけでなく、以下のような特徴があります。

・500万円以下なら原則、即日の資金調達可能
・赤字、債務超過、リスケ中、税金滞納中であっても利用可能性

クリック>> ファクタリングプロセスの特徴

ファクタリングプロセスの手数料

ファクタリング手数料いも相場があります。業界最低水準は、一般的に、2社間なら売掛債権の5~20%、3社間では売掛債権の2~10%といわれてます。ネットサイトでみつけたサービスでは、3社間ファクタリング利用時で1.0%~というのもありますが、安すぎるのもかえって不安ですよね?

ファクタリングプロセスの場合はどうでしょう?

調べたところでは、2社間ファクタリング利用時で3.0%~です。利用時の最低手数料が3.0%は業界の最低水準より高いですが、業界としては安いお手ごろ水準。変に安いと裏を疑いたくなりますが、安心できるレベルといえるでしょう。

「即日」可能と欠きましたが、ファクタリングプロセスでは500万円を超える場合は審査が必要となり7日ばかり待たされることになってます。ですが、事業規模が小さい個人事業主/自営業者に「大きな金額」は必要ありません。少額(100万円未満)で利用したいケースが少なくないので、7日を待つことはないでしょう。

小口(30万円)~最大1億円までのファクタリング申込が可能です。

詳しい手数料はこちらから>> ファクタリングプロセス

ファクタリングプロセスの口コミ

最後になりましたが、実際に利用した方の口コミを乗せて、このページを終了します。

口コミ1  取引先から大口の工事を受注しましたが、元請業者に請求を出してからの支払い日数が長く、その間の人件費・材料費等が不足し困っていました。
リスケ中ということもあり銀行には頼れず、ノンバンクに申し込んだものの審査が通りません。その時、売掛金を現金化というプロセスさんの広告を見つけ相談しました。ファクタリングを利用したことが無かったので、多少の不安はありましたが、迅速丁寧な対応で分かりやすく説明していただき、売掛代金876 万円の買取を申込ました。

口コミ2  卸先の急な入金のずれで、当日の当座の支払いができなくなり困っていました。銀行・ノンバンクに相談しましたが、当日融資してくれる所はなく途方にくれていたところファクタリングプロセスさんのホームページをみつけました、即日資金化の見出しに藁をもつかむおもいで申込しましたが、迅速な対応で即日資金化していただき、不渡りを回避できました。その後も、プロセスさんから事業資金に関する様々なアドバイスをいただき経営も順調です、大変助かっています。

口コミ3 以前、他社のファクタリングを利用していましたが、手数料が高い為、仕事を受けても収支がマイナスになる状態が続いていました。
それでも、背に腹はかえられず、仕方なく継続して利用していましたが、ある時、知り合いの経営者の方からプロセスさんを紹介していただきました。すると以前使っていたファクタリング会社と比べて手数料が非常に安く対応もすごく丁寧だったのですぐに切り替えました。



ファクタリングプロセス

SNSでもご購読できます。