フリー事業者のための損害賠償保険付き口座。FREENANCE(フリーナンス)の仕組みとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フリーランスのふりーなんす!

 『自由業』とか『自由職業』をフリーランスといいます。職業の定義ですね。
 いっぽう、請け負った業務を行う人のことはフリーランサーとか、フリーエージェントと。

 エージェントっていうのはかっこいいですね。すくなとも「フリーター」よりはよっぽどいいです。

 Wikipediaによると、フリーランスとは、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人のことなんだとか。

フリー事業者のための損害賠償保険付き口座。FREENANCE(フリーナンス)の仕組みとは

 何が言いたいかというと、組織に属さないフリーランスは、高い自由度と引き換えに、信頼を勝ち取るための苦労は半端ないということです。

 「フリーランスはつらいよ」

 なのです。

 請け負った仕事 おすべてを個人で完成させるというのが基本。
 なので、相当な技量とスキル、やり遂げる意志と勇気と自信がないと、やっていけません。

 そして、個人ゆえに問題になるのが、契約で稼いだお金の入金口座と個人情報。
 どうしても避けられない場合をのぞいて、自分の情報はさらしたくないって思いはありませんか。

 とくにネットのみで帰結できるフリーランスでは、いちいち全部を知らせないで済ませたいもの。

 また、業務中のトラブルで賠償責任が生じることがあります。個人だとそうした保険に加入が難しいですね。そうなると、トラブル時の責任所在を必要とする仕事そのものを、受注することが困難になります。

 こうしたフリーランスの悩みを解決してくれるサービスが登場しました。

 フリーのための収納代行用口座【FREENANCE】

FREENANCE(フリーナンス)の仕組み

 フリーナンスとはなにか?
 単なるフリーランスのダジャレ(否定はできませんが)ではありません。

 いくつか特徴がありますが、一言でいえば
 
「 あんしん保障のついた振込専用口座 」

 独立したてのフリーランスは、迷子と同じです。あなた自身にどれほどの実力があろうとも、寄る辺のない立場ひとはやはり社会的に弱いものです。

 仕事を以来する企業からみれば、個人や規模の小さな会社への発注はためらいがち。実績のない二者択一ならより規模の大きなところに仕事を回すものです。リスクを負いたくない気持ちはわかるので、担当者を責めることなんかできません。

 フリーナンス振込専用口座は、個人の弱みをカバーする口座です。

 フリーナンス振込専用口座と振込先とすると、発注先の企業に対して、2つの信用を与えることができます。

1 身元が保証されてる

 フリーナンスの登録には審査が必要です。これは、(株)SPネットワーク社の提供する反社会的勢力データベースをはじめとした複数の反社データベースに登録情報を照会してから、金融庁の定めた本人確認手続きに準じた本人確認を実施。そしてやっとユーザー登録が完了するのです。

 つまり、フリーナンスに登録されているイコール、社会的に問題のない人物であることが保証されるのです。スキルがあっても社会的問題を抱えている人に発注はできませんよね。企業としては、独自調査の必要なく安心してあなたに仕事を任せられるというわけです。

2 損害賠償保険がつく

 登録されたユーザーはすべて、「あんしん補償」という損害賠償保険が掛けられます。これは、万が一の業務上のトラブルが発生したとき、発注企業を損害保証する仕組みです。取引先企業だけでなく、ユーザー(つまりあなた)も保障の対象です。

 会社員であれば、会社の保険が守ってくれるでしょう。個人を誰が守ってくれるのでしょうか。

「あんしん補償」は、仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故の補償が最高5,000万円。物理的な事故でなく、情報漏えいや著作権侵害、さらには、偶然の事故による納期遅延などを原因とするフリーランス特有の事故の補償は、最高500万円まで補償されます。

 これは大きいですよ。

 ところで、仕事を受けるとき、個人名では困ることがあります。フリーナンスでは口座名義に「屋号」をつかうことができます。ペンネームでもなんでもかまいません。もちろん、自分の名前や会社名でもいいのですが、好きな名前が選べるということです。

FREENANCE(フリーナンス)の即日払いとは

 仕事が舞い込んで、依頼をこなしたとします。
 ですが、たいていの会社はその場で支払いは行いません。

 早くても月末払いですし、3か月なんて珍しくありません。お役所相手の大企業では、半分が一月後、残金は6か月後の掛け払いなんてケースも、あったりします。

 コンスタントに仕事をこなし、毎月のように入金があればいいのですが、いつも都合よくはいかないでしょう。急な出費もあるでしょうし、入金待ちの月日が長いと、運転資金に困る事態がでてきます。急遽、お金が入用になるのはよくあることです。

・即日払い 最大のメリット

 フリーナンス振込専用口座には、即日払いも利用できます。
「即日払い」というのは、文字通りその日にお金がもらえるシステム。3か月も待たなくても、仕事の報酬が今日、いただけるありがたい仕組みです。

 どうなっているのかというと、企業があなたにあてた請求書を買い取り、その代金を即日、銀行口座に振り込んでくれるのです。この請求書とは「売掛債権」。いうなれば、システム化された裏書譲渡というわけです。

 企業からの入金は、各々企業によって日付が異なってます。複数の企業と取引があれば、それこそバラバラです。フリーナンスでは、不定期に入金されたお金を、週に一回定期的にユーザーの口座に振り込んでくれるスタイルとなってます。

 たとえるなら「週給」です。まるで給料のような感覚で、収入を手にすることができます。事業主なのに、ちょっと面白いですね。

 しかしこうなると気になるのが倒産です。入金したお金が手持に届く前に倒産してしまえば困ったことになりそうです。考えたくないのですが、ないとも言い切れないフリーナンスの倒産。
 万が一、未払いのままフリーナンスがつぶれれしまったら、口座に残されたお金はそのまま受け取れなくなるのでしょうか?

 安心してください。
 振込専用口座は、フリーナンスが倒産しても大丈夫なようになってるんです。

 この振込専用口座への振込金は、フリーナンスの事業口座とは分別管理されているとか。振込金を別の事業の資金として利用することはなく、振込金のうち収納代行にあたる部分は、金融機関と信託保全契約を締結してるそうです。

 間違って倒産してしまっても、保護されるそうです。
 安心しましたか。

フリーナンスのあんしん保障一例

 話を、ちょっとだけ戻します。
 フリーナンスで口座を作ると、あんしん保障がついてくるといいました。
 さまざまな状況に対応する、フリーランスのための保険なのですが、「さまざま」ではわかりにくいかとも思います。

・たとえばこんな事故から守ります
【物理事故編】

 業務遂行中の事故(最高 5,000 万円)
  陸上競技をドローン撮影中、突風により操縦不能に陥り、選手に怪我をさせてしまった。

 仕事の結果の事故(最高 5,000 万円)
  市の依頼で作成したゆるキャラのきぐるみの設計上のミスにより中の人が酸欠状態で病院に運ばれた。

 受託物の事故
  写真撮影用に預かっていた新製品の模型を、アシスタントが転んで壊してしまった。

【フリーランス特有編】

 情報漏えい(最高 500 万円)
  業務に使用するパソコンがウィルスに感染し、企業情報が漏えいし、発注者に営業損失が発生した。

 著作権侵害(最高 500 万円)
  発注者へ納品した成果物が第三者の盗用にあたるとされ、第三者から損害賠償請求を受けた

 納品物の瑕疵(最高 500 万円)
  納品したシステムに不具合が生じ、システムの使用不能期間の代替手段に要する費用が発注者に発生した。

 納期遅延(最高 500 万円)
  職場が罹災し、納期に間に合わなかったため、発注者から損害賠償請求を受けた。

フリーナンスには審査があります

 フリーナンスは、これだけ優遇されている口座です。あのGMOグループという社会的知名度もあります。口座維持手収量も、メインバンクへの振り込み手数料も無料ときてます。みんなが口座を作りたいと考えてますが、希望者全員が作れるわけではありません。

 フリーナンスには審査があるのです。

・審査の過程

1 登録内容の審査
  GMO内部での審査です。具体的には、(株)SPネットワーク社の提供する反社会的勢力データベースをはじめとした複数の反社データベースに登録情報を照会することになります。信用履歴などもチェックされているはずです。見

2 電話によるインタビュー
  金融庁の定めた本人確認手続きに準じた本人確認です。どのような形で活動しているかや、独立の経緯などを聞かれます。「登録内容の審査」が定量的な審査だとすれば、インタビューは定性的な内容の審査です。

 フリーナンスは、2019年1月現在において、つい昨年の秋に登場したサービスです。
 知らない人がおおいのですが、すでに非常に人気のサービスになりつつあります。タイミングによっては審査に1か月くらいかかる場合もあるとのこと。平時はそこまでの時間がかからないと思われますが、早いに越したことはなさそうです。

フリーランスの報酬を即日払い【FREENANCE】

フリーナンスの評判や口コミ

 以上で、おおまかな説明は終わりますが、最後に気になる評判・口コミを加えておきましょう。
 

・一カ月まではかからなかったけど、けっこう待たされました。
・即日払いが気になって登録。要は売掛債権を買取なんですが。手数料3%というのは良心的で驚いた。
・運が悪かったのは登録者が多いようですね。書類の送付は来月以降と言われました。早くすればよかった。
・個人でネット通販してる知り合いが、登録しました。真似をするようでしゃくですが、私も審査を受けてます
・損害賠償保険が助かります。個人での仕事ってどこにリスクが転がってるかわかりませんから。緊急に備えるお金の心配が減ったのが、よかった。
・報酬を踏み倒された経験が過去にあり。この保障(保険)は非常にありがたい。
・よくわからんが、アフィリのついでに登録してみた。屋号がおもしろい。
・損害賠償保険という制度が秀逸。ベネフィットプランよりも保証が厚く、フリーランスの信用を高めてくれる気がします。

SNSでもご購読できます。