ぐるリザってクーポンサイトの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

■ ぐるリザってクーポンサイトの使い方

ぐるりざ

クーポン券。

割引を受けられたりちょっとしたプレゼントがもらえたりと、便利に使える半券です。
もともとは雑誌、配られたチラシに付いていたものですが、
今はスマホで登録したWEBサイトのバーコードを提示するような配布方法が一般的。

最近人気なのが、共同購入クーポンサイト。
グルーポン、クマポン、KAUPON(カウポン)などが有名ですね。

今回紹介するのが人気が上昇している、ぐるリザです。
いったいどんな特徴があるのでしょうか。

ぐるリザの特徴

ぐるリザのクーポンは、何かを購入するのではなく食べるほうに利用します。
人気のレストランや、良く行く居酒屋での食事をポイントバックで楽しめる。そんな使い方をします。

ぐるリザは、ただのクーポンサイトではありません。200引きとか、5%引きとか、そういうものがクーポンですが、ぐるリザではそれが幹事さんにキャッシュバックされる仕組みです。

たとえば……

割引率が30%のクーポンを使って、1人3,000円の飲み会を6人で開いた場合
普  通 >>> 18000円の支払い

ぐるリザ >>> 支払った18,000円から30%分の5,400円がポイントバック
つまり幹事は、みんなと同じ3000円を払っても、2,400円余分に戻ってくる計算に!

ポイントバック率は最大50%、最高で50,000円です。
割引率は、同じお店でも利用時間帯によって変わります。お店が空いている時間帯や暇な曜日ほど、ポイントバック率は高く設定されてます。宴会は大勢になるほど、ポイントバックは高額になる。新しいグルメクーポンサイトです。

ぐるリザの使い方

クーポンを提示しにくい状況というのがあります。会員カード的な表示ならともかく、割引券っていうのは、出しにくい、それがスマホであってもです。デートや合コンなどは、とくにですね。

ぐるリザは、クーポン提示が不要です。
予約すると「タイム割ID」というクーポン番号がでるので、それをお店に伝えればOK。入店時や会計の時に店頭にクーポン提示の必要がありません。デートや合コン・友達との飲み会や大人数での宴会などシーンを選ばず利用できるのです。

・そんな ぐるリザ利用の流れは?

1 お店を選ぶ
ぐるリザの店舗ページから曜日時間別のクーポン(タイム割ID)を取得。

2 クーポンを取る
クーポン取得時に表示される「タイム割ID」を予約電話時に伝える、もしくはぐるリザWEBから予約。

3 予約して来店
会計時は定価でお支払いいただき、後日利用した金額を申請。
※退店してからすぐに申請することも可能です。

4 利用申請
利用したあと、サイトにログインしてマイページより利用金額を申請。

5 ポイントバック
お店でタイム割IDと申請された金額でつき合わせを行い承認。
承認後、ぐるリザよりポイントバックされます。

ぐるリザの評判

ここまで読んで、すでにお気づきかと思いますが、じつはぐるリザ。クーポンサイトよりも、ポイントサイトとして認識のほうが高くなってます。通常利用の方の評判はよくないのですが、ポイント(現金・マイル)を貯めるという一点において、非常に強力なシステムとして機能してます。

幹事を仕方なく引き受けたという経験はないでしょうか。予約、参加者の呼びかけ、会費集め。どれをとっても面倒な奉仕活動なので、すき好んで手を上げる人はあまりいません。ですが、奉仕でなく報酬が手に入るとなればどうでしょう。
食べて飲んで、その場はみんなと一緒にお金を支払うんだけど、後日こっそり、自分にだけポイントが入る。支払った以上の額が入るのです。我こそはと目の色を変え、積極的に買って出るのではないでしょうか。

金欠の時期、美味しい料理を食べながら、自分だけはしたたかにポイントゲット。
それがぐるリザの正体です。

仲間を出し抜くようで気が引ける人もいるでしょう。ぐるリザを利用することを、あらかじめ告っておくのもアリです。ぐるリザの取り分が引かれてるとしても、ポイントを山分けすれば、お店の定価よりも安く飲み食いできるのですから、文句はでないはずです。

次に、一応、拾った口コミを載せておきます。
まともな意識で使用するとこうなる……という見本です。

・口コミ

1 5000円のコースを30%キャッシュバックで利用 結果・・・ ・個室予約が半個室 ・飲み放題メニューが通常コースよりも種類が激減 ・コース料理の量が著しく少ない あからさまにクーポン利用者用のコースでした そりゃあ店側からしたら通常5000円のコースを3500円で提供するのですから当たり前ですね・・・ 贔屓目に見たとしても3000円のコース程度の価値しかなかったため、参加者には後日2000円の返金をしました キャッシュバックはまだですが、実質は幹事の500円×参加者数の負担でした 使う場面によるのかもしれませんが、まあいい勉強になりました

2 店に行ってみればわかりますが 価格が非常に高く設定されている。 平均予算と 実際の支払いで乖離している。このサイトのクレームの対応も 掲載店向きの返事が多く 非常に良くない。 接待以外に使い道がない。

3 飲食店のみに特化したクーポンを取り扱っている 割引率の高いものがあるが条件が厳しいとおもう。 また、十パーセント、グルリザさんのマージンとなってしまっているので、消費者にとっては残念。 たとえば、十パーセントのお店がある。 これは、二十パーセント本とは割り引かれてるのに間で取られているゆえに、十パーセントとなってしまう。 もう少しマージンが減れば、消費者にとってもプラスだし、頻繁に利用したくなると思う。 だが、減らないのだろうな。

参考になったでしょうか?

ぐるリザのマイル(本音)

登録された約600店舗前後の飲食店で、指定された時間帯に来店して、飲食して、飲食代金を後日入力するだけ。かんたんな作業で指定された利率分の金額がキャッシュバックされるという、素晴らしい「副業サイト」です。

登録しているお店は、お客のいない時間を作りたくありません。一般に飲食店が暇になる時間帯が狙い目。
ぐるリザを使用するのは平日、それも昼間の時間帯のほうがよりお得になります。キャッシュバック率が高いお店では50%を超えるお店もあります。祝日前も率が上がります。今までぐるリザの存在を知らなかった人は、積極的に利用していきましょう。

歓送迎会・新年会・忘年会・合コン。どれも幹事が必要です。例えば10人の人数で飲み会をした時、1人4,000円の飲食代がかかったとします。低め25%というキャッシュバック率だとしても、10人×4,000円×0.25。つまり、10,000円の料金が幹事の懐に戻ってくる計算です。

もちろん、幹事は大変です。参加者に気をもんだり日程を調整することもあるでしょう。ですが、実際にやることといえば、たかがお店と時間をセッティングするくらい。小さな手間をちょいと我慢すればごくごく簡単に、しかも定期的にお金が貰えます。ご飯を食べてお金が貰える。「副業サイト」と割り切れば、こんな都合のよいところはそうありません。利用しない手はありません。



ぐるリザ ログイン方法

利用の流れでも、説明しましたが、ぐるリザにログインするには、まずお店と利用時間を決めてからになります。

・お店を選ぶ
ぐるリザの店舗ページから曜日時間別のクーポン(タイム割ID)を取得。

・専用ページでお店を選び、ログイン画面へと進みます。
「アカウントをお持ちの方」は、ログインアカウント(メールアドレス)とパスワードを入力しログインとなります。「アカウントをお持ちでない方」は、新規無料サービスの登録か、各種サービスのアカウントを使用(FaceBook、Twitter,Google+)して会員登録します.簡単な手続きが終わったら、クーポンを受け取ります。

・クーポンを取る
クーポン取得時に表示される「タイム割ID」を予約電話時に伝える、もしくはぐるリザWEBから予約。

クーポンには利用条件があり、これを守らないといくら飲食しても割引の対象にならないので厳守です。また、各店紹介欄にある「平均予算」は、目安にすぎません。当然ながら、料理の注文によって高くも安くもなります。くれぐれも、財布の中身には余裕をもってお出かけください。




ぐるリザ

SNSでもご購読できます。