インズウェブで電気代を一括見積もり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インズウェブで電気代を一括見積もり



電力の自由化にともなって、いまや電力会社は自由に選べるようになりってます。
日本政府が電気料金を規制する事を条件に、これまでは、地域の電力会社が高圧を除く電気事業を独占してました。それが悪いということではありません。実際、非常に効率的な仕組みでもあったため、自由化を求めるような騒動にはなってません。

自由化の波が押し寄せたのは、バブル崩壊がきっかけ。
経済の低迷にしたがい、あらゆるものにコスト意識が向けれらて、高いものは市場から排除されるようになります。それが、規制の自由化という流れを生んだのです。
電力事業もそのひとつ。高コストや外国との料金格差が指摘され、自由な競争が必要だという政府判断のもと2000年から大型ビルやデパートの特別高圧から徐々に自由化され、段階を経て2016年4月から一般家庭や小規模事業所の電力が自由化されました。

電気はインフラです。生活しているだけでかかってくる電気料金が発生してます。安定が前提ですが、安い電気料金プランを選んだり、安い電力会社へ切り替えるだけで毎月の支出が減るのですから、試してみる価値はありそうです。

電気プランや、電力会社はいろいろありますが比較は難しく面倒です。
ここでは一括見積もりができるインズウェブを紹介していきます。

インズウェブでわかる電気代が安い会社は

2018年現在のベスト5+1とは?
電気料金は地域差があります。電力会社やその発電所を動かすことはできないし、コストに差が生まれるため、仕方のないところです。限られた地域なのですが、提供される電気料金には、けっこうな差があったりします。現在、日本国内で電気料金がもっとも安いとされる5つの会社を紹介します。

1 東京ガスの電気
電力供給エリア:東京電力
2 Looopでんき
電力供給エリア:北海道電力 東北電力 東京電力 北陸電力 中部電力 関西電力 中国電力 四国電力 九州電力
基本料金0円。従来の段階的に電気料金の単価があがる仕組みを廃止して、電気の使用量1kWhにつき23~29円と、エリアごとに決められた単価がかかるわかりやすい料金体系。

3 ENEOSでんき
東京電力
電気料金が6,000円/月を越えてないと割高になる可能性も。

4 ソフトバンクでんき
電力供給エリア:北海道電力 東京電力 中部電力関西電力
とにかく関西エリアに強い。

5 まちでんき
電力供給エリア:北海道電力 東北電力 東京電力 中部電力 関西電力 中国電力 九州電力
楽天の電力供給サービス。契約すると、毎月、楽天が提供している「楽天マート」や書籍サービス「楽天kobo」、動画サービス「楽天SHOWTIME」などが利用できるクーポンがもらえる

その他として、自宅太陽光発電に切り替えたい人向けには「じぶん電力」がおすすめです。

・ じぶん電力
電力供給エリア 北海道電力 東京電力 北陸電力 中部電力 関西電力 中国電力 四国電力 九州電力
自宅の屋根に太陽光発電設備を無料で設置してもらえるというユニークなシステム。太陽光発電が可能な時間は自宅で発電した電気をじぶん電力から購入、それ以外の時間帯は提携している別の電力会社から電力供給してもらいます。契約の縛りは20年で、中途解約の違約金は高いようです。設置費用ほか契約期間中は発電設備のメンテナンスは全て無料で、20年たてば発電施設は譲渡されます。

インズウェブをみてみる

インズウェブは自動車保険会社?

「インズウェブ」はバイク保険や自動車保険の一括見積もりで知られるサイトです。自動車保険会社ではなく仲介サイトといった位置にあるでしょう。わかり易いことから評判は上場の有名サイトです。インズウェブの口コミはどういうものがあるでしょう。

何社もの会社の保険を一括で見積もることができるので便利。
保険選びで迷ってる人はインズウェブを使って保険を見積もって
どの保険が自分に一番合っているのかを選ぶみたいです。
胡散臭くも何ともない、別に普通の比較サイト。
自身の希望の損保の見積が出るとは限らない。
5分で入力でき、最大20社から無料で見積もりができた。

インズウェブの電気代口コミ

インズウェブの電気代比較サイト口コミを探しましたが、みつけることができませんでした。それらしいサイトはあったもののインズウェブの掲げた売りポイントの焼き回し。これでは口コミとはいえません。
インズウェブ電力会社ではなく、あくまでも比較サイトです。いっぽう紹介されている電力会社は、国の認可を得た会社です。インズウェブは消費者と電力会社の橋渡しをするだけです。

地域で一番安い電力を提供してくれるところを探すだけのことなので、わかりやすくで使いやすいサイトかどうかがポイントです。
インズウェブは、入力が簡単です。最短2分とありますが、事実です。現在使用中の電力会社からの検針票を手元におけば、たしかにそれくらいで入力できます。「供給(受電)地点特定番号」と「お客様番号」が書いてあります。

インズウェブで電気見積もりをするには

インズウェブでの電気見積もりは、前述のように簡単です。入力の内容がずいぶん具体的だなと感じるでしょうがそれも当然。一括見積もりして、気に入れば、そのばでそのまま契約まで完了できてしまうのです。
切り替えの申し込みがウェブで一分。うそのような素早さです。

これまで契約していた電気会社への連絡も不要。解約から新規契約まで、ウェブ上で完了してしまう。
淹れたコーヒーを飲み終える前に電気会社が変わるのです。すごく簡単ですね。




電気料金一括比較|電気代を賢く節約-でんきの比較インズウェブ

SNSでもご購読できます。