子供に英語を!英語教材に七田式がいいのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

■ 子供に英語を!英語教材に七田式がいいのはなぜ?

子供 英語

大学の英語試験方法は、時代とともに変更を繰り返してますが、次の変わることになるのが2020年。
とくに大幅な変更が予定されてる英語試験には紙面をにぎわしました。50年もの昔から学校教育に取り入れられ必要性の高い英語ですが、なぜかいまだに、日本人の大半は英語が話せません。祖父の世代からはじまり、親世代、孫世代と続きながらの体たらくは、単に苦手意識だけの問題でなきような気がします。

学校の教育が偏ってるとか国内環境が英語むきではいとか多数の問題はありますが、嘆いている間にも試験は近づいてきてます。

いままだ幼いあなたの子供が大学試験を受けるのは何年後でしょうか。きっと流暢な英語を話して、豊かな国際感覚を身に着けている。そう願いたいですし、そうなるよう準備を整えておいたほうがいいでしょう。

英語は、なぜ、身に付かなかったのか。
テストでいい成績を納めても、話せないのはなぜか。
子供の英語教育には、どんな教材がいいのか。

ここでは、そんな話しをしていきます。
子供むけ英語教材として、なにか求められているのか、考えたいと思います。

英語が身に付かないのは、なぜ?

子供の英語これからですが、意欲旺盛な大人であっても、英語が身に付かない人がけっこういます。

英会話学校にも通った、海外のテレビ放送も聴いた、教材もたくさん買った、本もたくさん読んだ。なのに、どうしても身にけることができない“英語”。グローバル経済が縮小するかも、との懸念もありますが、通訳を挟まないでビジネスをするには英語は必須です。ビジネスを中心に幅広いところで使うので、英語の必要性を感じて遅まきながら勉強し始めた人も多いですが、そう簡単に習得できるものではありません。

これはいったい、なぜなのでしょうか?
「なんとなくやってる」「英語しか勉強してない」など、いくつか考えられるポイントがあります。

1 求めるレベルが高すぎている

英語を勉強して目がいくのはCMでもありがちな「ネイティブとバリバリ会話している人」の姿です。スマートでかっこいいので憧れる気持ちは理解できますが、本当にネイティブレベルの発音や流暢な話し方は必要なのでしょうか。
ビジネスの現場においては、通じることが大切です。完ぺきなレベルである必要はあまりなく、重要性を持ちません。素敵なネイティブレベルに到達するためには、大変な労力と時間が必要です。短期留学くらいでは身につけられられない、ほぼ不可能といってもいいのです。ビジネスパーソンが仕事に必要な英語を身につける場合は、「そこそこ」のレベルで十分です。つまり、完ぺきを目指し過ぎ、高い壁を登ろうとして挫折してしまう人が多いのです。

2 明確なゴールを持っていない

あなたにとって「英語を話せる」「英語ができる」の定義を見直してみましょう。
はっきりした持った最終地点が英語習得のゴールといえます。
具体的なゴールがなければ、勉強をしてもどこまでやっていいのか分からなくなってしまいます。「TOEICで○○点取りたい」「同時通訳として活躍したい」など、現段階でのゴールが明確になると、到達するためのプロセスがおのずと決まります。そして、ゴールが違えば、そのために取るべき手法もかなり異なってきます。まずはゴールを決める。それが大事です。

3 英語以外の勉強をおろそかにしている

英語だけ勉強してるのはないでしょうか。どれほど頑張っても、そもそも日本語ができなければ、英語で急に話せるようにはなりません。字を書くのが下手な人が習字が苦手なように、日本語で口下手な人は、英語でもいきなり雄弁になることはないはずです。
とても当たり前のことなのですが、誰もが見落としてしまう常識です。英語以外も強みを。あなた自身のビジネスパーソンとしての能力を延ばすことにも、それなりの時間を振りましょう。共通点は多いものです。日本語でできる仕事であれば、英語でもすぐできるはずです。

「挫折した英語せめて子供に」と願う親はいますが、やりなさいと押し付けるだけでは、どんな勉強も身につきません。昔を振り返ったとき、苦手な教科が最後まで苦手のままで終わってしまった人は、少数ではないでしょう。頑張る方向性が間違っていたり、「なんのために」が薄まってくると、どれほど必要な勉強であっても中途半端に終わるものです。

自分の子供には、失敗してほしくないですよね。

英語を教えたいが、どうしていいかわからない

親はわりと身勝手で、多かれ少なかれ、自分の方針(願い)を子供に押し付けてしまってます。
それは英語教育についても同じことがいえます。

「小さいうちから英語に慣れ親しんで欲しい」
「英語が得意なバイリンガルになって欲しい」
「将来海外で活躍する人間になって欲しい」

早いうちから子供に英語教育をする必要性をほとんどの親が感じています。しかし、子供に英語を学ばせたいと思っている一方で、このように悩んでいる方が非常に多いのも事実です。教え方がわからないのです。

・英会話は学ばせたいが、何から始めれば良いのかわからない
・英語の絵本読み聞かせが良いと聞いたが、英語の発音が上手く出来ないので不安
・そもそも自分が全く 英語を話せないので子供に何も教えられない

世の中には幼時の本が充実してるので、早い段階から遊びに交えた学習が可能です。ひらがなやカタカナの読み書きはもちろん、絵本の読み聞かせや足し算引き算も教えてあげられます。ですが、英語だけはどうやって学ばせば良いのかわからないというのが、本音でしょう。

そもそも自分で話せない英語を子供に教えることなんか不可能だと、決め付けてしまってるかもしれません。
親がわざわざ、自分で英語を話せる必要はありません。子供は頭が柔軟なので、その環境に放り込めば、自然と英語を覚えてしまうものです。

子供 英語

七田式英語の口コミ

「実は、子供が話すような簡単な英会話は、「あるポイント」を抑えて教えてあげれば、 ほとんどの場合、1ヶ月~3ヶ月程度で英語を話し始めるようになってしまうのです。」

「7+BILINGUALを使うと、あなたのお子さんが35日という短期間で英語を話し始めます。 突然英語を話し始めた自分のお子さんの姿に驚くことになるでしょう。」

どちらも七田式教育創設者の言葉です。あなたんbのお子さんは天才です。そう言い切るこの人の学習方法は、はたして正しいのでしょうか。口コミを集めました。

・別の通販サイトで買ったのですが、公式サイトの方が価格や特典などでお得でした。買う前に公式サイトを見ておくべきでした…。

・小学校低学年の息子に買ってあげましたが、すぐに飽きられました。「英語を覚えた方がカッコイイよ」とか「これで30分お勉強するまでご飯あげない」と言っても無駄でした。子供が全くやる気なければ、教材買っても意味無いかもしれませんね。

・英会話の先生やっていたので英会話の教材はいくつか持っていたのですが、5歳になる子供に試したところちょっと難しかったようです。CDの英語のあとについてリピートさせようと思っても、さすがにできませんでした。返品保証が60日もあるので、あと1ヶ月頑張ってみてダメだったら返品しようと思います。

・以前から気になっていた「七田式」から子供向けの「7+BILINGUAL」が出たことを知って迷わず購入しました!子供は覚えるのが早いですね♪ 教材のおかげかもしれませんが、1週間後には英語のフレーズを発するようになり、今は私とたまに英語で会話できるようになりました!親子で世界を旅するのが夢なので、私も英語をもっと勉強します♪

・英語の教材は一般的に高いし、結果の保証もないので探すのに苦労しました。でもこの値段でこの内容なら絶対買うべきです! 超オススメ!!

・引っ越しでずっと通っていた英会話教室をやめることになり、七田英会話教材を購入しました!子供は英語が好きみたいなので、買うことに躊躇することはありませんでしたが、いざ使ってみると英会話教室よりも英語を覚えるスピードが早い気がします。毎月料金がかかる英会話教室よりも全然いいかもしれません!(^^)!毎日幼稚園の帰りに車で聴かせるだけで上達しましたよ!

・楽天でも評価が高くずっと気になってました!思い切って買ってみようと楽天以外も覗いてみると、公式サイトの方でキャンペーンが(・o・) たぶん楽天よりも公式サイトの方がお得に買えるみたいですね。私が買った時は送料無料キャンペーンや割引のキャンペーンまでやってました! これから購入するなら絶対楽天よりも公式サイトをチェックした方がいいですよ!

高い評価ばかりではないようです。覚えなかった共通点は、子供が英語に興味がなったケース。日本人でも国語が嫌いな生徒がいるのと同じで、好き嫌いは出ますね。そういうときは返金保障を有効活用しましょう。

公式サイトです↓


【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。