カメラマン出張して撮影するラブグラフの評判と料金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


 スマホが登場したかと思えば、恐ろしい速度でアプリが進化していった平成時代。
 誰もが手軽にもかかわらず、「それなり」の綺麗な写真を撮れちゃうのは、とってもうれしいこと。

 ですが、それはあくまでも「それなり」です。

 プロの写真を、ネットやリアルで見たことがあるでしょうが、決して気軽な素人が届く画像ではないと、確信させられますよね。大切な想い出を本気で残したいときが絶対にあります。スマホの自撮りではなくて。そんなとき、頼りにできるプロがラブグラフ。ラブライブではなくてラブグラフ(Lovegraph)です。

 プロが寄り添って撮った写真が大人気で急速に伸びている出張撮影サービスなんです。誰でも撮れるからこそ、写真の出来の良さがよくわかし、依頼した以上の仕上がりになるわりに料金が安いと評判です。

ラブグラフのエモい写真は、こちら

ラブグラフは300人のカメラマンを抱えてる

 300人。専属のプロから、技能試験を潜り抜けた有望なアマチュアまで。個性的で腕のたつ、しかもチャレンジ精神の旺盛なカメラマンが300人もズラリと、ラブグラフにはそろってます。指定した場所、決めた日取りで、望み以上の写真を撮影してくれます。

「 リア充爆発しろ! 」

 言いたい奴には言わせとけばいいのです。思いぞんぶんとりまくり、見知らぬ他人が羨ましがる光景を写真を、突きつけてやればいい。ラブグラフのカメラマンはそんな覚悟をもって、撮影にあたってくれます。

 まさに自由。春夏秋冬いつでもOKです。旅行先を背景に、広大な空、輝く夜景やロマンティックな夕日。ちらつく雪景色やまばゆい紅葉もいいでしょう。

 ラブグラフに舞い込む撮影の依頼は、当初カップルが多かったそうですが、だんだんと口コミで広がっていき、今ではファミリー層が圧倒的だそうです。子どもが生まれが記念、それ以前のマタニティから、0歳、1歳、2歳のバースデー(誕生日)、着物や浴衣を着せての何かのお祝い。クリスマスや七五三といった記念日には、カメラマンも大忙しとか。特定の人を指名するなら被らないよう、事前予約が大事です。

ラブグラフは全国どこでも定額料金

 カメラマンの話をしましたが、写真撮影にはもちろん準備がかかります。カメラが趣味の人はわかりでしょうがが、屋内撮影でもたいへんで屋外の出張ならなおさらです。高価な機材を抱えて現地にきてくれる……と思えば、カメラマンを依頼するってバカみたく高くつくんじゃ? などど撮影依頼をためらってしまうかもしれません。

 ですが、ラブグラフは一定料金。なんとスタンダードプランで料金は¥19,800しかかかりません。離島や派遣カメラマン居住地からあまりにも遠隔地すぎるとさすがに別料金もありますが、たいていは料金内に収まります。
 というわけで、スタンダードプラン料金に含まれるのは、全国どこでもすきな場所で撮れる撮影のほか、全部(50枚~)の写真データ、さらにお好みのカメラマンを指名できる権利も含まれてます。

 出張料 撮影 レタッチ データ

 気にいったカメラマンに依頼したいなら「スタンダードプラン」か「すくすく3回撮影プラン」ということになります!


こんな写真なら撮ってみもらいたい! ラブグラフのギャラリー

エモくて映える写真のラブグラフ……エモい?

「エモい」というのは、エモーショナルなという意味です。エロくてキモイでなく、まるきり反対の、感動的で映える写真を撮る!という思いを込めての言葉です。まるきりそのまんまのタイトルで写真集まで出してしまうのは、ラブグラフらしいというか、写真に本気の気合が感じ取れます。

 以下は ↓引用です↓

 スマホでもフィルムでも、一眼レフでも。「エモい写真」しか撮りたくない!おなじみのスマホはもちろん、流行りのフィルムカメラや、本格派一眼レフカメラまでそれぞれの特徴や使い方を徹底レクチャー。
すべてのシーンに使える「エモ映え」テクを、大人気の写真教室「ラブグラフ」が伝授します。

 それぞれのデバイスの基礎知識をはじめ、「エモくて映える」光や色、構図のマストルール、日常シーンや被写体別のテクニック、撮った後の加工、インスタ世界観の作り込み方……この1冊で、写真を撮るのがもっともっと楽しく。

 カバー・巻頭モデルは「かわいすぎ」と話題のバズガール、NMB48・村瀬紗英さん。中面のイメージモデルは同じくNMB48で注目度急上昇中の梅山恋和さん。普通の日常も見違えるくらいエモく残せるヒミツ、教えます。

どこでも出張撮影。ラブグラフの前撮りとは

 様々なシーンであなたと大切な人の思い出を残すラブグラフ。すきな人との記念日や誕生日などのお祝いなら、カップル撮影でしょうし、友だちとの旅行や卒業式や誕生日にフレンズ撮影。生まれてくる赤ちゃんと一緒にマタニティ撮影や、赤ちゃんの生まれてはじめての記念日にお宮参り撮影。ギャラリー垣間見れる笑顔には、たくさんの幸せが散らばってます。

 その中で人気なのがウェディング撮影。出張依頼でカメラマンを呼ぶことができるのですが、それよりも、前の段階から、一通りフォトってもらい、ウェディング全体をグッズにしてしまうのが、ラブグラフの前撮りです。


ラブグラフ 公式ホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。