お坊さん便 人気と口コミと価格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

昔は、よく結婚式によばれたものです。人より早く結婚したコッチは、いつも子育てで汲々している。お祝い包むのってたいへんなんだよって、怒鳴りたい気持ちを抑え、毎月のように持ち上がる結婚話を聞いていました。友人や同僚にお付き合いの兆候がみえるたび、いつ結婚招待状が届くかびくびくしてました。

「冠婚葬祭」っていいますが、婚で呼ばれることが多いのは30代まで。
結婚してまうと自然と人付き合いが減ってきて、お互いに交流がなくなります。そうした中でも持ち上がってくるのが「葬」の部分。近所のだれそれがなくなった、親戚のあの人が死んだ、関連会社の部長の父親が亡くなった。とまぁ、次から次へと、お呼びがかかります。

それはもちろん自分自身にも関係することで、距離や縁が近い身内や知り合いが亡くなった場合は、急ぎかけつけ、手伝いなんぞをしなければいけなくなります。それはいいのですが、私を含んだ近いの人というのは、先祖のお墓がありません。

実際にあった葬儀の体験

地元に帰ればもちろん代々の立派なものが立っているのですが、遠い故郷から単身でやってきて所帯をもった身の上。この地においてはまさに初代としてゼロからスタートしています。お墓も始めて、葬儀も始めて、お坊さんもどう手配していいのか、いくらかかるのか、まったくわかりません。

参考までに、地元にいる妹に相場を聞いた返事は

「うーん。オバサンが亡くなったときはね。家族葬だったけど葬儀諸々が80万、お坊さんには80万かかったかな」

しめて160万円!!
葬儀にかかるのは病むを獲ません。
ですがですが、坊さんに80万円?

「こっちの相場。なんでも葬儀費用と同額払うんだってさ!」
「なんだそれは」

そんなにかかるのか。ローカル価格なのか、お坊さんに同額ってのは、暴利だと思うのは私だけではないでしょう。そこで、少しでも安くなる方法を調べてみました。よくあるのは、会員制のお葬式です。ベルコやアイプランが有名ですね。「ファミーユ」「シンプルなお葬式」というのも、パック料金でお安く済みます。

実際、我が家で同居の義父がなくなってますが、そのときは事前にそうしたサービスに加入していたおかげで、かなりお徳にすますことができました。

さて、お葬式がおわったからといって安心はできません。
初七日法要 四十九日法要 百ヶ日法要。そして、一周忌法要 三回忌法要 七回忌法要が待ち受けてます。
そのたびに、お坊さんを手配して少なくないお布施を払うのは、経済的にしんどいものです。

最近知ったのが、お坊さん便とは僧侶手配サービスです。

お坊さん便で葬儀すると

「お坊さん便」とは、インターネットからお坊さんを手配できるサービスのこと。
事のはじまりは、法事・法要の手配サービスをチケット化してAmazonに出品したこと。直後から問い合わせが相次ぎ、注目度が一気に高まったことから本格運営を始めたとか。お葬式はもちろんのこと、戒名、各種法要ができます。

選べる宗派は、浄土宗、真言宗、曹洞宗、臨済宗、天台宗、日蓮宗、浄土真宗(東)、浄土真宗(西)ですが、ほかの宗派も相談に乗ってくれます。とくに宗派にこだわらないって人でも大丈夫です。

一番の特徴は、お布施が一律35000円ってこと、戒名は20000円。ほかの「心づけ」とか「お車代」は必要ありません。

お坊さんは、お経だけあげたら帰ります。その場限りの縁で終わり、以後のお付き合いは生じません。わずらわしいお寺との関係や、檀家がなんたら……というメンドクさもないのです。これ、けっこうポイント高いと思います。とってもビジネスライクな法要なのです。

「葬儀にはとてもお金がかかる」というのがこれまで多くの人が抱いてきたイメージでしょう。私も同じ思いです。日本消費者協会が葬儀費用について調査した報告(平成26年1月)によれば、葬儀費用の総額は全国平均で約189万円です。平均なので大きな差があります。最低額は20万円ですが、最高額では800万円にものぼります。

芸能人や政治家などははもっともっと費用が嵩むのでしょうが、189万円は十分すぎるくらいお高いです。

お坊さんの配達なんて宅配便じゃあるまいしって意見もあるでしょうが、この目新しい試みにじわじわ人気が高まってきてます。




定額の僧侶紹介サービス【お坊さん便】

お坊さん便の人気と口コミ

「お坊さん便」の口コミですが、総じて評判が良いようですが、厳しい意見もみられます。住職さんの意見に驚きですね。相場は相場にすぎないということです。お経や葬儀のシステムへの批判もありましたが、それを言ってもしかたないと思うので乗せませんでした。

以下、口コミです。

・菩提寺がなく 相場感がわからない飛び込みする寺の対応の不安などから利用させて頂きました。賛否両論があっていいと思います。道徳に反することであればわかりますが、飛び込みで助けてもらえるところはありがたいです

・最初は大丈夫かな?と思ってましたが49日、初盆と利用しました。同じお坊さんに来ていただき、大変満足しました。

・良くも悪くも坊さんと法要・戒名の不透明さに一石投じたのは事実だと思う。みんな金儲け主義の坊さんに疑問を感じていたから、これだけの反響があるのだと思う。

・御先祖の供養をするのにお金のことで気をもんで悩むより、明朗会計で気持ちよく対価を払ったほうが終わった後も清々しい気持ちになりました。

・一昔、二昔前では考えられないシステム、発表した途端炎上どころでは無かったでしょう(笑)、そういう時代なのかと面白くも有り悲しくも有り。

・このサービスを利用する方も多いのでしょうが、結局、この会社の役員さんが高級外車やゴルフに使うだけでむしろ困窮するお坊さんが増えるばかりという悪循環ではないかと思います。

・私のお寺では、法事のお布施が1万円はザラ、5千円、3千円ということもあります。葬式でお布施なし、ということも時にはあります。直接近くのお寺に行って法事を依頼した方が出費は抑えられると思います。

・父の一周忌でお願いしました。時間も長すぎず短すぎず、良かったです。しがらみが生まれないところがとても良いと思いました。また利用したいと思っています。

・希望の時間に出来る様みんれびの方が頑張って探して下さいました。お坊さんも低姿勢で優しい方でした。

経営する「みんれび」への批判も多かったのですね。こちらは会社への批判と、担当者の対応です。前者は企業の目的は経営なので「儲け主義」といってしまうと全ての経済活動が、多少なりとも儲け主義です。後者は担当者によって差がでるのはしかたないかもしれません。

賛否両論のお坊さん便 問題と中止要請

利用者は歓迎する声がおおくみられますが、なにせこれまで、誰も考えもしなかったサービス。人材派遣ならぬお坊さん派遣という、新しいシステムには賛否両論あります。

・慎重派はリスクを危惧してます

1 話題性から『何これ安い』で飛びつくのはどうか。よくよく考えてからにしたい。
2 安く戒名をつけてもらっても、先祖代々のお墓を守るお寺に『よそでつけた戒名は、うちの門徒ではない』と一切の法要を断られる可能性がありそう。
3 うるさい親戚が口を挟んでくるだろうから、お坊さん便を使うなら遺言状に書いておきたい。

ありがちなことですね。どれも予想の範囲です。たしかに煩い親戚や代々のお墓がある伝統ある家にはむいてないと思います。あと依頼のタイミングですが、『葬儀当日の法事法要ではご利用いただけません』という点は気をつけてください。タクシーじゃないので、事前の打ち合わせが必要ですし、当日ではお坊さんの手配ができません。

・完全否定派は過激です

1 ふざけたことをするな! 僧侶は蕎麦屋の出前ではない! これはやり過ぎ! いったい僧侶を、法要をなんだと思ってるんだ?
2 日本人の宗教観は落ちるところまで落ちた。こんなものが出てくるとは、世界中から笑いものにされるだろう
3 宗教を商売にすることに強烈な違和感があります
4『供養になる』と誘い、人の心を惑わす霊感商法と同様だ。法要の意味がわかってない『法事ごっこ』でしかない!
5 戒名は信頼できるお坊さんからもらうからありがたいのであって、見ず知らずの坊さんに数万円を払うなぞ、ぼったくりバーと変わらない!

我が家のケースを言えば、義父がなくなるまでどこのお寺とも接触がありませんでした。なくなったとき、一番の問題は葬儀にかかる手配と費用。そこにかかわる多くの業者をさばいてくれる葬儀サービスプランはありがたかったと記憶しており、葬儀や供養はまちがいなく商売であると思いました。

お坊さん便で紹介されるお坊さんは、見知らぬ人ではありますが、その辺の通りすがりのオッさんではなく、まぎれもない修行僧でプロです。

法要の意味 >> よくわからない言葉で木魚を叩く行為
信頼できるお坊さん >> 初見だから誰でも同じ

信頼というのは時間がかかるものですが、一年に1度会うかどうかの人物と、その時だけ頼む人物とに違いがあるとは思えません。

・歓迎する人はこう考えてます

1 金儲けだけの悪質なお坊さんを駆逐するためにも、とても良いサービス。仏教界の立ち直りを促すきっかけになるといいですね。
2 時代的。さまざまなサービスがデジタル化している中で、この分野だけはデジタル化しちゃいけないというほうがおかしい。
3 地方の小さなお寺だと檀家も少なく経営が大変厳しいお寺も多く、潰れているお寺もある。お寺側にとっても悪いばかりの話ではない。
4 檀家に面識もなくどこの寺とも関わりがない人が多い時代だからこそ、こういったサービスは非常に有効」
5 騒いでいる多くは高齢者の方でしょう。若者には好意的に見る方が多い。
6 ひどい葬儀をよく見かけるので本当の葬式を考える良い機会です。使ってみたいです。
7 フェラーリオーナーや年収が億を超える僧侶、甘い汁を吸っているお坊さんがいる現状。お坊さん便に登録しているのは、会社員から出家した人や地盤が弱い僧侶の方がほとんどだと思います。立場の弱い僧侶を支える意味でも、このサービスを支持します。

すくなくともネット上では肯定的な意見が多いようです。不明瞭な戒名料や保守的な仏教界への反発からか、新しい動きが歓迎されてます。

お坊さん便 登録方法

「お坊さん便」の登録はカンタンです。登録と言ってますが「予約」ですね。お葬式や法要の予定日にきてもらえるよう、【お坊さん便】をネット予約するのです。以下が主な入力項目です。

宗派
浄土宗
真言宗
曹洞宗
臨済宗
天台宗
日蓮宗
浄土真宗(東)
浄土真宗(西)
宗派不問
その他

利用したいサービス
お葬式の読経のみ
法事・法要の読経のみ
戒名の授与のみ
お葬式の読経+戒名の授与
法事・法要の読経+戒名の授与

そのサービスの詳細
日時・連絡先・対象者情報




定額の僧侶紹介サービス【お坊さん便】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。