月間ポピーを無料でお試しする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

■ 月間ポピーを無料でお試しする方法

画像

子供の進学やその後の進路には、経済が大きく関わっています。国の経済ではなく家庭のです。
子殿は親の背中をみて育つのはこれまでの歴史が証明してます。優れた環境に育つ子供は、必ずというわけではないのですが、優れた頭脳を身につける可能性が高い。

子供がどこまで伸びるかは家庭環境に左右されます。親が優秀ならば、親がすべて教えればいいのですが、優秀な親ほど仕事が忙しく、子供にばかり関われません。また世の中のすべての親が優秀だと仮定して、子供も優秀だとすれば、子供の知識の差は親以外の学習によって生まれることになります。

親がどれだけ教育費につぎ込んだか。
その差が子供が成長する土台の差になって表れるわけです。

マジで早めの勉強習慣がたいせつ!

教育を学校だけに任せる時代は、とっくに終焉しており、高度な教育を与えたいなら、そもそも教育レベルの高い学校に通わせるのが一番で。でもそういうところは、当然ですが頭の良い子供ばかりが集まって受験します。合格するには、普段の勉強をより高度なものでないと難しいとういう堂々巡りです。その子供が群を抜いて頭がいいか、優秀な塾に通わせる経済のバックアップがあるか。どちらかないと難しいというわけです。

とはいえ、幼いうちの基礎学習は、それほど大差がありません。
小さいうちから学習する習慣を身につけさせることがとても大切で、逆に言うとそれさえできていれば、おおきく高望みしない範囲において、かなり優秀な子供に育つものです(経験則です!)。

少ないお金で効率よく学べる。それこそが、一般的な親のとるべき道だ、と思います。
家庭教師よりも塾よりも安くて、しかもわりと確実に学習効果が上がるのが、教材型学習です。

ポピーってどういう教材

教材型で学ぶ学習方法はいろいろありますよね。
「しまじろう」「こどもチャレンジ」で知られるベネッセなんかは、アニメ知名度の強みを生かし、たまごくらぶ、ひよこくらぶなど、生まれた直後(妊娠中)からの教育を目指してます。

毎月の定期購読の付録に、いやというほど教材が挟められてる小学○年生で有名な小学館。科学と学習で知られる学研。勉強しようという意欲があるなら、子供の小遣い程度の額で学習の教材は手に入るのですが。

じゃ、ポピーっていうのはどういう教材を提供してるのでしょうか。

ポピーは、幼児教育の教材、小学生、中学生までの家庭学習教材をあつかいます。
子供の成長に合わせた教材を、毎月、届けてくれるのです。

確かな学力を身につけていくのに最も大切なのは「自ら学ぶ力」と「学習習慣」です。
大人風にいえば努力と継続になって身もふたもないのですが、言い換えると、楽しく興味を持たせることでこれは達成できます。

「自ら学ぶ力」と「学習習慣」を身につけていくには、もちろんコツがあるのですが、「家庭学習のコツ」を実践できるノウハウを、ポピーは持っていて、それに沿った教材が、子供の興味を満たしてくれてしかも学習に繋がる教材が家庭に届けられるのです。

ポピーは、40年以上にわたって、そうした教材とサービスの向上を目指してきたそうです。
ノウハウの一端を利用して、最強の「自ら学ぶ力」と「学習習慣」を身につけてみてはどうでしょうか。



2歳~年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】

月間ポピーは、幼時でも中学生でも

上のリンクで先走ってしまいましたが、実はポピーには、幼時から中学までの教材が揃ってます。
それぞれ、種類と一月にかかる教材費(会費)を挙げておきます。

・幼時のポピッコ 毎月 各980円
ももちゃん(2~3歳)
きいどり(年少 3~4歳)
あかどり(年中 4~5歳)
あおどり(年長 5~6歳)

・小学生
小学1年生 毎月 2,700円
小学2年生 毎月 2,800円
小学3年生 毎月 3,100円
小学4年生 毎月 3,100円
小学5年生 毎月 3,400円
小学6年生 毎月 3,400円

・中学生
中学1年生 毎月 4,600円
中学2年生 毎月 4,700円
中学3年生 毎月 4,900円

もちろん、与え放しでは教育にはなりませんよね。
たとえば幼児~低学年向けポピーでは「答えとてびき」では、おうちの方向けのアドバイスも充実させていて、親などがお子供を上手に教えられるような工夫が施されます。
また「つまずきは早めに発見し、解消すること」が大事なので、わかりやすい「答えとてびき」ですぐに丸つけをして、つまずきを発見、解消できるようにしています。

月間ポピーを無料でお試しする方法

他者と比べて圧倒的に安いのですが、
(→比較例です)

そうであっても、いきなりの購入には迷うところがあるでしょう。
そこで、最初から教材に出費するのではなく、無料で試してみるってのはいかがでしょう。




親子で学べる!教科書に沿っていてテストで高得点を狙える!【月刊ポピー】。まずは無料おためし見本から!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。