サグーライティング 在宅で稼ごう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

パート収入を無駄にするか、部屋で荒稼ぎするか?

専業主婦の人。家事とか子育てとか、旦那の世話で一日が終わってませんか。
パート仕事をこなしてる人も、その収入が全部、子供の保育園代に消えてませんか?

それなら、在宅ワークに興味がありませんか?

せっかく、子供を預けて働けても、それがそっくり保育費用になっているのでは、仕事をしないで、家で子育てしてるほうがましです。ずっと子供といられますし、朝と夕方のあわただしさも半分になります。

送り迎えもなくなり、体も休まりますしね。

「 それができないから困ってるんじゃん 」

パートで稼げる給料は、月あたり、いくらでしょう? 3万円? 5万円? 8万円?

もしもパート給料が、5万円くらいなら、在宅ワークに挑戦してみてはいかがでしょう?

たいした技量はいりません。
パソコンがあって、少々文章が書ければ、今日から仕事が舞い込みます。

「 そんな、都合のいい仕事があるわけない 」

それが、あるんですねー。
ネットの時代ならでわの在宅ワークが。
サグーライティングってご存知ですか?


Webライターで30万稼ぐならサグーワークスのプラチナライター

サグーライティング いくら稼げるの?

クラウドソーシングとは、不特定多数の人の寄与を募って、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスをいいます。

いまさらですが、クラウドソーシングというサービスは年々拡大していってます。在宅で仕事をして、収入を手にする利用者の数も、増加傾向です。

数ある分業のうち、「ライティング」を専門にするのがウェブライターであり、サグーライティングが募集している人材です。

「 そんな儲かるなら、みんなやってるじゃん? いまさら……」

そうですね。

参加者が増えれば、案件というパイの奪い合いになります。思うように仕事にあるつけないとか、仕事がなくなるのではないかと不安を感じる人もいます。

ですが、実際はその案件も増加傾向。ますます参入する企業が増加して、仕事に数も増えることが予想されます。ここ数年を比べても、仕事には困らないどころか、どれにするか迷うほどです。

そんなクラウドソーシングを利用し、在宅なのに、月に50万円以上を稼いでいるライターも実在してます。
腕に自信があるなら、通常のライターより上位のプラチナライターという地位もあります。

参加は無料なのに、合格すれば、好待遇が待ってます。
チャレンジの価値は、絶対にあります。

サグーライティング登録 特別じゃなくていい在宅ライター

在宅での稼ぎ方はさまざまです。アフィリが手軽といわれますが、当たらなければ無駄になる博打の要素が高いのですおすすめしてません。

なのでここでは、書けば確実に稼げるwebライターに限定して考えてみましょう。

自宅にいながらパソコンで記事を書き、お金を稼ぐ。
基本的には、これに特別な経験やスキルは必要ないです。

同じ在宅でも、仕事によって要求されるスキルがあります。
たとえば、システム開発の案件ならば「システムエンジニアとして2年以上働いていた人」など。そりゃあ。未経験者が携われるジョブでないのは、誰にだってわかります。

ところがライティングにはそれがない。

ライティング仕事の場合、未経験者でも応募ができることが多いんです。案件のジャンルについて経験がなくても大丈夫。そこはインターネット。いくらでも調べながら記事を書くことができますし、それで報酬がもらえるんですから、ある意味、ウハウハな仕事だといます。

もちろん中にはキツイ条件が出されるケースもあります。「マイカーローンで、お金を借りて返済した経験のある人限定」「現在、子育て経験中の方」というように、実経験者であることを要求される案件も、まれにですが、あります。

サグーライティング 月に稼げる収入はいくら?

期待を裏切ってしまいますが、文章一個一個の単価は、あんまり高くありません。

高レベルの仕事、たとえば、システム開発などの専門的な案件に比べてしまえば、ライティングの案件は報酬が安いんです。「在宅ライティングで月に30万円」なんてのは、かなりキツくてたいへんな頑張りが必要です。

高収入の実現は簡単ではなく道は半端なく遠い。あまりな高額を望むことは、実際的ではないようです。

単価の高い仕事でも、1文字1円。
そんな案件を1日あたり1万文字ライティングすれば、日給は1万円です。
月に30日。休まず働けば、月収30万円に届く計算ですが、単価が0.2円~0.5円くらいの案件というのがほとんど。単価が0.2円ならば、1日あたり2万文字を書いても、まるきり月収30万円には届きません。

では平均をとって一日0.3円で3000文字。これならどうでしょう?
900円になりますね

それを30日続ければ、900×30 27000円也!

在宅で一日数時間。そこそこですが、悪くない稼ぎになります。
その間に、1円や0.5円の案件が挟まれば、もっと高額になるわけで。

逆に言えば、30万に届こうとすれば気が遠くなりますが、そこそこ頑張れば、そこそこ稼げる。
それこそが、WEBライティングの魅力といえそうです。

Webライターで30万稼ぐならサグーワークスのプラチナライター

書ける分野を増やすことで報酬が上がる

コツの話になりますが、

そもそもクラウドソーシングというのは、仕事を頼みたい人と仕事を受けたい人をつなぐサービス。なので、稼ぎたいと願うのなら、いつでもサイトをチェックして、好条件のライティング案件を、いち早くゲットする。
必要があります。

知名度が高い人気ライターは、なにもしなくても勝手に仕事が入ってくる……なんてこともあるようですが、昨日始めた人には無理。どの世界でもそうですが、名前を売るには、実績が必要です。

経験があっても誰も知らないので、初心者ライターの人は、まず、希望に合った案件を探す努力から始めなければなりません。

スポーツ分野が得意とか、医療に詳しいとか、料理ならまかせて!

なにかしら強みはあると思われますが、都合よく、得意分野の案件が常にあるわけではありません。

そこは努力を繰り返し、書ける分野を一つでも多く増やすということも、収入への近道となります。
ネットで、ライターとして安定的にお金を得ていくためには武器は多いほうがいい。1つだったあなたの得意ジャンルを、2つ、3つ……そうやって増やしていくことが重要なようです。

もっと詳しく

サグーライティング いきなり!プラチナライター

「 高額ライターになりたいかーーー!?」

資格試験には、受験料がひつようですが、サグーライティングには無料。
今からいきなりテストが受けられます。

もちろん初心者には難しい、経験者も落ちるくらいですから。

ですが、落ちたからと言って、ペナルティはありません。
それどころか、適切な添削がついて戻ってきます。

それをもとに、再挑戦すれば、いいんです。

もちろん、ビギナーはビギナーらしく、普通の登録委で安い案件を重ねて、経験を積むことも悪くありません。それからプラチナライター試験を受けてもいいわけです。

ですが、その間、受けられる案件は低価格のものばかり。
ひと月まてば、ひと月分。3か月まてば3か月分。高い収入はお預けとなるわけです。

プラチナライターへの挑戦は無料。
何度でも何度でもできます。貴重なアドバイスも受けられます。

しかも合格すれば、高額案件への道が開けます。月30万円への道が開けるのです。

やってみて、損はなさそうです。



高単価の在宅ライターサービス【プラチナライター】

SNSでもご購読できます。