SLANT 腕時計を自分だけのオーダーメイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SLANTの腕時計 その意味とは

SLANT(スラント)の意味は傾斜や斜線。
ほかには、個人的な観点や見地という意味も持ってます。

画像

身につけた腕時計は、身体のままに動いており、いつでも傾いています。
オーダーメイドは、それこそオリジナルな、自分だけの観点で作られてます。

オーダーメイド腕時計のSLANT(スラント)。

カスタマイズでき、オーダーメイドの腕時計に、これほどふさわしいネーミングは、なかなかないでしょう?

ここでは、腕時計のSLANTについて調べたことを書きました。

SLANT カスタマイズ腕時計の特徴

SLANTのオーダーメイドとは、カスタマイズできると言い換えてもいいです。
腕時計を組み立てている内部は、多数という言葉に収まらないほど、多くの微細で精巧なパーツで構成されてます。

カスタマイズできるのはすべてではなく、外部のデザインのみ。ケース、文字盤、メモリ、針、ベルト。それぞれの色や形を選んで組み合わせることです。腕時計という、小宇宙にも似た、複雑で統制のとれた世界です。私たちの嗜好が及ぶのは、全体のほんの欠片にすぎないのですが、それでもカラバリの組み合わせは無限に近い。

まさしく、世界にひとつだけの腕時計をオーダーメイドできるなんて、ちょっと贅沢だといえます。

SLANTオーダーメイドのカスタマイズ手順

1.ケースを選ぶ
2.文字盤背景を選ぶ
3.目盛りの形を選ぶ
4.目盛りのカラーを選ぶ
5.針の形を選ぶ
6.針のカラーを選ぶ
7.ベルトを選ぶ
8.ベルトの金具を選ぶ


スラント腕時計のオーダー方法


SLANTの使い方をみてみる

SLANTより認知度の高いルノータス 大きな違いがこれ

オーダーメイド腕時計で、SLANTよりも認知度の高いブランドが、ルノータス。
ボディタイプから、刻印まで、詳細なカスタマイズが可能で、しかも安い。あらゆるシーンにマッチした、腕時計を用意できるから、TPOでオリジナルを使い分けたい人に最適です。ペアやプレゼントでも喜ばれます。

オリジナルをオーダーするメリットは、他人と違い腕時計を見につけたいからではないでしょうか?
それは、集めた次の口コミからも読みとることができます。

口コミ

○ 他人と被るのが嫌な人にはいい!
○ 品質、作りも問題がなく丁寧です。
○ ベルトだけならカスタムできるところはあるけど、は細かい所までカスタムできるからオリジナリティがある。
○ 1つのベースに対して、何通りもの装飾パーツで違う見た目に変えられるからいい。
○ 購入後も、パーツの交換ができる。
○ その日のファッションでつける時計も変えたいから、それぞれのファッションに合わせた時計は何個あってもいい。
○ ペア割などもあるし、メッセージを刻印できるからプレゼントにいいかも。
○ 10万通り以上の豊富な組み合わせがある。
○ タブレットやスマホで簡単にカスタムウオッチが作れる。
○ オーダーなのに、お値段が1万円代からとリーズナブルだ。

ルノータスの時計とSLANTとの違いは、ルノータスのほうがデザインパーツが豊富なことと、サイトでのデザイン設定がカンタンで分かりやすいということ。SLANTはカーと移動後にデザイン変更すると初期状態にもどってしまう。そして1万円台から作れてしまう価格設定は魅力です。

SLANTの優位はその品質と、基本デザインがシックでシンプルなことにあるでしょう。




クリック> ルノータスを試してみる

SLANT 格安じゃなくても手ごろなカスタマイズ感

オーダーメイド腕時計は、どこまでカスタマイズできるのでしょう。
たとえば、EUROPAWATCHというサイトでは、オリジナル文字盤の作成も可能です。それどころか、革バンドさえ製作・印刷が可能となってます。ただし、こうした細かな対応には条件があり、100個単位の注文が条件!
自分のための、一個やペアの腕時計のオーダーメイドには無理があるということです。

SLANTでは一個からのカスタマイズ注文が可能。

ケース、文字盤、目盛、針、ベルト。

この五つですが、あれこれ考えてオーダーするのは楽しいです。

針まで決めてベルトを選ぶ段になって、「ケースがこれじゃない!」と、後戻り。
ひとつを変えると、それまで迷った全部に波及するのは、オリジナルの醍醐味です。

どういったシーンに多く使うのか。
よく行くカフェに似つかわしいのか。
そし、パートナーにもプレゼントしようと考えてるのか。

悩んで迷って、出来上がった腕時計は、まさしく世界にひとつのオーダーメイドなんです。

もっと詳しく

SNSでもご購読できます。