ストロングマヌカハニー アトピーに効果あり?値段と販売店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


TCN ストロングマヌカハニー

■ ストロングマヌカハニー アトピーに効果あり?値段と販売店

ハニーは蜂蜜のこと。

半年も生きられない働き蜂たちが、せっせと集め回った蜜。それを巣の中で加工、貯蔵したものが蜂蜜です。
甘くておいしいだけでなく、滋養強壮に優れた妙薬であり、古くから食用、薬用など様々な用途に用いています。はじめは自然の蜂の巣を摂取した人類はやがて養蜂を覚え、現在、蜂蜜の生産量は、世界全体で年間約120万tともいわれてます。「蜂蜜の歴史は人類の歴史」といわれるのも納得ですね。

ミツバチは、蜜さえあれば、どんな花からでも蜂蜜を生産してくれますが、環境や樹木によって出来に差が生まれます。味そのものも違いますが、滋養は栄養に大きな違いができるのです。

その中で、最高品種だといわれてるのが「マヌカハニー」。
マヌカハニーは高い抗菌活性力を持ち、一般的な腸内の悪玉菌の活動の抑制から殺菌までを行うことが可能とされます。ある臨床実験では、数年間抗生物質を投与しても治療できなかった胃腸疾患に、マヌカハニーを用いたところ、短期間で治療できたという例があります。優れた殺菌作用をもつマヌカハニー。近代医療にも有効であるはちみつかどうかが研究されてます。

最高品種というマヌカハニーの、さらに最上級の「ストロングマヌカハニー」を、ここで紹介させていただきます。

ストロングマヌカハニーの効果は?

ハチミツには、かなりの有効成分が含まれてます。カフェ酸 p クマル酸などのポリフェノール。イソロイシン ロイシン ルジンなどの必須アミノ酸。ビタミンC ビタミンB1などのビタミン群。リンやナトリウムなどのミネラル……などなど。いくら行があっても足りなくくらい栄養が豊富です。

こんな豊富な普通のハチミツですが、よりグレードが高いのがマヌカハニー。抗菌作用・抗炎症作用のあるメチルグリオキサール(MGO)、強い抗酸化作用のあるシリング酸メチル(SAME)、などが含まれます。とくに前者は、マヌカにしかないもので、マヌカの花のみつにある「ジヒドロキシアセトン」という成分が、ミツバチの体内や巣の中で変化して生まれるものです。

こうした成分のおかげから、ピロリ菌の除菌効果、インフルエンザ予防と改善、整腸などに効果があるといわれてます。また、ストロングマヌカハニーはアトピーにも有効だとされてます。

ストロングマヌカハニーの効果はアトピーにも

アトピーは、”アトピー性皮膚炎”というアレルギーの一種。良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。とくに、アレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られれます。

主な特徴としては、赤みがある、じゅくじゅくして引っかくと液体が出てくる、ささくれだって皮がむける、長引くとごわごわ硬くなって盛り上がるです。左右対称にできることが多いですね、できる場所ですが、おでこ、目のまわり、口のまわり、耳のまわり、首、わき、手足の関節の内側です。どちらかというと、影になってる部分に目立ちます。

アトピーの原因は、バリア機能異常と免疫の過剰反応。
本来の炎症は、体の外から侵入してきた異物を退治する免疫反応によって起こるもので、細菌やウイルスなどから身を守るために必要な機能です。アトピー性皮膚炎ではこの免疫が過剰反応、退治する必要のないものに対しても不必要に炎症が起きてしまうのです。味方の免疫が敵になるため厄介で治りにくいのです。原因は、長期間皮膚に加わる強い刺激やストレス、それに疲労とされます。免疫を不安定にさせる要因が引き金になるようです。

マヌカハニー・マヌカオイルは殺菌効果がかなり高いことで有名です。目安となるのは「MGO」の数値。
メチルグリオキサール(MGO)は、アトピーの原因とされている黄色ブドウ球菌対策に効果的。黄色ブドウ球菌を殺菌し寄せ付けない環境を作ってくれます。マヌカハニーを皮膚に塗っておけば保湿力によって炎症の治療を早める効果もあります。炎症が発生した皮膚はバリアが脆弱。他の菌による二次感染も大きな問題になります。

マヌカハニーとマヌカオイルの連携は、二次感染予防にも効果的です。

マヌカオイルは、マヌカハニーとは別の製品です。は食べて内側から体質の改善に利用できるマヌカハニーに対し、マヌカオイルは、肌に塗ります。良質なものほど純度が高いのですが(純度100%も)、純度が高すぎる原人によって刺激が強すぎる場合があります。皮膚などに用いるときは薄める工夫が必要です。植物油(ホホバオイル、オリーブ、椿油)などなら10~20%、白色ワセリンなら(15%程度)の適量を加えて薄め、よく混合して使ってください。

「MGO」が高いほど殺菌効果が強いのですが、高すぎれば薄める手間がかかる。適度な数値を選ぶ必要があるということです。

ストロングマヌカハニーの口コミ。味とインフルエンザ?

上記のMGOと並んで、「UMF」という数値があります。このUMFというのは、抗菌作用をフェノール(標準的な整体消毒薬)の濃度と比較した時、どの程度の抗菌作用があるのかを指標をあらわす数字です。UMFもMGO(R)ともに大きな数字になったものほど抗菌作用が強くなります。UMFであればUMF10+以上、MGOであれば、MGO100以上のものこそが、医療用マヌカハニーとして様々な医療機関で処方されるレベルの存在となります。

・カゼ、インフルエンザの予防・改善

ストロングマヌカハニーはインフルエンザにも効きます。根拠になってるのは臨床試験。培養されたMDCK細胞(イヌの肝臓上皮)に、A型インフルエンザを感染させ、ハチミツに浸す実験が発表されました。実験に用いられたのは、マヌカハニー、レンゲハチミツ、そばハチミツ、カンロハチミツ、アカシアハチミツの5種類。全てのハチミツがウイルスを抑制でき、濃度に比例して効果も上がったのですが、とくに高い抗ウイルス作用を示したのがマヌカハニーでした。

ほかにも、リレンザ(ザナミビル)やタミフル(オセルタミビル)など従来の抗ウイルス薬をハチミツに混ぜて影響を調べる実験も公表されてます。これでも、ハチミツと混合したことで、薬の抗ウイルス効果が高まることが明らかになってます。マヌカハニーには普通のハチミツの20~160倍のMGOが含まれてますが、インフルエンザ治療にも効果があるという結果がでてるのです。

マヌカハニーは、インフルエンザ菌を直接抑えるのですが、インフルエンザにより起こる症状を軽減する働きもあります。抗菌作用と抗炎症作用が喉の細菌を除去するので、喉の痛みや腫れを抑えてくれるのです。昔から咳にハチミツが効くといわれますが、風邪にはお水やお湯に、ティースプーン1杯のマヌカハニーを混ぜて飲むことで症状が和らぎます。

目安ですが、インフルエンザやノロウイルスを予防する目的で買うときは MGO400以上 もしくは UMF20以上のものを選ぶのがいいでしょう

ストロングマヌカハニー 値段が安い販売店は楽天?AMAZON?TCN?

マヌカハニーを価格を比べてみましょう。AMAZONの売れ筋は、マヌカヘルスの「マヌカハニー蜂蜜 MGO400+ 250g」。楽天ならTCNの「マヌカハニー  31+」です。それぞれ評価数トップでよく売れてるようです。


マヌカハニー蜂蜜 MGO400+ 250g


マヌカハニー  31+ 楽天最高峰【活性強度20+・25+以上】【MGO(R)860+】500g

価格でいえば、AMAONが250グラムの5,139円、TCNがなんと500グラムで25,380円。この金額の差は、量が倍だからというだけでは説明ができません。

詳しい理由は、AMAZON楽天、それそれのサイトで見つけてほしいのですが、香料・脱水・味の調整・製造期間・味の濃さが価格に反映されるのは間違いないです。今の時代、手早く製品化することは可能ですが、その代償は高く、味や品質が損なわれます。極端な話し、安くて手軽にすませるなら、スーパーのハチミツでも一向に構わないということです。

何のために、ストロングマヌカハニーの入用なのか。じっくり考えて選んでみてください。




医師も驚く!! 天然活性物質MGOマヌカハニーは健康の源です。

養蜂40年以上のプロがニュージーランドで永住権を取得、日本人の繊細さで

他にはない極めて高い活性力のあるMGOマヌカハニー39+の採取に成功!!

SNSでもご購読できます。