朝起きられない中学生は、起立性調節障害(OD)かも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

■ 朝起きられない中学生は、起立性調節障害(OD)かも

シャッキリズム 中学生

親の管理が行き届くのは小学生。それも4、5中年生あたりまでです。高学年や、中学になると行動を自分で決め、いいつけにそむき出します。自立心が強くなるのは、思春期の表れなので、歓迎すべきことなのですが、自分の体調と向き合いがまだまだ未熟です。

好きなことばかりやり始めるのもこの次期から。自室を与えられた子供は、夜中まで起きる楽しさを覚え、寝不足気味になり、朝、送られなくなります。体調を壊しやすくなるのもこのころです。

寝不足の原因が本人の暴走活動だけならいいのですが、このタイミングで起立性調節障害(OD)を起こす中学生もよくいます。

「夜遅いから起きられないんだ」

親はいそういって叱りますが、家ならすしも、夜更かしだけが原因ではないのです。
ちょうど、紛らわしく蝕むのが、起立性調節障害(OD)ですから。

起立性調節障害(OD)ってどんな病気

朝起きると頭がいたい
起き上がるとめまいがする
吐き気がして食欲がない
お腹が痛い
ずっと立ってると倒れる
夜寝れない

これらはすべて、起立性調節障害に見られる朝の症状です。

起立性調節障害によって症状が出る原因は「思春期特有の自律神経の乱れ」から来るものと言われています。ざっくりいうと、身体が急激に大人へと成長していくのに対して、自律神経がついて行けなくなってしまうのです。自律神経が乱れは、交感神経と副交感神経のバランスの崩れをいいます。

自律神経失調症といえば、大人にもよくおこる疾患ですが、良く似ている病気です。本人はとてもつらい思いをしてるのですが、熱が出るわけでも、レントゲンに映るものでもないので、昔は「なまけ病」とさえ言われてました。

ホルモンの乱れが根本にあるので、女性に多くなります。乱れの安定する大人になれば自然と治りますが、長引けばそのまま不登校になってしまうケースもあるので、できるだけ早い段階で改善する必要があります。

不登校との見分け方は、「学校を休む」と決めたとたん、改善するかしないかです。不登校症状なら気持ちが楽になって痛みが治まりますが、起立性調節障害は土日も関係なく苦痛が続きます。

起立性調節障害には、起立直後性低血圧、遷延性起立性低血圧、体位性頻脈症候群、神経調節性失神などの循環器機能異常症状がおこります。ちなみに以下は不登校になった子供の症状です。よく似てる思いませんか。

お腹がいたい
頭が痛い
吐き気がして食欲がない
夜眠れない

怖いテアニン不足。朝起きられないだけじゃない

子供たちの生活環境には、さまざまなストレスの要因(ストレッサー)があります。環境の変化。教室での緊張や不安、先輩や友達、教師たちとの関係などなど。他にも、生活空間の騒音・温度・光、病気やけがによる不快感・痛みなどがあります。

強いストレスを受けると、心身を健康に保つため重要な自律神経・ホルモン・免疫などに不調が起こります。大きな影響をうけるのが、睡眠不足です。

ストレスを受けた脳は、コルチトロンビン放出ホルモンを脳内に放出します。脳下垂体に入ると睡眠を抑制する作用を持つコルチトロンビンが分泌され不眠が起こります。その一方、体内で分解されると、睡眠を促進する作用がもたらされます。相反する効果がおこってるので、ストレスが続くといくら眠っても眠いという状態に陥ってしまいます。

根本となる原因が取り除かれれば、解決するのですが、なかなかそうはいきません。平社員には苦手な上司を左遷する力がありません。学校に嫌な教師や先輩がいるからといって、辞職させたり転校させることは不可能です。ある人にとって苦手でも別の人には、最良な人物ということもよくありますし、相性の問題を解決するのが難しいのはどこの社会でも共通です。

・すっきり睡眠できるテアニンって?

そんな時にできる対策の一つが、テアニンを摂取することです。テアニンとは、アミノ酸の一種で、リラックス効果があります。睡眠の改善効果を持つことが知られている食材で、抹茶や緑茶などに多く含まれまれます。テアニンが、快適な入眠を助けてくれるのです。

ドーパミンやセロトニンなどの脳の興奮に関わるホルモンの量をコントロールするはたらきがあるテアニンは、脳の興奮を抑え、身体をリラックスした状態へと導くことができます。とはいえ、食材からとれる量はとても少なく、そればかりか制限がかかりこともあります。たとえば緑茶でテアニンを摂取する場合では、意識を覚醒させるカフェインが邪魔になります。テアニンにはカフェインの効果をおだやかにするはたらきがありますが、効果をうち消すことまではできないし、せいぜい「緩和」止まり。緑茶のテアニンを当てにするのは間違いで、飲まないほうが眠れます。

テアニンの摂取は1回あたり100~200ミリグラムが目安だと考えられています。湯のみ1杯のお茶(煎茶)から摂取できるテアニンの量はおよそ10~20ミリグラム。これではまったく足りません。ですから、必要な栄養素が凝縮されたサプリメントを取り入れるのが、もっとも効果的な摂取方法なのです。

ゃっきリズムで、テアニン不足を解消

いくつか、朝起きられない子供のためのサプリが、開発されてます。朝シャキや、このサイトでも紹介しているキリツテインが知られてます。キリツテインは「起立性調節障害」に特化した専用サプリ。いっぽうの朝シャキはもっと広く、中学生からの朝起きられない子供のためのサプリです。

どちらも良いサプリですが、とくにテアニン不足を解消しつつ学習効果も高めたいなら、三つ目の選択「しゃっきリズム」がおすすめです。

しゃっきリズムは、テアニンが豊富なのはもちろん、集中力を高めるというサフランも配合されてます。
ただただ、朝、時間通りに起きられるようになるだけでなく、勉強への集中力が違うので成績が上がる可能性が高くなります。成績が上がれば勉強が楽しくなるので、学校へ行く喜びはこれまでまで以上に。

そうなると、朝起きるのが楽しみになるという、好循環が産まれます。

シャキッと朝を迎えて充実した学生生活へ【しゃっきリズム】

しゃっきリズムの口コミ

集中力を高めるサフランですが、最もよく知られている効果は「抗うつ作用」だといわれます。臨床データでもその効果は確認されてます。うつ病を改善する従来の医薬品といえば、イミプラミン、フルオキセチン、γアミノ酪酸(GABA)作動物質として機能するジアゼパム、アルプラゾラムなどです。サフランをこれらを含む薬と同程度の効果を示すことが報告されているのです。
そんなサフランの気になるのはやはり副作用ですが、じつはサフランの歴史は長くて、3千年以上もの間、調味料、香料、染料、医薬として使われ続けてきたという実績があります。薬と同等の効果がある上に、副作用の報告が数世紀に渡り一切ないのは驚きの一言です。また学生の勉強をサポートする、記憶力を高める効果や、血行促進による冷え性やむくみの改善・デトックス効果、生理不順緩和などストレスの原因を取り除く効果も期待できるのです。

サフランの話しはこれくらいにしておきましょう。
最後になりました。実際にしゃっきリズムを使った方々の感想(口コミ)を集めてますの、参考までに。

・口コミ

娘に飲ませていますがあまり効果を実感できません。テアニンの素晴らしい効果を知って、娘に飲ませています。しゃっきリズムを飲み始めてから体調がなんとなく良いかもと言っていますが、特にこれといった目立った効果はないのかな?と思います。本人が自覚していないだけであるのかもしれませんが、続けるんにはちょっと値段が高いのでもう少し安いサプリを探しています。

原材料もシンプルで医師にお勧めされたのでしゃっきリズムを飲ませていますが、あまり効果を実感できません。夜遅くまでスマホをいじる生活を辞めさせないとダメかもしれません。

中学二年生になる息子に飲ませてから、遅刻が全くなくなりました。毎日調子が良いようで、学校生活も楽しく満喫できているみたいです。子どものメンタルや身体面のコンディションを整えるのに最適なサプリだと思います。私も飲んでいますが、日々のストレスが軽減されているのを実感しています。

うつ病みたいな感じで不登校だった息子に飲ませてます。自分でうつ病かも…と、息子に言われたときに、なにもしてあげられなかった自分。どうにかしてあげたいという一心で色々調べてみて、サフランに高い抗うつ作用があることを知りました。少しでも息子が良い方向へ向かってくれればと思いしゃっきリズムを買ってみました。1ヶ月~2ヶ月ほどは目立った変化はなかったのですが、高校には通いたいと言ってくれたので感動しています。好きなことには夢中になれる性格の子なのですが、少しでもサフランの効果があったのかなと思っています。

娘のPMS改善にしゃっきリズムを飲ませてだいぶ良くなりましたPMSのせいで学校を休みがちな高校生の娘。全体の割合的には12%ほどらしいですが、テアニンやサフランが効果的ときいてしゃっきリズムを飲んでいます。辛い眠気やイライラ、肌荒れなども改善されて効果を実感できています。これからもずっと続けていきたいといっています。




シャキッと朝を迎えて充実した学生生活へ【しゃっきリズム】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。