オーダーメイド

オーダーメイド枕の口コミ

枕が合わない 寝れない・肩が凝る アイメイドならOK

毎晩、ぐっすり眠れてますか?
枕が合わなくて、首が痛かったり、肩がこる、寝心地が悪いという方はとっても多いものです。
もしかすると、あなたもその一人かもしれませんね。
枕もいろいろです。硬かったり軟かったり、広いのも小さいのもあります。

「あれこれ試したけど、どれもこれも合わない」

オーダーメイド アイメイド枕

既製品が合わないなら、オーダーメイド枕をするしかありません。
楽にスッキリと目覚められるように、最高の「オーダーメイドの枕」を探してる最中でしょうか。

ただ、オーダーメイド枕を買いさえすれば大丈夫と思っているとしたら、それはちょっと違います。
「満足」が、一種の安心効果をもたらすこともありますが、枕に関してはありえません。

残念ながら、正しくオーダーメイド枕を選ばないと、せっかく買ったのに失敗だったということにもなりかねないのです。

オーダーメイド枕を使ったせいで、かえって肩こりや首の張りが強くなったり、眠りの質が悪くなったりすることもあるんです。

エンジェルネック・ネムリード・フィッティ、ぴったりの枕を自分で作る【アイメイドシリーズ】

オーダーメイド枕 失敗するワケ

さて、枕の前にこれだけは言わせてください。
それは、現代でもっとも怖い首の症状は、ストレートネックではないかということです。

パソコン・スマホを不自然な姿勢で使ってないでしょうか。ストレートネックというのは、パソコンやスマートフォンを原因とした首の疾患のこと。とくに座ってスマホを見る形が特徴的ですが、うつむいた姿勢で長い時間動かない生活が原因となって、本来なら首筋に負担がかからないカーブを描くはずの頚椎(けいつい)が、不自然に前方にまっすぐ伸びてしまう。それがストレートネックです。

ストレートネックを放置すると、肩こりやしびれがはじまります。
放置して、さらにそのまま年齢を重ねてしまうと……

・自律神経失調症
・頸椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニア

……などの深刻な病気を引き起こすこともあるのです。
デジタル時代だからこその症状ですが、日頃の予防やケアが大切です。

いろんな枕を試していきつくのがオーダーメイド枕。ですが、これには落とし穴があります。実際にオーダーして作ったはずなのに、しっくりこない。それどころか、以前よりも寝苦しくなった……なんてことが起こったりします。

理由はいろいろありますが、人の眠り方にはそれぞれ癖があるので、オーダー枕を作ったからといっても、必ずしも完全ではないということがわかります。それでも、市販品よりはオーダー枕のほうがはるかにマシです。

オーダーメイド アイメイド枕

以下の点に注意することで、より快適なオーダー枕に近づけることでしょう。

・実店舗でフィッティングをしてオーダーすること
・枕をフィッティングするときのマットレスに注意すること
・硬すぎる枕(素材)は避けること
・頭を固定しすぎる形状は避けること
・フィッティング時の服装・髪型に注意すること
・アフターサービスの内容を確認すること
・完成後2週間は様子を見ること

エンジェルネック・ネムリード・フィッティ、ぴったりの枕を自分で作る【アイメイドシリーズ】

オーダーメイド枕 予算はいくら?

あなた用にオーダーする。つまり新しく枕を仕立てるのですから、購入を考えるなら、それなりの予算を見込むことが大切です。では、オーダーメイドの枕の価格はいくらでしょう。

ざっくり調べたところ、20000円代というのが、平均のようです。
もちろん、メーカーや素材によっても価格は大きく変わってきます。それどころか、オーダーメイドでなくとも、え? と驚く価格で販売されている枕も少なくないようなのです。

そこで有名な枕と、その価格を以下に並べました。

マイまくら(オーダーメイド) 30、000円
ロフテー枕工房(高級枕) 9000~25000円
ジェルコントアーピロー2 24000円~
ドーム枕IGLOOイグルー 10000円

オーダーメイド アイメイド枕

オーダーメイド枕 アイメイドシリーズ

有名どころのオーダーメイド枕、または熟睡できると評判の高級枕と、アイメイドシリーズでは、いったいどこがどう違うのでしょうか?

じつをいうと、アイメイドの枕は、正しくはオーダーメイドではありません。
サイズや好みを細かく伝えて、それに沿ったオリジナルを製作するのではないのです。
それがなぜ、「オーダーメイド」になるかというと、自分で何度でも、納得いくまでフィッテング(設定)できるから。

いってみれば枕の「睡眠DIY」。
完全を求める人にとっては本物のオーダーメイドなんです。

これだけではなんのことか分からないでしょう。
もっと詳しく知りたいなら、こちらをクリックすればわかります。

こういうことです




エンジェルネック・ネムリード・フィッティ、ぴったりの枕を自分で作る【アイメイドシリーズ】

いかがでした?
分かりましたよね?

ちなみに。アイメイドの通常価格は、19800円

それが今は、<span style=”color:red;”>59%オフの7980円</span>

先に書いたオーダー枕の作り方には、「実店舗でフィッティングをしてオーダーすること」というのがありました。まるで、通販枕はだめと言ってるようなものですし、確かにメールの言伝では伝えきれないもどかしさは、いかんともし難いところがあります。

ですが。アイメイドシリーズに関していえば、当てはまらないということです。

↓ 理由 ↓
エンジェルネック・ネムリード・フィッティ、ぴったりの枕を自分で作る【アイメイドシリーズ】

SLANT 腕時計を自分だけのオーダーメイド

SLANTの腕時計 その意味とは

SLANT(スラント)の意味は傾斜や斜線。
ほかには、個人的な観点や見地という意味も持ってます。

画像

身につけた腕時計は、身体のままに動いており、いつでも傾いています。
オーダーメイドは、それこそオリジナルな、自分だけの観点で作られてます。

オーダーメイド腕時計のSLANT(スラント)。

カスタマイズでき、オーダーメイドの腕時計に、これほどふさわしいネーミングは、なかなかないでしょう?

ここでは、腕時計のSLANTについて調べたことを書きました。

SLANT カスタマイズ腕時計の特徴

SLANTのオーダーメイドとは、カスタマイズできると言い換えてもいいです。
腕時計を組み立てている内部は、多数という言葉に収まらないほど、多くの微細で精巧なパーツで構成されてます。

カスタマイズできるのはすべてではなく、外部のデザインのみ。ケース、文字盤、メモリ、針、ベルト。それぞれの色や形を選んで組み合わせることです。腕時計という、小宇宙にも似た、複雑で統制のとれた世界です。私たちの嗜好が及ぶのは、全体のほんの欠片にすぎないのですが、それでもカラバリの組み合わせは無限に近い。

まさしく、世界にひとつだけの腕時計をオーダーメイドできるなんて、ちょっと贅沢だといえます。

SLANTオーダーメイドのカスタマイズ手順

1.ケースを選ぶ
2.文字盤背景を選ぶ
3.目盛りの形を選ぶ
4.目盛りのカラーを選ぶ
5.針の形を選ぶ
6.針のカラーを選ぶ
7.ベルトを選ぶ
8.ベルトの金具を選ぶ


スラント腕時計のオーダー方法


SLANTの使い方をみてみる

SLANTより認知度の高いルノータス 大きな違いがこれ

オーダーメイド腕時計で、SLANTよりも認知度の高いブランドが、ルノータス。
ボディタイプから、刻印まで、詳細なカスタマイズが可能で、しかも安い。あらゆるシーンにマッチした、腕時計を用意できるから、TPOでオリジナルを使い分けたい人に最適です。ペアやプレゼントでも喜ばれます。

オリジナルをオーダーするメリットは、他人と違い腕時計を見につけたいからではないでしょうか?
それは、集めた次の口コミからも読みとることができます。

口コミ

○ 他人と被るのが嫌な人にはいい!
○ 品質、作りも問題がなく丁寧です。
○ ベルトだけならカスタムできるところはあるけど、は細かい所までカスタムできるからオリジナリティがある。
○ 1つのベースに対して、何通りもの装飾パーツで違う見た目に変えられるからいい。
○ 購入後も、パーツの交換ができる。
○ その日のファッションでつける時計も変えたいから、それぞれのファッションに合わせた時計は何個あってもいい。
○ ペア割などもあるし、メッセージを刻印できるからプレゼントにいいかも。
○ 10万通り以上の豊富な組み合わせがある。
○ タブレットやスマホで簡単にカスタムウオッチが作れる。
○ オーダーなのに、お値段が1万円代からとリーズナブルだ。

ルノータスの時計とSLANTとの違いは、ルノータスのほうがデザインパーツが豊富なことと、サイトでのデザイン設定がカンタンで分かりやすいということ。SLANTはカーと移動後にデザイン変更すると初期状態にもどってしまう。そして1万円台から作れてしまう価格設定は魅力です。

SLANTの優位はその品質と、基本デザインがシックでシンプルなことにあるでしょう。




クリック> ルノータスを試してみる

SLANT 格安じゃなくても手ごろなカスタマイズ感

オーダーメイド腕時計は、どこまでカスタマイズできるのでしょう。
たとえば、EUROPAWATCHというサイトでは、オリジナル文字盤の作成も可能です。それどころか、革バンドさえ製作・印刷が可能となってます。ただし、こうした細かな対応には条件があり、100個単位の注文が条件!
自分のための、一個やペアの腕時計のオーダーメイドには無理があるということです。

SLANTでは一個からのカスタマイズ注文が可能。

ケース、文字盤、目盛、針、ベルト。

この五つですが、あれこれ考えてオーダーするのは楽しいです。

針まで決めてベルトを選ぶ段になって、「ケースがこれじゃない!」と、後戻り。
ひとつを変えると、それまで迷った全部に波及するのは、オリジナルの醍醐味です。

どういったシーンに多く使うのか。
よく行くカフェに似つかわしいのか。
そし、パートナーにもプレゼントしようと考えてるのか。

悩んで迷って、出来上がった腕時計は、まさしく世界にひとつのオーダーメイドなんです。

もっと詳しく