便秘

乳酸菌ミドリムシはお腹をゆるくする? 便秘の効果について

便秘でげんなりしてませんか?
硬くて硬くて、1週間も2週間も出れ来ないのが当たり前……

便秘薬はでよく出ると聞くけど、頼りすぎると、体が慣れて効かなくなるという口コミも。

毎日のことながら、朝から憂うつで、仕事に身が入らないなんてことも増えてきてる。

便秘のサプリはいろいろありますが、解消法を含めて、その人に合う・合わないで、効果が異なります。

ある人に効いたからといって、別の人に効果があるとは限らないのが残念です。

乳酸菌ミドリムシは試してみましたか?

乳酸菌は、お腹の善玉菌。腸内フローラの王様です。
いっぽうのミドリムシ(ユーグレナ)も、繊維豊富な優良物件。

その二つが合体した乳酸菌ミドリムシを、調べてみました。

乳酸菌とミドリムシの相性は?

「 ミドリムシ(ユーグレナ)でお腹がゆるくなった 」

そういう口コミを、たまに見かけることがあります。
腹がゆるくなるなんて、ただ事ではありません。副作用なのでは? そう不安になるのは仕方ありません。

2017年現在、いまのところ、ミドリムシに関する副作用は確認されていません。
ミドリムシが安全な食品であることは、「食品安全性試験」によって証明されていますし。
国が認めた安全性を満たしている、安全極まりない食品のようです。

安全なのです。
ですがなぜか、ミドリムシでお腹がゆるくなってしまうことがある。
それもたしかな事実です。

なぜ、ミドリムシで?

その理由は、ミドリムシと乳酸菌の相性が良すぎることが考えられます。

乳酸菌は、有名すぎる善玉菌です。善玉菌が餌としてるのが、オリゴ糖です。
ヨーグルトにオリゴ糖を混ぜて飲むのが、有効という話を聞いたことがあると思います。
そしてミドリムシも、乳酸菌のエサとしてオリゴ糖と同じくらいの効果があるのです。

・牛乳を観察した実験

18時間もの間、ふたつの牛乳を観察。Aはそのまんま牛乳を。Bは、ミドリムシエキスを加えたもの。18時間経ってから、二つの内容を比べてみると。Aは、ほぼ牛乳のままでした。当たり前ですね。いっぽう、ミドリムシのエキスを添加したBは、18時間で完全にヨーグルト化しました。

オリゴ糖よりも乳酸菌が喜ぶエサ。それが「ミドリムシ」です。

使い方をみてみる

便秘の原因

 そもそもですが、よくある便秘の原因は、わかりきってます。
 それは、過敏性腸症候群と機能性便秘。
 
 過敏性腸症候群とは、精神的なストレスや自律神経失調などの原因で腸が刺激に敏感な状態になるのが原因。

 そして、問題なのが機能性便秘。これは、生活習慣やストレスなどによって大腸や直腸・肛門の働きが乱れた結果起こるもので、おそらくは、あなたの便秘もこちらでしょう。

 便秘は大きく3つのタイプに分けられますが、日本人の便秘の約2/3は弛緩性便秘と言われます。これは、大腸を動かす筋肉がゆるんで、蠕動運動が弱くなり、便が運ばれにくくなっておこる便秘です。

 ほかに、大腸の痙攣性収縮によって便がうまく運ばれなくなっておこる痙攣性便秘。
 直腸の神経の感度が鈍ること、便が入っても便意を催さなくなっておこる直腸性便秘。

便秘が問題なのは。時間がたつほど、出にくくなる点。大腸は水分を吸収する臓器ですが、中にとどまった便の水分は、滞在時間が長さに比例して、どんどん吸収されていきます。

便秘が便秘を呼ぶというのでしょうか。便が硬くなり、症状がひどくなる悪循環に陥ってしまいます。

基本的な便秘の解消方法

 水分がなくなることで、ますます意固地になる便秘。
 解消方法の肝は、とうぜんながら水分補給にあります。

 ことあるごとに、一口でもいいからなんでもいいから水分補給。これが基本となります。
 後は、繊維質の食事。トイレ行きたくなったら迷わずダッシュ。
 とくに発端となりやすい朝は、時間にゆとりをもって早めに起きておくといいですね。
 
 睡眠をたっぷり。
 運動する。
 ストレスを溜めない。
 お腹を温める。

 覚えてほしいのが、脂分の摂取。ダイエットに励む女性は、油脂分を摂ることを拒みがち。中華料理ではないですが、やはり食事に脂が多いほど、出やすい傾向がある。誰もが体験するところです。

 それでも出ないなら。
 それは乳酸菌とミドリムシかもしれません。

乳酸菌ミドリムシですっきり解消

 一般の乳酸菌というのは、熱や酸素に対する安定性が低くなってます。つまり、熱いと全滅するし、酸素に触れても数を減らす。その制限のせいで、使用は、一部の食品に限定されてました。

 そんな乳酸菌を、どいうやって腸に届けるか。
 熱に弱いくらいです、胃酸なんか、ひとたまりもまいでしょう。腸に届く以前の問題です。

 しかしそれを可能にしたのが、有胞子性乳酸菌ラクリス-S。

 高度な技術を要求されますが、有胞子性乳酸菌ラクリス-Sは、胞子を形成するので、安定性が高く、生きた乳酸菌を楽々で各種食品に利用することが可能です。つまり腸まで届く乳酸菌なのです。

 ユーグレナ(ミドリムシ)は、乳酸菌との相性が良いとお話しました。
 ミドリムシが、乳酸菌の働きを活性化させる効果を持っているからです。オリゴ糖は、乳酸菌を活性化させる能力で有名ですが、そんなオリゴ糖よりも、ミドリムシのほうが、乳酸菌の活性化を促す力があるとの研究結果が出ています。

ミドリムシには数えきれないくらい種類があります。ここでと言っているのは、そのうちのユーグレナグラシリスのこと。顕微鏡でしか見えないほどの小さな体ですが、ミドリムシは「植物の栄養素」と「動物の栄養素」両方を備えています。

「ユーグレナグラシリス」であれば、59種類もの栄養素を持っています。
植物と動物の中間の生き物であるミドリムシならではの特性であり、その両方の栄養素…ビタミン、ミネラル、アミノ酸に不飽和脂肪酸など、 ミドリムシは人間が必要とする栄養素のほとんどをその体に秘めているのです

乳酸菌とミドリムシ驚きのWパワーで毎日するっと快調!【乳酸菌ミドリムシ】

乳酸菌ミドリムシ 口コミ

最後に、口コミを添えておきますね。

・野菜も乳製品も嫌いなので、すっきりしたくて乳酸菌ミドリムシを試しました。毎日250gも野菜を食べられないけど、サプリなら飲めそうだったので。お腹の調子も良くなって、お腹まわりもすっきりしてきました。体重も少しずつ減っているし、もう本当に手放せません。

・年齢のせいなのか、寝ても疲れが取れなくてぐったり。そこで、乳酸菌ミドリムシを試してみることに。毎朝しゃきっと起きられるようになり、ぐったり感が取れました。久しぶりに調子が良いです。

・確かにお腹はすっきりしましたが、その他の変化は実感できません。やはり即効性はないようですね。仕方がないので、様子を見る為にもう少し続けてみます。

・偏りがちな食生活のために頻繁に体調を崩していましたが、乳酸菌を飲み始めてからは健やかに過ごせています。この状態をずっと続けていきたいので、これからも乳酸菌ミドリムシを飲んでいきます。

・私は小さな頃からぽっちゃり体型でしたが、乳酸菌ミドリムシを飲むようになって、体型を褒められるようになりました。どうすれば私みたいになれるか聞かれたり、スタイルが良くてうらやましいと言われたりしています。

ほかの口コミを読む

快腸サポート。ビフィズス菌500億のお試し方法

■ 快腸サポート。ビフィズス菌500億のお試し方法
・ 便秘はつらいっす

出るものが、なかなかでてこない時があります。
ついこの間のことですが、便秘になって久々にひどい思いをしました。

軟いときなら問題ないのですが、硬い便を排出しようとすれば、自然と腹には力が入ります。
雪が降った翌朝のこと。家のバルコニーに出た私は、つるりと足をすべらせ体のバランスを失ったのです。落ちれば下は固い地面。2階とはいえ、ただの怪我ではすまない。一瞬、そう思ったのです。

その思いは間違いで、柵の高いバルコニーから大人が落ちるようなことはないのですが、咄嗟に腕を伸ばして、乗り出すような上半身を庇ったのです。ところが庇い方が的を得てなかったようで、しこたま胸を打ちつけました。痛みはその後、2週間ほど続くことになるのですが、そんなタイミングで便秘が始まったのです。

出したい。
ですが、笑っただけでも胸に激痛が走るような状態なので、力むことができません。
おそらくは、普通の肩さなのでしょうが、力み不足によって出るものが出てきません。

朝の貴重な1時間をトイレの奮闘に費やしましたが、成果のないまま出勤と相成った次第です。
それをきっかけに便秘が始まり。4日苦しんだ後、とうとう便秘サプリにすがることになったのです。

めったにこういうのを飲まないせいか、すっきり効果は劇的。
少し力むことができるようになったこともあり、ありったけの物体が排出されていきました。

ファンケルの快腸サポートってどんな便秘薬

快腸サポートは便秘薬ではなくてサプリメント。
腸内フローラがもてはやされてますが、その代表格といえるのがビフィズス菌です。ヨーグルトなそで普段から食べてるひともいるでしょうが、ファンケルが使用しているのはビフィズス菌BB536(B.longum)。40年以上にわたる研究によって、整腸作用が明らかにされている菌なのだそうです。

ビフィズス菌が、整腸によいのはよく知られていることですが、ここに問題があります。腸内にすでにあるビフィズス菌は、フローラとして適度に増減するものですが、食べ物をして体内に取り込まれた場合、大半は胃酸によって消化されてしまうものなんです。実はビフィズス菌は、水や酸素に弱い菌であり、胃酸ではほとんど死滅してしまう脆弱な存在なのです。

ファンケルが考えました。せっかくの優秀な菌も、生きたまま腸に届かなければ、役立たずです。どうやって腸まで届けたらいいか、どうすれば、届くのか研究を重ねます。考え出されたのが、胃酸でも融けにくい耐酸性カプセルです。それだけではまだ足りないと、万が一内部にしてきても中和ができる炭酸カルシウム、菌が外に出ないようにする乳タンパク混合物、胃酸の浸入を防ぐ油脂。二重三重の対策を講じて、確実に腸まで届けることに成功したのです。

腸内の世界は、善玉菌と悪玉菌が勢力争いを展開する群雄割拠。善玉菌の勢力がほどこよく増すことで、体調も便も調子が上がります。快腸サポートを飲むとビフィズス菌の占有率が確実に上がるので、腸内環境が上昇します。腸内環境が整えば排便の頻度も出方も向上します。

それが、ファンケルの快腸サポートの効果なのです。

快腸サポートの口コミ

実際に使った人はどのように感じたのでしょうか。体験者の口コミをまとめてみました。

[20代女性]
飲み始めてから以前よりは解消された気がします。腹痛などはないので良いと思います。便秘解消されることを期待してもう少し続けてみようかと思います。

[50代女性]
私は日に一粒で効くので、コストパフォーマンスも良く、経済的にも助かります。リピートしました。

[60代女性]
活きて腸まで届くビフィズス菌、とは聞いてましたが、半信半疑で試してみました。1カ月ほどすると、四十年来の便秘が、日に日に良くなってきています。今後も快腸が続く様に期待しています。

[40代女性]
飲み初めてから1週間がたち、お通じの悩みがよくなりました。お気に入りです。

[60代女性]
不規則な「通じ」と匂いが長年気になっていたところ、このサプリに出会い使い始めたところ数日で実感が出始め、快腸を手に入れ、匂いも良くなりました。色々試したあげく、これを手放せなくなりました。

[40代女性]
おなかの張りが、緩和されてきてます。張っていると、本当に苦しいし、見た目も気になりますもんね。。これからも、期待しています。

以上は公式ホームページに掲載されていた口コミを抜粋したものです。どれも好感な意見ですが、もちろん、良い口コミがあれば、悪い口コミもあります。悪いほうをまとめたものが次の通り。

・快腸サポートと大きく書かれていて外に持って行くのが恥ずかしい
・コンビニ・ドラッグストアに売っていない
・通販だと送料がかかる
・卵アレルギー・乳アレルギーだと飲めない
・カプセルがちょっと大きめ

手に入りにくく飲みにくい。持ち歩くにはパッケージが目立ちすぎる…………そういう意見が多いようです。


口コミ

快腸サポートのお試し方法

快腸サポートの定価は、2,376円とそれなりにの価格となってます。一月分の料金かので、ほかのサプリメントに比べそれほど高いものではありません。だからこそ、私のパートナーも飲んでいるのですが、効くかどうかわからないのに、そんなお金は出せないという人もいるでしょう。

そこで、快腸サポートのお試し方法です。

同じ一月分を、なんと1000円で提供してくれてます。




腸内環境の改善に「快腸サポート」

快腸サポートの飲み方

公式ホームページでは快腸サポートの飲み方が記載してあります。それによれば「1日の摂取目安量2粒」。これしか書いてません。ほかになにか無いかと探して見つけたのは「目安量を守り、水などと一緒にお召し上がりください」 これ。わざわざ書くほどのことじゃないから。

そこで、飲み方の口コミも探してみました。

[年代:50代 性別:女性]
最初は何の変化もありませんでしたが、1週間くらい飲み続けたら、毎日快腸になりました。ただ私の場合は1日2粒では多すぎるみたいで、今はリズムが途切れたときだけ飲んでいます。すると翌日にはまた快腸です。

1日2粒でも多いとか……。
料が多いという意見はわかりましたが、これでは飲み方はわかりません。
さらに探してみところ「サプリの飲み方」についてのブログを発見。

「 サプリメントは摂取したい成分によって飲むタイミングは違ってきます。乳酸菌やビフィズス菌の場合だともっとも効果がたかいのが、食後。なぜかといえば、空腹の状態でビフィズス菌などを摂ると、胃酸の影響をダイレクトに受けてしまい、大腸内に届くビフィズス菌の量が格段に減少してしまうのです」

なるほど。胃の中に食べ物がある状態であれば、胃酸の影響も少ないということですね。また、快腸サポートは1日2粒が目安です。ならば、朝と夜に分けて飲めば、およそ12時間づつ均一にビフィズス菌を蓄えることが可能になります。

朝晩説には、別の理由もあります。朝は胃酸の分泌が少ないということで腸内まで菌が到達しやすい。夜のほうは、就寝中に大腸の活動が活発になることからビフィズス菌の効果を発揮しやすい。

ただしこれにも個人差があります。朝食をあまり食べないという方だと、胃酸が緩和されないので昼食後のほうがいいかもしれません。胃酸の影響が少ないタイミングで服用することが重要なのです。




腸内環境の改善に「快腸サポート」