賃貸するマイカーっていう、カルモの審査とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中古車より新車が欲しいけど高いのが……

あなたの、車に対する思いはどのへんにあるでしょうか。

「 クルマは足替わり。走れさえすれば良い! 」

こういうふうに考えてる人が多いでしょう。
実際、どんなドライブ好きば人でも、乗るのは週末がほとんど、遠出できるほど、まとまった休みなんて年に何回も取れません。だから車は通勤や買い物が8割なのです。

それならば、中古でもかまわないはずですが、ほとんどの人は出来れば新車が良いと考えます。だからといって、割の合わない輸入車は買わないでしょう。その新車も、ディーラーよりは、頭金が安くて審査の通りやすい一般販売店での購入が多いようです。

ならば、いっそカーリースにしてみてはいかがでしょう?

月々の支払いは、マイカーローンとほとんど変わらず、車検や整備は丸投げでき、税金もかかりません。
しかも、契約によりますが、3年ごとに新車がくる。

ここでは、カルモという、カーリースサービスを取り上げます。

かるものマイカー。リースと購入を比較してみた

経験からいえば、車を維持するためには、ばかにならない費用がかかります。ガソリン代や駐車料金はどちらもかかりますが、それ以外ではどれだけ違いがあるのでしょう?

まず、新車購入時の支払い

頭金
自動車取得税
自動車重量税
自動車税
自賠責保険料
その他諸費用

次に、維持にかかる諸費用
(毎年)
自動車税
(車検ごと)
車検基本料
自動車重量税
自賠責保険料

そしてもちろん、車検時の整備費用。故障や痛みがなければ基本的な金額(軽自動車5万~8万円、1500㏄8万~9万5000万円、2000㏄9万8000円~10万8000円)に収まるものの、オイル交換くらいは行いたいところ。もしも異常がみつかれば部品と整備費用が加算されるので、最低でもプラス3~5万円は覚悟することになります。

一方の、「マイカー賃貸カルモ」は「頭金0円」で乗り始めることができます。車検費用はかかってしまいますがそれ以外の維持費はかかりません。しかも、最初にかかる購入費がかからない。これはおおきいですね。

カーリース「マイカー賃貸カルモ」のメリットは、まとまった初期費用を必要としない。手軽に新車に乗り始めることができるという点が、大きいのです・挙げられます。

新車購入をためらってしまう大きな理由は、初期費用が高いから。まとまった費用が必要ないとなれば、ハードルがぐんと下がります。よりグレードの高い新車にも比較的、気軽に乗ることができる、ということですね。

新車購入の場合、毎年支払うことになる「自動車税」、車検ごとに必要となる「車検基本料」「自動車重量税」「自賠責保険料」などの費用があって、その都度支払う必要があります。マイカー賃貸カルモでは、新車登録時に必要な諸費用に加えて、カーリース契約期間中の「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」がすべて、月々のリース料金に含まれています。

カーリース契約期間中は、車検証上の「使用者」は契約者本人です。でも「所有者」はリース業者なので、各種税金や自賠責保険の支払いや車検時の手続きなどは、すべてリース業者が行ってくれます。納付や納税証明書などの管理をせずに済むのは、時間的にも精神的にも楽。負担が軽減されるのも、地味ですがメリットです。

リースの契約期間中もしも交通事故などを起こしてしまった場合でも、その後の対応は一任することもできます。

さらに、カーリース契約期間中の月々のリース料金は、すべて経費として損金処理することができます。節税効果が見込めるので、個人などで会社を経営している人には、ちょっとした朗報です。



マイカー賃貸カルモ

マイカーを賃貸する感覚のカルモ、その審査は

車を住宅やマンションに例えれば、新車の購入は住宅ローン。リースは賃貸といっていいでしょう。どちらが得かという判断は個人の感覚です。どちらもそれなりに良さも悪さもありますが、賃貸の場合、建物が火事に見舞われても、さほど動じないでしょう。愛着ある住協だとしも、借り物です。同じ家賃の、別の賃貸に移り住めば、こらまでと同じ暮らしを続けられます。リースのメリットですね。

カルモのリースでは、国産車を扱ってます。

メーカー一覧
トヨタ 日産 ホンダ マツダ スバル スズキ ダイハツ 三菱

ボディタイプ一覧
軽自動車 コンパクトカー ハッチバック ミニバン・ワゴン
SUV・クロカン セダン ステーションワゴン クーペ・オープンカー

カルモと契約するには、審査があります。
ネットから気に入った車を選べば、スグに審査ページ。およそ5分で完了し、2~3日後に結果がとどきます。

カルモは、カーリースの後発です。そのため、リースする側の気持ちを徹底的に研究しており、2018年のサービス開始以来、着実に顧客を増やしています。 1年から契約が出来ることなどは、新車カーリースでは珍しいですよね。これも、お客の要望を反映した現われです。

リースの代わりに、自家用車を手放すこともあるでしょう。カルモはクルマの買い取りチェーン「ガリバー」と提携してます。なので、乗換えまでがスムーズなんです。

車のほうは、あの、オリックスとの提携で正規ディーラーの新車をリースしてます。車を使う側としては、球団をもつ大手との提携は、心強くあります。

カルモのリース審査は、厳しいという噂があります。
ですが、審査が厳しいのはどこでもあたりまえです。
そもそも、車のリースに審査がいるの? という疑問があるでしょうが、クレジットカードを作るとき、審査がありましたよね。お客の代わりにお金を建て替えるのですから、貸主が審査をするのは当然のこと。

とはいえ、それほど難しいいものではありません。
カーリースの審査レベルの厳しさを例えるなら、スマホ購入と一緒といわれます。

ドコモやソフトバンク、AUなどでスマートフォンの本体を分割払いで購入する時、初めての人か審査を受けてます。それほど、難しいことはなかったと思いますが。いかがでしょう。

高い新車をなるべく安くリースしますので、どこでも借りようとも必要な審査が生じます。
基本的に審査する要素は一緒です。カルモが特別、審査が厳しいということはありません。

審査内容は、年収、職業、過去の借金(返済履歴)、朱裕財産、借入状況……

こういったところが、審査対象になります。クレジット審査にも似たようなアンケートがあったと思いますが、それをもとに審査されるのです。

マイカー賃貸カルモ、審査は通る?

審査が通るかどうかは、実際にやってみなければわかりません。
年収の下限は、おそらく200万円ラインと言われてます。これをクリアっしても、現在、なにかしら借り入れがあれば、却下されるかもしれません。

ですが、悲観するのは早いでしょう。

審査には、バランスがありますし、カルモだってリースしてもらいたいのです。
借り入れがあっても、金額が低かったり滞りなく返していれば、それも立派な実績です。
逆に、年収が低めでも、借金がなければ、新車をリースする信頼に足ります。

うちは無理かなと思っても、審査が通る可能性は、あるのです。

新車が欲しいのにためらっているなら、ためしてみるのはありかもしれません。



マイカー賃貸カルモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。