VAPE FUND(ベイプファンド)爆煙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

■ 電子タバコ VAPE FUND(ベイプファンド)とは

タバコをやめてしばらく経ちます。完全にニコチンを断ち切ったつもりですが、食後うまそうに一服してる人に、軽い嫉妬を覚えなくもありません。

・喫煙者はつらいよ、電子タバコVAPEへの道

喫煙者は肩身がせまい昨今。やめてよかったと思う反面、電子タバコにはひそかも憧れたりもします。

周囲の迷惑を考えてくれてるのでしょう。紙巻きタバコから、「アイコス」「グロー」「プルームテック」などの「加熱式タバコ」に切り替えた人も多く、周囲にも何人か。

美味しいかどうかは意見の分けれるとこですが、ともかく、少なくとも副流煙の問題はかなり軽減されます。吸う当人にとっても肺がんの要因とされているタール量が軽減できる点は納得してるはず。減煙・禁煙を考えたなら、大きな前進といえます。

そんな電子タバコも種類が増えました。
最近よく耳にするのが「VAPE(ベイプ)」。これも電子タバコのことのようで、「VAPE」に切り替えると事実上禁煙が達成できるそうです。調べると、VAPE FUND(ベイプファンド)という専門ショップも立ちあがるほど盛況のようですが。「加熱式タバコ」とどこがどう違うのでしょう。

ベイプと、VAPE FUND(ベイプファンド)についてです。

べいぷ(VAPE) とは

流行中しているノンニコチン・ノンタールの蒸気を楽しむ機器が、「VAPE(ベイプ)」です。機器なので、これも電子タバコの仲間です。

VAPEとは、本体内部のタンクに注入した電子タバコ用リキッドを内部コイルで加熱し、発生させた蒸気を吸い込んで楽しむタイプの電子タバコ。

「アイコス」などの加熱式タバコも、仕組みは同じで、そちらはグリセリン類由来の蒸気を吸い込むタバコ製品です。ですが、ニコチンを含んでいるものを「加熱式タバコ」というのに対して、日本国内において、VAPEははニコチンリキッドを含まないものを指してるようです。

たしかに欧米などではニコチンを添加したリキッドが販売されてます。「eシガレット」などと呼ばれますが、こうなると、もうタバコそのものです。
ですが、こうしたニコチンを含んだリキッドの販売は日本では禁じられてます。いまのところも、おそらくは今後も、日本で流通している「電子タバコ」=「VAPE」はノンニコチンです。

さまざまなフレーバーの蒸気を吸引するという用途で考えれば、「アロマ機器」といって差し支えなさそうです。

初心者にもおすすめの VAPE はどれ?

リーズナブルなものから爆煙タイプまで、「VAPE」の種類は無数といっていいほどあります。海外製が大半ということもあり、世界中には流通している全体数を把握できないほどの製品が存在します。中でも多いのが中国製ですが、身体に入るものなので、信頼できるメーカーの正規品を入手したほうが無難です。

名の知れたショップなら偽物をつかまされるリスクは少ないですね。
電子タバコ専門店「vape studio」や、「ドン・キホーテ」などの電子タバコ売場、amazonや楽天などは安全です。インターネット通販なら、VAPE FUNDもひとつです。

VAPEの使い方ですが、ほとんどの機種において、本体を充電し、リキッドをタンクに入れるだけで楽しめるのが共通。細かいところでは、機種によって異なってますが、違いを楽しめるのもVAPEです。

お勧めですが、初心者に向けとの定評が高いJoytech社「ego AIO(イーゴーエイアイオー)」が、手ごろな機種です。構造がシンプルな製品なので、メイン機種として長く使えます。慣れてきたら、導入コストの低い「FLEVO」のような製品(交換カートリッジは割高)もいいです。

タバコからの切り替え組は、紙巻きタバコサイズのものを選びがちです。慣れ親しんだ大きさに手が伸びる気持ちも理解できますが、初心者のうち、多少サイズが大きくても操作性とメンテナンス性にすぐれたものを選んだほうがよいでしょう。

「ego AIO」のサイズは少々太めですが、価格が安いこと、リキッドの充填がしやすいこと、この2つの点でおすすめなのです。粘性のあるリキッドは、いわばオイルのようなものなので、こぼすとそこらじゅうベトベトになります。入れやすいというのは結構重要な要素といえます。

また、タンクとバッテリー部がリキッドがもれにくい一体構造の点でも、扱いやすさを上げてます。

画像Joyetech eGo AIO D16/1500mAh

VAPE FUNDでおすすめのリキッドは?

知っているとは思いますが念のため。「リキッド」の意味は、液体とか流体です。整髪剤に、○○リキッドっとネーミングされることが多いので、リキッド=整髪剤と定着してますが、本来は液体のこと。
VAPEではリキッドとばれる専用液体を内部コイルで加熱し、発生させた蒸気を吸い込んで楽しむことになります。
間違える人はいないでしょうが、VAPEに整髪剤を注入するとか、チャレンジャーなことはしないでください(::)。

またもや繰り返しますが、VAPEは、リキッドによって味と煙を生み出してます。喫煙者は、たいがい、その香りの甘さにびっくりするはずです。いわゆるタバコと比べて、非常に特徴のある味わいをしてるのです。

非喫煙者が「VAPE」を吸い始めた場合、大体甘い香りを好む傾向がありますが、マスカットなどのフルーツや、レッドブル、コーラなどのドリンク味、ジャスミンやハーブなどお茶系の香りなどは、普通のタバコにはなじみがない味です。

喫煙者には異文化そのものともいえるので、無難かつ、満足を得たいなら、メンソールから始めるのがベターです。

じつはメンソールに限っては、喉へのキックを感じることができるのです。ノドに感じるタバコらしさは、ニコチンあっておこるものです(「スロートキック」と呼ばれる)。しかしメンソールのリキッドだけは「スロートキック」があるので、タバコから転換するにはもっとも切り替えやすいリキッドと言われるのです。

ちなみに、「タバコ味」と書いてあるリキッドも多いのですが、たいていの場合、その味は「ナッツ味」で、しかも甘いときています。全部ではないのですが、タバコを期待すると高確率でがっかりします。

どれがいいか迷ってるなら、まずはメンソールベースのリキッドを選ぶのが無難であり、おすすめです。

おすすめ リキッド

・ネットで探した「おすすめ」リキッド

1 喫煙者が移行しやすい、甘くないタバコ味系リキッドの定番
Rocket Fuel Vapers「Reaper Blend(リーパーブレンド)」

2 好みは分かれるが、より退廃的なタバコ感を味わいたいなら
Tark’s Select Reserve「BUFFALO BILL(バッファロービル)」

3 メンソール派の王道中の王道(PGやVGで薄めて自分好みにするといい)
KAMIKAZE「スーパーハードメンソール」

4 VAPEならではのお楽しみ。トロピカルなカクテル風味でどこでもリゾート!
小江戸工房「セックスオンザビーチ」

5 「パインアメ」の味と香りが楽しい
なにわでんねん「まんまや!」

VAPE FUNDの爆煙って

電子タバコに切り替えておこる、ありがちなこういう感想がありまます

「煙の量が少なくて物足りない…」

どう考えても、本物より少ないのは当たり前ですが、どういうことか、海外の人がVAPEのトリックをしている動画などでは、派手に煙量を吐いてるものがあったりします。これはいったいどういうことなのか。爆煙の電子タバコブランド探したくなるのは当然の心境ですね。

「爆煙の電子タバコが欲しい」
「トリックができるようになりたい!」

そんなあなたへ、おすすめの爆煙電子タバコブランドをチェックしました。

・爆煙電子タバコ 全てが揃ったJPvapor Pico

爆煙で使い勝手が良くて見た目もカッコいい。
出力の調整が可能なので、ミスト量やテイストが変化させられます。液晶ディスプレイも搭載された、未来的な電子タバコです。

・安くて質がよくて大人気 Eleaf i Stick Pico/75W


Eleaf i Stick Pico/75W 画像

上のJPvapor Picoのブランド違いのもの。価格も安く購入しやすいです。

・軽くて安い爆煙 Aspire PockeX


Eleaf i Stick Pico/75W 画像

初心者もに玄人にも根強い人気を誇る Aspire PockeX。
上記の二つと違うのはペン型の電子タバコってところです。購入費だけでなくコスパも良いです。




日本最大級のVAPEセレクトショップ【VAPE FUND】

SNSでもご購読できます。