ゆるやか習慣 妊娠に太らないコツとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ゆるやか習慣 妊娠で太るのはあたりまえ

結婚年齢、30歳過ぎが当たり前の時代です。
だから、はじめての妊娠が35歳過ぎなんて、珍しくもありません。

ですが、少しでも若いうちのほうが体力を持っている、これも確かです。
妊娠、そして出産は、とても体力を使う仕事。

お腹の子供に栄養をあげ続けなきゃいけないし、
生まれたら生まれたで、授乳と育児がまってます。

だからこの時期の女性は、よく食べる人が多いです。
体力をつけようと無意識に食に頼ってるのかもしれません。

妊娠で体重12キロ増えた!
クリック >> どうすれば?

食べることはしょうがないのです。身体をささえるための必須栄養なのですから。
ですが、勢いがついて、自分とお腹の子供にとっての必要を超えてしまうことが多い。

よけいな栄養を摂れば、それだけ無駄なお肉がつきます。
太ってしまう人が続出するのです。

ここでは、妊娠に太らないコツ、
そして、太らない助けになる お茶「ゆるやか習慣」を紹介したいと思います。

ゆるやか習慣 許される体重はどれくらいまで?

こんなことって、ないでしょうか?

検診のたびに体重が増加
食欲が止まらない
炭水化物がおいしすぎる
妊娠糖尿病が気になる
産後、体重が戻らない

個人差はありますが、妊娠の期間につい食べすぎて、スリム体型からがらりとデブになってしまう人がいます。
赤ちゃんの重さは最終的に3キロぐらい。羊水や胎盤は合わせて1キロちょっと、そして赤ちゃんを守るための脂肪が、それ以外ということになります。

赤ちゃんがお腹にあるので、お腹が出てくるのは当たり前なのですが、月齢に適した太り方を超えるのは問題です。

ボディマス指数というヒトの肥満度を表す体格指数があります。体重と身長の関係から算出される数値で、BMI値とも呼ばれます。18.50~24.99以下が普通体型なので、これより多いほど肥満て、少なくなるほど痩せ体型にになっていきます。

妊娠時の体重に話しを戻します。最終的な体重は、平均で10キロぐらい。痩せ気味でBMI値が18以下の人であっても、最大12キロあたりが限界です。この数字を目安にし、体重を制限していくわけです。

妊娠中。
つわりがある妊娠初期までは体重増加は少ないものです。
妊娠中期にさしかかり、つわりが終わる頃。
この頃から、食欲が一気にわいてくるです。
食べたくても食べられなかった反動、などもあるでしょう。

理由はともかく、妊娠中というのは、なぜだかお腹がすくようです。

駆使返しますね。

妊娠中に増えていい体重は、平均で10キロ。
痩せ型の人でも、せいぜい12キロ。

これを超えた人のことを「肥満」といいます。



ゆるやか習慣 太らない習慣は

太らないために、太らない習慣を身につけましょう。
三日坊主といいますが、人間、三日も繰り返せば習慣として寝づくものです。
運動が一番といいますが、妊娠中の女性に無理な運動は禁物。

よって、太ってからの方法ではなく、最初から太らない方向を目指すのが正しいようです。

・野菜中心で、バランスよく
・こまめに水分をとる
・動かな過ぎもよくないので小さな移動を面倒がらない
・規則正しい睡眠

食べ過ぎてしまわないために、できることはたくさんありますが、何より大切なのが「よく噛んで食べること」です

これは食事の基本的なことです。
人間は、咀嚼することで脳の満腹中枢が刺激されます。噛む回数が少ないと、満腹中枢が刺激されにくく、満腹を感じづらくなって食べる量が増えてしまうのです。早食いの人は太りやすいと言われますね。あまり噛まずに流し込んでしまうので、満腹感を感じにくいです。

しっかりと噛んで食べて、少量でもお腹がいっぱいにする。
よく言われることですが、これが太らないための習慣です。

・やめられない止まらない炭水化物。食べてもOKな対策とは

よく太る食材と言われるのが炭水化物。どのあたりが太る原因なのでしょう。
細胞の栄養は唐です。炭水化物は分解されれれば唐になります。

供給と消費とのバランスがよければいいのですが、炭水化物を過剰に摂ると、消費されずに分解された糖は、余剰を蓄える脂肪細胞へ送り込まれます。どんどん送られ溜った唐は脂肪になり、それがたまって肥満の原因になるシステムです。

糖の吸収を抑えることが、太らないためにはとても大事なのです。
そこで重要になるのが、炭水化物ダイエット。

普通ダイエットといえば、食べない&動く なのですが、妊婦さんにストレスは禁物。
厳しい食事制限だってストレスに繋がります。食事は、普通においしく食べるのが一番です。
そんな、食事の量は減らさないダイエットができるようのが「桑の葉」なのです。

「桑の葉」とは、日本各地に自生する落葉樹「クワ」の葉っぱです。
山に中にも生えてますが、農家が育てているのがほとんどでしょう。育てるだけならカンタンで根付けば引っこ抜くのが難しいくらい大地に根を張るので、氾濫の多い畑の境界点に用いた地域もあったとか。

元元、栄養が豊富な植物として知られてましたが、近年、桑の葉にはブドウ糖と構造はよく似た“DNJ”という物質が含まれていることが分かりました。

DNJは体内で面白い現象をおこします。

糖が分解・吸収される際、糖よりも先に吸収されるのです。
糖類の分解酵素の働きを阻害することになり、食後の血糖の上昇を抑制する効果があるのです。

唐の邪魔をする成分。

栄養の乏しい時代なら忌み嫌われる特性ですが、食べ物の豊富な現代なら歓迎成分です。

ゆるやか習慣 口コミ

一般の人でも体重によって足腰に負担がかかったり、糖尿病予備軍になったりと、身体にいいことはありません。妊婦さんなら、なおのこと。本人にも、それどころか大切なお腹の赤ちゃんにも、大きな負担をかけてしまうのです。

「ゆるやか習慣」は「桑の葉」のお茶。

炭水化物の摂り過ぎは、肥満になる大きな原因のひとつ。ですが、それを狙い撃ちする形のダイエットが実現できるようなのです。口コミの集めてみました。

・口コミ

ゆるやか習慣は青汁ですが、開封すると抹茶の香りがふんわりしてきます。これを毎食前にお湯や水に溶かして飲むだけです。いわゆる青汁味じゃなくて、苦みは全く感じられません、それどころか甘みがあってこれならずっと続けられそうです。水もいいですが、コーヒーに入れても合いそうなのでこんどやってみます。

お腹がゆるくなった気がします。あと、スプーンで混ぜるのがめんどくさい。

お風呂のあとに体重計が日課です。これまでは乗るのが恐ろしかったのですが、ゆるやか習慣を飲んでからはこわくなくなりました。確実に効いた実感があります。

苦そうと思って、実際に購入して封をあける案の定、苦そうな見た目でした。ですが、苦いのは見た目だけ。甘くて飲みやすかったです。今年の検診で数値がよくなっていました。

妊婦の無理ないダイエットにいいと聞いて購入。食前に飲むことで満腹感をえられ、食べる量が減りました。私には二重のダイエットになって、いいことだらけです。

ゆるやか習慣のまとめ。

妊娠している方は、運動や絶食のような、過激なダイエットは無理です。
かといって太りすぎたままでは、本人の負担になるし、お腹の赤ちゃんにも悪い影響を与えてしまいそうでです。

食べ物ダイエットの基本は、糖分を控えること。
糖分吸収を阻害するのが、桑の葉の成分DNJ。その桑の葉のお茶が「ゆるやか習慣」です。


ゆるやか習慣の口コミ


「体重計に乗るのがこわい」とお悩みの妊婦さんに【ゆるやか習慣】

SNSでもご購読できます。